中野文庫 朝鮮総督府官制

法令目次法令総索引詔勅目次日本語総目次


朝鮮総督府官制(明治43年勅令第354号)

第一条 朝鮮総督府ニ朝鮮総督ヲ置ク
2 総督ハ朝鮮ヲ管轄ス

第二条 総督ハ親任トス陸海軍大将ヲ以テ之ニ充ツ

第三条 総督ハ天皇ニ直隷シ委任ノ範囲内ニ於テ陸海軍ヲ統率シ及朝鮮防備ノ事ヲ掌ル
2 総督ハ諸般ノ政務ヲ統轄シ内閣総理大臣ヲ経テ上奏ヲ為シ及裁可ヲ受ク

第四条 総督ハ其ノ職権又ハ特別ノ委任ニ依リ朝鮮総督府令ヲ発シ之ニ一年以下ノ懲役若ハ禁錮、拘留、二百円以下ノ罰金又ハ科料ノ罰則ヲ附スルコトヲ得

第五条 総督ハ所属官庁ノ命令又ハ処分ニシテ制規ニ違ヒ公益ヲ害シ又ハ権限ヲ犯スモノアリト認ムルトキハ其ノ命令又ハ処分ヲ取消シ又ハ停止スルコトヲ得

第六条 総督ハ所部ノ官吏ヲ統督シ奏任文官ノ進退ハ内閣総理大臣ヲ経テ之ヲ上奏シ判任文官以下ノ進退ハ之ヲ専行ス

第七条 総督ハ内閣総理大臣ヲ経テ所部文官ノ叙位叙勲ヲ上奏ス

第八条 総督府ニ政務総監ヲ置ク
2 政務総監ハ親任トス
3 政務総監ハ総督ヲ輔佐シ府務ヲ統理シ各部局ノ事務ヲ監督ス

第九条 総督府ニ官房及左ノ五部ヲ置ク
  総務部
  内務部
  度支部
  農商工部
  司法部

第十条 総務部ニ人事局、外事局、会計局、内務部ニ地方局、学務局、度支部ニ司税局、司計局、農商工部ニ殖産局、商工局ヲ置ク
2 官房、各部及各局ノ事務ノ分掌ハ総督之ヲ定ム

第十一条 総督府ニ左ノ職員ヲ置ク

長官  五人  勅任
局長  九人  勅任又ハ奏任
参事官  専任二人  奏任内一人ヲ勅任ト為スコトヲ得
秘書官  専任二人  奏任
書記官  専任十九人  奏任
事務官  専任十九人  奏任
技師  専任三十人  奏任内二人ヲ勅任ト為スコトヲ得
通訳官  専任六人  奏任
 専任三百三十七人  判任
技手
通訳生

第十二条 長官ハ各部ノ長ト為リ総督及政務総監ノ命ヲ承ケ部務ヲ掌理シ部下ノ官吏ヲ指揮監督ス

第十三条 局長ハ上官ノ命ヲ承ケ局務ヲ掌理ス

第十四条 参事官ハ上官ノ命ヲ承ケ審議立案ヲ掌リ又ハ各部局ノ事務ヲ助ク

第十五条 秘書官ハ総督ノ命ヲ承ケ機密ニ関スル事務ヲ掌ル

第十六条 書記官ハ上官ノ命ヲ承ケ府務ヲ掌ル

第十七条 事務官ハ上官ノ命ヲ承ケ府務ヲ助ク

第十八条 技師上官ノ命ヲ承ケ技術ヲ掌ル

第十九条 通訳官ハ上官ノ命ヲ承ケ通訳ヲ掌ル

第二十条 属、技手及通訳生ハ上官ノ指揮ヲ承ケ庶務、技術及通訳ニ従事ス

第二十一条 総督府ニ総督附武官二人及専属副官一人ヲ置ク
2 総督附武官ハ陸海軍少将又ハ佐官ヲ以テ之ニ補ス
3 総督附武官ハ参謀トス
4 副官ハ陸海軍佐尉官ヲ以テ之ニ補ス
5 総督附武官及副官ハ総督ノ命ヲ承ケ事務ニ服ス

  附 則

1 本令ハ明治四十三年十月一日ヨリ之ヲ施行ス
2 明治四十三年勅令第三百十九号ハ其ノ官立学校ニ関スルモノヲ除クノ外之ヲ廃止ス


制作者註


中野文庫