越後三山(駒ヶ岳〜中ノ岳〜八海山)
日時   平成14年10月12日(土)〜14日
メンバー  中野,一家,加藤

記録
10月12日(土)
下館合庁16:30=========================21:00越後三山公園(仮眠)10月13日(日) 天候:快晴          
越後三山公園5:00―――――――――5:45十二平―――――8:05力水----------9:25グシガバナ9:40---------10:15駒ヶ岳10:30―――グシガバナ11:05――――――――12:15檜廊下―――――14:40中ノ岳(避難小屋泊) (行動時間:9時間40分)

 当初は,枝折峠から登る予定であったが,車の回収等を考えて,六日町大倉集落から駒に登り,再び大倉に降りるというやや馬蹄形に近い縦走路をとった。この大倉集落最奥にあたる越後三山公園が登り口である。下館から3時間半で,登山口に到着した。車は3台程度で,やはり標高差のあるこの登山口はあまり利用されないのであろうか。

 たっぷりと睡眠をとったので快調である。日の出前の5時に出発した。登山口の越後三山公園は,キャンプ場になっており,トイレも水もある。この公園より先は,未舗装路にあるが,工事用のゲートが開いており,奥に入っていく車もあった。尾根取り付き地点である十二平まで,車を入れることは可能であるが,縦走の場合,車の回収を考えて,公園に駐車したほうが無難である。

 今日のコースは,山頂までの標高差1400mを一気に登り切るものである。十二平からいきなり急登が始まり,こんなのが延々と続くのかと思うと先が思いやられる。雪見の松を過ぎた頃から,右手に八海山の荒々しい山容が見え始めてきた。急登ではあるが,視界が効き,さほど苦しくはない。ツガ松の根が張り出し,大変登りにくい急傾斜を一気に登るといきなり視界が開け,そこがグシカバナであった。つらい登りではあったが,思ったより短く感じた。

 グシカバナからは,越後駒の山頂が手に届きそうで,右手には,今日の宿である中ノ岳へと続くきれいな稜線が見えた。ゆるやかに山頂へ続く道を行くと,枝折峠方面からの道と合流し,いきなり賑やかになった。せまい山頂は,人で溢れていた。

 山頂を早めに後にし,中ノ岳への縦走路へと向かった。この稜線は,笹ヶ原が美しく,正面には,中ノ岳が堂々たる山容で鎮座し,左手には,荒沢岳や尾瀬の山並が綺麗であった。しかし,中ノ岳は,はるかに遠く,しかもアップダウンがあり,稜線漫歩とはいかない。

 気持ちよく歩けたのも天狗平までであり,それから先は,深い竹やぶや笹の中を駆き分けるような道で,大変,あるきづらい。途中で,昨晩,避難小屋に宿泊した登山者にであった。昨晩は,避難小屋が超満員で,小屋に泊まれなっかた人が20人くらいいたそうである。

 それでも,目的の3時までには,山頂につくことができた。すでに小屋はいっぱいであったが,二階に3人分のスペースを作ってもらい,なんとか,泊まることが出来た。小屋の前にはテントが3張程度あった(スペースは5張り程度であろうか)。
 小屋の収容人数は50人くらいと書いてあるが,」実際には30人くらいが限度のような気がする。水は,天水をきれいに集めたタンクが裏にあり,沸かせば十分,使用できる。

10月14日(月) 天候:くもり時々晴れ 起床4:00       
中ノ岳避難小屋5:30―――――――――6:15祓川6:50―――――――――――9:30荒山――――――10:45五竜岳――――――12:55千本檜小屋―――――14:00四合目半14:10――――15:40八海山神社里宮16:40======温泉18:00======21:30下館       (行動時間:約10時間)

 天候は昨日の快晴とは違い,朝からガス一面である。祓川への道を左手に分け,笹の急な道を下る。ガスで視界が効かないためか,途中,間違って,真沢に入り込んでしまった。あまりにもブッシュがひどいため,途中で間違えに気づき,引き返したために事なきを得た。それにしても祓川への下り道は,わかりずらい道である。

 祓川の水場ではコンコンと水がながれており,たっぷりと給水できた。テントも5張り程度張れそうである。しかし,ここから御月山への取り付きがよくわからない。間違って沢を下りたくなるが,登り口は,水場から少し戻った(登った)左手である。表示を示す石が土に埋め込んであるため,まったく気がつかなかった。中ノ岳から祓川までのルートは,要注意である。

 ここからいよいよ,八海山へ続く難路が始まるのだが,御月山からの下りはあまりにも道が悪い。急である上,草つきと泥が足にからみ,大変すべりやすく危険である。出雲先あたりで,ガスが切れ,縦走路が顔をだした。八海山へ続く縦走路は,まさに錦秋の海であり,紅葉が大変素晴らしい。これから向かう縦走路が延々と続き,見上げるように五竜岳が立ちはだかる景色は圧巻であった。

 両脇がスパット切れ落ちた痩せた尾根上を,ちいさなアップダウンをいくつも繰り返しながら進んでいく。ここが,越後三山縦走路のまさに核心部であることを実感した。

八海山の最高峰である入道岳につくと,八海山方面からの登山者が見え始めた。
 かなり体力を消耗していたので,八海山の岩峰群である八峰は当然,迂回路を進むものだと思っていたら,中野リーダの「せっかくだから八峰を登ろう」という一言で,あっさり八峰コースをすすむこととなった。クサリ場の連続で,恐怖心と腕力との戦いであった。天気がよければ,それなりに通過できるが,1回経験すれば,もう十分であると思った。

 千本檜からは,下り一辺倒なので,あとは楽チンと思ったのが大間違い。下りの傾斜はきつく,昨日からの疲労もたまってきて,膝がガクガクする。ロープウエイに向かう登山者もおおくて道が渋滞し,思ったより時間を稼ぐことができない。
 4合目半から八海山神社までの最後の下りの2時間,これが最もきつかった。足がガクガクで,前にすすまない。それでも先頭の中野さんは,あっという間に下ってしまった。

 神社に降りてからも,車回収の歩きが1時間以上,残っている。ある程度体力を温存しなければなどと,考えながらやっとこのことで神社にたどり着いた。
 中野さんは,どこのいるのかなと探していると,神社の中にある食堂でなんとビールを飲んでいるではないか。聞くところによる,この食堂のマスターが,越後三山公園まで,車で送ってくれるということで交渉成立していたらしい。さっそく私もなめこ汁をいただいた。

この食堂は,大倉登山口の重要な基点となっており,宿泊も出来る。お店の人には格安でビールのツマミを頂いたり,車で送ってもらったりと,大変親切にしてもらった。改めて感謝したい。 


考察

・紅葉は,中ノ岳から八海山の間がドンピシャリのタイミングで素晴らしかった。
・中ノ岳避難小屋は,天水を利用できるが,水を担ぎ上げるにこしたことはない。
・紅葉シーズンには,越後三山周辺の小屋は,大混雑する模様である。
・八海山神社登山口の食堂「丸山屋」は,大変貴重な存在である。「丸山屋」0257−79−2887