99冬山(五竜岳)報告



1.山  域      北アルプス  五竜岳

2.目  的      冬山登山

3.期  間      1999.12.27〜31

4.メンバー      中野,舞木、檜山、菊池(一),加藤、宮本、関谷

5.記  録      

12/27   

水戸(県庁)20:30========(常磐、外環、上越道)=======更埴IC=========神城2:00  仮眠

12/28(快晴)

白馬五竜スキー場======リフト終点8:55--------9:00地蔵の頭----------10:30二ノ背髪--------11:30中遠見---------12:15BC(大遠見手前)

  テント設営13:00

12/29(晴れ、上部はガスと強風)

起床4:00  出発6:45------------10:30白岳(稜線直下でツェルトを被り天候回復を待つ):下山11:35----------------13:35BC


12/30(快晴)

起床4:00   出発6:35--------8:00白岳取付き-------9:00白岳(稜線)-------9:20五竜山荘9:48-------11:11五竜岳頂上11:35--------12:10五竜山荘12:38-------14:15BC

12/31(快晴)

起床4:00 テント撤収  出発7:00----------8:50スキー場テレキャビン乗場======神城============更埴IC==========(上越、外環、常磐道)=======水戸

12/27(月)

中野の仕事の終わるのを待ち、午後830分に県庁駐車場に集合し宮本家を経由して岩間ICから常磐、外環、関越、上越道で長野を目指す。更埴ICからオリンピック道路を経由したが、空いている上、道路に雪も無く予定より早めに神城に到着する。しかし、ここで問題発生。車は2台ともディーゼル車のため、燃料の凍結防止のため現地で寒冷地用の経由を給油しなければならないが、ここ神城近辺には深夜まで営業しているスタンドがないのだ(教訓:高速を降りたらすぐ給油すべし)。しかたがないので朝の730分頃から営業するスタンドで給油してから登ることとし、白馬五竜スキー場の駐車場にテントを張り仮眠する。

12/28(快晴)

快晴。絶好の入山日和である。白馬五竜スキー場(以前の五竜遠見スキー場。)のテレキャビンは8:15に営業開始。テレキャビンからリフトを乗り継ぎ、遠くに五竜岳を望みながら地蔵の頭の直下まで到達。

今日は、我々のほか、五竜から鹿島槍へ縦走するパーティなど2パーティの入山である。トレースがついていたので快調にBC予定地に着くことが出来た。じつは、このトレースは3日前に入山したパーティがつけたものである。彼らは3日間かけ大遠見までのラッセルをしたが、時間切れで翌29日に下山していくことになる。そして、後から入山した我々は彼らを追い越し頂上アタックを行うことになる。

BCは大遠見に登る手前の尾根上に設営した。五竜岳を正面に、左手に鹿島槍の北壁を望む絶好の場所だ。

12/29(晴れ、上部はガスと強風)

  4時に起床し、明るくなるのを待って出発。トレースが風で埋まっており外れるとすごいラッセルとなるため慎重に探しながら登る。登るにつれ風が出てきてガスもかかってくる。白岳を登り稜線に出ると、強風とガスで前に進めず、すぐ近くにあるはずの五竜山荘までもわからない。とりあえず稜線直下まで戻り、ツェルトを被り、天候の回復を待つことにする。時々ガスが切れ日が射すこともあるが、長続きせず、逆にガスが濃くなってきたので撤退することにする。

  しかし、ガスの中、強風で登ってきたトレースが埋まり、ルートが分からなくなっている。慎重にルートを読み膝上のラッセルをしながら下山する。

  下山するにつれガスが消え、太陽が顔を出してくる。ガスがかかり強風が吹き荒れているのは、稜線から上のほうだけで、BC近辺では暖かな日差しが射し別天地である。しかし、この日は夕方まで、五竜岳頂上近辺のガスは消えることはなかった。

12/30(快晴)

  今日は再アタックだ。快調に進み、白岳の登りにかかる。ここからは昨日のトレースが風で消えているので、他のパーティ(単独行者が2人)と交代しながらラッセルし稜線に達する。稜線は風が強く寒いが昨日ほどではない。五竜山荘からアイゼンを付け夏道を五竜岳を目指して登る。登りの途中でガスが晴れ五竜岳の雄姿が見えてくる。ふと振り返るとブロッケン現象が出ている。夏道の鎖場は通らずに右手の雪壁を直登する。雪壁をトラバースし、最後の急登を登ると頂上の一角だ。一番奥の最高地点に三角点がある。頂上からは360度の大展望だ。鹿島槍に続く縦走路、鹿島槍の2つのピーク。遠くには槍、穂高、立山、剣、そして唐松岳から八方尾根。十分に展望を満喫し、舞木部長の掛け声で万歳三唱をした後、下山する。

12/31(快晴)

  今日は、風も無く穏やかな天気だ。テントを撤収し日の出(1999年最後の日の出)とともに下山する。

  小遠見で最後の展望を楽しみスキー場に向け下山した。

6.考察

JCOの余波を受け、当初計画した槍ケ岳から短期間で登れる五竜岳に変更したが、天気にも恵まれ冬山を満喫することが出来た。5年前に同じルートで冬合宿を実施したときには、強風とガスのため五竜山荘までで撤退している。今回も1度は稜線で撤退したが、再アタックで頂上に達することが出来満足している。

ここは、鹿島槍や五竜、白馬などがまじかに望めロケーションが大変いいルートである。リフトも利用でき入山が容易であるので度々訪れたい場所だ。しかし、我々の前に入ったパーティの例にもあるように、大雪が降ればすごいラッセッルになることもある。