2002冬山報告  北アルプス 赤岩尾根〜高千穂〜爺ヶ岳北峰

平成14年12月28日(土)〜31日(火)(3泊4日)

参加者
檜山 隆、 中野一正、 加藤智司、 北条友由、 一家伴安、相良順一、 矢田和寛

行動記録

○12/28(土) 天気:晴れ夜半雪 就寝:20時
水戸保健所3:00発──── 守谷SE集合4:00発──(首都高・中央高速)─── 9:20駐車場(サンアルピナスキー場近く)10:20─────12:15〜12:30西俣堰堤BC14:00(ルート偵察)─── 16:15BC着

中央高速での事故により、到着時間が予定時間を大幅に遅れてしまった。車をスキー場に行く道路沿いのチェーン装着場に置く。

天気は快晴。青空が眩しい。ラッセルされている雪道を辿って西俣出合を目指す。大谷原、取水場と過ぎて、鹿島槍の東尾根への取り付き点(2ヶ所あった。)を右に送った。堰堤の3つ目を過ぎて、右に回り込むと西俣出合に着いた。先行していた登山者の多くが休憩していた。

今回は雪が多いため、堰堤の中のトンネルを通らずに、沢を渡るトレースが付いていた。しかし、トレースは堰堤を渡ったところから取り付いた沢で終わり、7〜8人の先行パーティーが沢を詰めてラッセルをしていた。この状況では、高千穂までテントを上げる事は無理と判断し、ここにテントを設営する事にした。

 中野が先行パーティーに追いついて、ラッセルをする。しかし、最後が急峻な沢で、しかも青氷が出てきたため、アイゼンの必要を感じて撤退してきたという。

 選手交代で、加藤と檜山が、新たなルート工作に出掛けた。カモシカの踏み跡を辿って登る。先行パーティーの沢から2本ほど赤岩尾根側の沢を詰めたが、どうしても岩が出てきて詰まってしまい敗退となって、テントに帰着した。この日はこの行動で終了とし、ささやかに、そして、楽しく入山祝をした。

○12/29(日) 起床:4:00 天気:雪のち曇り 就寝:19:30
BC発9:30(ラッセル訓練及びルート偵察・工作) BC着12:00・BC発12:20────赤岩尾根へのルート偵察・ラッセル終了点13:45発─── 14:30BC着

雪は、昨夜から降り積もり、夜中には久し振りの雪掻きまでする羽目になった。
予定時間の4時に起きても、雪はしんしんと降っていた。朝飯をすませて、待機とした。しかし、雪も明るくなる6時30分過ぎには小降りとなった。8時過ぎると、雪も止み、本日はラッセル訓練とルート工作をする事にした。

カンジキをつけてテン場を出た。昨日のルート工作地点までの踏み跡を辿って沢に入り、直上して詰める事にした。傾斜がきつくなり、枝にたまった雪が風でスノーシャワーとなって、下に落ちていく。相良は途中でストップとなり、相良の見える位置まで降りて、そこで待つよう声を掛けた。

左の支尾根にルートを求めて、中野が先行する。濃密な樹林の中でのルート工作が続いていた。中野に続いて、一家、北条、加藤と支尾根の樹林に入っていったが、結果は、残念ながら露岩帯が出てきてアウトとなった。スノーシャワーの中を慎重に降りてきた。

相良のところで再結集する内、他のパーティー10数名が、我々のトレースを辿って登ってきた。ルート工作の事情を話して、別れた。(このパーティーの内1組の男女を除いて、全員尾根末端からの工作を意識して、堰堤を渡って、テントを張っていた。)

テン場へのトレースを辿る中で、我々のトレースから新たに尾根末端にトラバースしているトレースがあった。テン場に着いて一休みしたが、明日ここからのアタックしかない状況であり、そのためにはどうしても今日中に尾根へのルート工作をする必要がある。

もう一度ルート工作をする事に決定した。尾根末端付近を見ると、ラッセルしている二人組が見えた。先程のトレースがそれだと思い、我々も彼等のトレースを辿って尾根にトラバースすることにした。

 彼等の苦労したトレースを辿ると、尾根に出た。尾根に出て直ぐ上で追いつき、ラッセルを交代する。我々はサブ行動であり、この後のラッセルは、全て付ける事になった。交代でのラッセルを何巡かして、テントを張っているパーティーに会った。聞けば、本日高千穂平から下ってきたという。(高千穂には2人組のテントが1つとのこと。)

下りのラッセルが付いている事を確認して、本日の行動はここまでとした。二人組に明日のラッセルをお願いして下った。

この夜の肴はラッセル行動であった。程よい疲れとラッセルが延びて何とかピークに立てるのではという淡い期待で、明るく話が弾んでいた。見ると、空は満天の星であった。

○12/30(月) 起床:3:00 天気:晴れ 就寝:21:00
BC(1,370m)発5:00───── 6:10前日ラッセル終了点(1,570m)──────7:12高千穂平下(1,880m)(BC予定地点) ────8:00高千穂平(2,049m)──── 10:10デポ地点10:15──── 11:45主稜線(2,480m)12:00──── 12:51爺ヶ岳北峰(2,631m)13:05──── 15:20高千穂平──── 16:07ラッセル終了点16:15──────16:50BC着

 起きてみると、昨夜に引き続いて満天の星。風もない、穏やかなアタックの朝である。ヘッドランプの明かりの下、アイゼンをつけた。時間の掛かった相良と遅れて出発する。先行者の光が大分先に見えた。途中、中野が待っていて、行動範囲の確認をされた。高千穂まではと答え、先行パーティーは通常ペースで先に行っても  らった。

登り傾斜がきつくなると、相良は息づかいが荒くなり、ペースが全然上がらないようだ。昨日のラッセル終了点直下で無理と判断し、残念ながら降りるよう指示した。本人も素直に納得してくれたのが嬉しかった。
先行の中野達にようやく追いついて、大休止となった。高千穂下のいつものテン場まで僅かの地点である。

ようやく、日が上がり、朝焼けの中の登りとなった。昨日の二人組のテン場を過ぎて少し登ると、ラッセルに苦労している二人が見えた。直ぐに追いついた。本日も我々が雪道を切り開くラッセル車となる役回りを演じる事になった。しかし、誰もそれを当然と思っているのが、非常に良い。

高千穂平からの鹿島槍ヶ岳の雄姿は、いつ見ても良い。感動的だ。東尾根にもたっぷりと雪が付いていた。風はなく、穏やかな天気に満足する。高千穂の上にテン場の跡があり、程なく先行パーティーに追いついた。やはり二人組の男のパーティーで、テン場からのラッセルに苦しんでいた。

このラッセルのため今日中に冷小屋に行けるかどうか心配していたらしい。天気も良いし、ラッセルは我々がやりますから大丈夫ですと答えてやった。吹き晒された尾根とは言え、所々で、雪面を踏み抜いてしまい、体力を消耗する。ようやく、最後の冷乗越への大斜面の取り付き点に着いて、大休止とした。丸いドーム状になっていて樺の木が数本あり、ここからの景色は満点である。

 カンジキをここにデポして、一級ラッセル士の加藤がラッセル開始の先鞭を付けた。確実に高度を稼いで、次々と交代してゆく。我々の後に、2組4人のパーティーが続いて登ってきた。雪は本当に多いうえ、斜面は急峻である。加藤の的確なルート指示により、トレースは延びていく。

一番の傾斜のきつい斜面は、頭の上に雪が覆い被さっており、一級ラッセル士が奮闘していた。ようやく、傾斜は緩み、ゴジラの背を辿って、主稜線に着いた。1時間30分の格闘であった。風を避けて、樹林の中で大休止した。後続パーティーが大斜面を抜けてきてお礼を言いながら、冷小屋目指して下って行った。満足感溢れるひとときである。

一級ラッセル士の先導で、爺ヶ岳中央峰を目指す。樹林の中のトラバースから主稜線を目指して登って行くと、夏道に出た。しかし、これまでの疲れからか、ペースが上がらない。この調子では、中央峰は無理と判断して、途中で北峰に変更した。

 中央峰から登山者数組がトラバース道を辿って来るのに出会った。50分近く掛かってようやくに山頂に立つ事が出来た。(残念ながら、北峰への変更を知らなかった北条は、自分のペースでは無理と判断して、北峰直下で引き返してしまった。)それぞれ喜びの握手をして、健闘を称えた。記念写真を撮って、直ぐに下山に掛かった。

赤岩尾根への下降点となる樹林で合流し、大休止をした。ゴジラの背を辿って行くと、後続パーティーが次々と大斜面を上がってくる。ここでもラッセルのお礼を言われた。苦労が報われる一言であった。加藤は一人で下山したが、残る5人は、確実かつ安全のためザイルを出しての下りとなった。

全員無事大斜面の難場を終えてデポ地点に集結し、大斜面に付けられたトレースの軌跡を胸に刻んだ。
高千穂平には、本日入山したパーティーが入ってきた。トレースの有無は大きい。

ここからは思い思いのペースで下山に掛かった。前日のラッセル終了点で再集結した。ここからテン場まではワンピッチであり、軽口も出た。

ようやく12時間行動の末、テントに帰着となった。ご苦労さんの声が弾んで聞こえた。テントキーパーの相良が入れた熱いお茶が旨かった。
この晩は当然盛り上がり、食料の全てが消化の対象となった。気持ちの良い疲れで、全員熟睡となった。

○12/31(火) 起床:5:00 天気:雪
BC撤収・7:発7:35─────8:48大谷原(1,132m)8:55──── 9:05駐車場9:30─────10:00薬師の湯10:50─ (上信越道・常磐道)── 17:15水戸保健所

どんより曇り空の雪の降る中での撤収となった。テン場での記念写真を撮り、3日間を過ごした西俣堰堤BCを後にした。

 大谷原の途中までに本日入山のパーティー数組に出会う。トレースは立派になり、一級国道並みとなっていた。爺ヶ岳北峰の素晴らしい北壁は、本日は低くたれ込めた雪雲の中であった。東尾根への取り付き点2カ所には、それぞれ赤布が付けられていた。

 大谷原で大休止し、案内板で赤岩尾根周辺の地形を再確認する。ここから僅かで駐車場に着き、今回の合宿が無事終えた事を互いの握手で確認した。
薬師の湯に直行し、疲れた体を満足感と共に湯船に沈めた。

 記録:檜山