富士山雪上訓練

〇平成14年11月30日〜12月1日
メンバー:檜山、中野、矢田、西村、相良
〇記録:
・11月30日(晴れ)

水戸4:009:00富士スバルライン−五合目−佐藤小屋周辺BC−10:50雪上訓練16:00

 県庁4時に集合し、出発したが、富士スバルラインの開門よりも早く到着したため、富士見山行の下見をした。再びスバルラインの料金所に戻るとほどなく開門となった。麓から見る富士山は雪がびっしりとついていたが、道路に積雪はなく、順調に五合目の駐車場に到着した。BCを設営する佐藤小屋に向かって、車を走らせると積雪のため通行止めになっていた。そこで、佐藤小屋の手前の車道わきの路肩にBCを設営し、車は駐車場に戻すことにした。

 身支度を整え、雪上訓練のため、佐藤小屋の夏道を進んでいった。夏道は雪で覆われており、所々凍結していた。慣れない冬山装備にとまどいながら、息をはずませつつ登っていった。

標高
2600m付近の雪原で雪上訓練が始まった。始めはアイゼンをつけずに、つぼ足で歩く練習を行った。最初は緩斜面、徐々に斜度を上げていき、キックステップの練習、斜面の登り、下りトラバースの練習を行った。

最初は姿勢が悪く、息が切れたが、中野さん、檜山さんの的確な指導のもと、徐々に慣れてきた。つぼ足の練習が一段落したところで、緩斜面で滑落停止のレクチャーとなった。まず体で滑落停止の姿勢を覚えるようにと指導され、斜面に腹ばいになり、ピッケルをかまえて、雪面に打ち込むことを繰り返し行った。

 滑落停止のフォームを理解したところで、小休止となった。レーションを食べながら、下界を見ると、麓には全く雪が無く、広大な樹海が見えた。自分がいる銀世界とのギャップに苦笑した。小休止後は、ハーネスを装着し、アイゼン歩行の練習となった。さらに斜度の大きい斜面を求めて、アイゼン歩行で登っていくと、沢の上部に練習にもってこいの斜面があった。

他のパーティもザイルを張り練習していた。斜面にザイルを張り安全を確保し、さらにハーネスにザイルを結び、本格的なアイゼン歩行の練習が始まった。直登、直下降、水平トラバース、斜登、斜下降を何度も繰り返し、ダイヤモンド状に斜面を移動した。

 訓練の仕上げに、滑落停止の練習を行った。ザイルで安全を確保しているとはいえ、最初は緊張した。最初は滑落停止の姿勢をとった状態で雪面に横たわり、ピッケルを雪面から抜き、滑落し、再び止める練習を行った。

徐々に滑落している時間を長くし、加速度がついた状態でも止まれるまで練習した。最後に仰向けになった状態からの滑落停止をして、この日の訓練を終了した。アイゼン歩行のまま、もときた道を戻り、耐風姿勢の練習(耐風の掛け声で、耐風姿勢をとる)をしながらBCを目指した。途中、何度も中野さんにアイゼン歩行の注意を受けながらBCに戻った。

 BCに戻ると、恒例の宴となった。最初は飲まないと思われていた新人が、実はとんでもないうわばみであることが判明し、たちまち用意してきた酒が底をつき、佐藤小屋に一升買いにいくことになった。矢田、西村両氏が参加する山行には、1.52倍の酒を用意したほうがよさそうである(夏山合宿では、猫をかぶっていたようだ)。


・12月1日(曇のち雪)

佐藤小屋周辺BC−7:25雪上訓練9:10−五合目−富士スバルライン−水戸

 朝5時に起床し、朝食のラーメンを食べ、出発した。雪上訓練のため、夏道を登っていくと、だんだんと雪が激しくなってきた。下山してくる登山者が多いような気がした。天候の悪化のためにスバルラインが閉鎖される恐れがあるために、引き上げることとなった。

BCに戻ると、朝は積雪がなかった道路が雪で覆われており、テントもうっすらと雪をかぶっていた。BCを撤収し、五合目駐車場まで、全員で装備を分担して運んだ。やはりスバルラインは閉鎖されているようで、駐車場はひっそりとしていた。車でスバルラインを下ると三合目付近の積雪がひどいようであった。

途中ゲートが閉鎖されていたが、先行した車が連絡していたとみえ、ほどなくしてゲートが開いた。この日のスバルラインは二合目で閉鎖されていたようである。下山後は、不動のほうとうを食して、帰水となった。中央高速の4台玉突きの事故渋滞、首都高速の渋滞以外に大きな混雑はなく、無事水戸に到着した。

まとめ
 私の技術、体力はいまひとつであったが、初めての雪上訓練は良い体験となった。私と対照的に、息ひとつ切らせない上に、表情ひとつ変えずに酒を嗜む矢田、西村両氏を見ていると、20代の素晴らしさを感じた。就職した頃の20代(?)に山を始めていたら良かったなと思うが、今となってはどうしようもない。とりあえず、雪山を楽しむために、今後もいっそうの体力増強の努力をしなければと思った。(記録:相良)