中野文庫 軍機保護法

法令目次法令総索引詔勅目次日本語総目次


軍機保護法(昭和12年法律第72号)

第一条 本法ニ於テ軍事上ノ秘密ト称スルハ作戦、用兵、動員、出師其ノ他軍事上秘密ヲ要スル事項又ハ図書物件ヲ謂フ
2 前項ノ事項又ハ図書物件ノ種類範囲ハ陸軍大臣又ハ海軍大臣命令ヲ以テ之ヲ定ム

第二条 軍事上ノ秘密ヲ探知シ又ハ収集シタル者ハ六月以上十年以下ノ懲役ニ処ス
2 軍事上ノ秘密ヲ公ニスル目的ヲ以テ又ハ之ヲ外国若ハ外国ノ為ニ行動スル者ニ漏泄スル目的ヲ以テ前項ニ規定スル行為ヲ為シタル者ハ二年以上ノ有期懲役ニ処ス

第三条 業務ニ因リ軍事上ノ秘密ヲ知得シ又ハ領有シタル者之ヲ他人ニ漏泄シタルトキハ無期又ハ三年以上ノ懲役ニ処ス
2 業務ニ因リ軍事上ノ秘密ヲ知得シ又ハ領有シタル者之ヲ公ニシ又ハ外国若ハ外国ノ為ニ行動スル者ニ漏泄シタルトキハ死刑又ハ無期若ハ四年以上ノ懲役ニ処ス

第四条 軍事上ノ秘密ヲ探知シ又ハ収集シタル者之ヲ他人ニ漏泄シタルトキハ無期又ハ二年以上ノ懲役ニ処ス
2 軍事上ノ秘密ヲ探知シ又ハ収集シタル者之ヲ公ニシ又ハ外国若ハ外国ノ為ニ行動スル者ニ漏泄シタルトキハ死刑又ハ無期若ハ三年以上ノ懲役ニ処ス

第五条 偶然ノ原由ニ因リ軍事上ノ秘密ヲ知得シ又ハ領有シタル者之ヲ他人ニ漏泄シタルトキハ六月以上十年以下ノ懲役ニ処ス
2 偶然ノ原由ニ因リ軍事上ノ秘密ヲ知得シ又ハ領有シタル者之ヲ公ニシ又ハ外国若ハ外国ノ為ニ行動スル者ニ漏泄シタルトキハ無期又ハ二年以上ノ懲役ニ処ス

第六条 軍事上ノ秘密ヲ探知シ、収集シ又ハ漏泄スルコトヲ目的トシテ団体ヲ組織シタル者又ハ其ノ団体ノ指導者タル任務ニ従事シタル者ハ無期又ハ三年以上ノ懲役ニ処ス
2 情ヲ知リテ前項ノ団体ニ加入シタル者ハ六月以上七年以下ノ懲役ニ処ス

第七条 業務ニ因リ軍事上ノ秘密ヲ知得シ又ハ領有シタル者過失ニ因リ之ヲ他人ニ漏泄シ又ハ公ニシタルトキハ三年以下ノ禁錮又ハ三千円以下ノ罰金ニ処ス

第八条 陸軍大臣又ハ海軍大臣ハ軍事上ノ秘密保護ノ為必要アルトキハ命令ヲ以テ左ニ掲グルモノニ付測量、撮影、模写、模造若ハ録取又ハ其ノ複写若ハ複製ヲ禁止シ又ハ制限スルコトヲ得
 一 軍港、要港又ハ防禦港
 二 堡塁、砲台、防備衛所其ノ他ノ国防ノ為建設シタル防禦営造物
 三 軍用艦船、軍用航空機若ハ兵器又ハ陸軍大臣若ハ海軍大臣所管ノ飛行場、電気通信所、軍需品工場、軍需品貯蔵所其ノ他ノ軍事施設
2 前項ノ規定ニ依ル禁止又ハ制限ニ違反シタル者ハ七年以下ノ懲役又ハ三千円以下ノ罰金ニ処ス

第九条 陸軍大臣又ハ海軍大臣ハ軍事上ノ秘密保護ノ為必要アルトキハ命令ヲ以テ前条第一項ノ防禦営造物又ハ軍事施設ノ周囲ノ地域ニシテ陸軍大臣又ハ海軍大臣所管ノモノニ付区域ヲ定メ其ノ区域ニ付測量、撮影、模写、模造若ハ録取又ハ其ノ複写若ハ複製ヲ禁止シ又ハ制限スルコトヲ得
2 前項ノ規定ニ依ル禁止又ハ制限ニ違反シタル者亦前条第二項ニ同ジ

第十条 許可ヲ得ズ若ハ許可ニ附シタル条件ニ違反シ又ハ詐偽ノ方法ヲ以テ許可ヲ得テ第八条第一項第二号若ハ第三号ニ掲グルモノニテ同条ノ禁止若ハ制限ニ係ルモノ又ハ前条第一項ノ区域ニ侵入シタル者ハ五年以下ノ懲役又ハ二千円以下ノ罰金ニ処ス

第十一条 第八条第一項又ハ第九条第一項ノ規定ニ依ル禁止又ハ制限ニ違反スル行為ヨリ生ジタル図書物件ヲ他人ニ交付シタル者ハ七年以下ノ懲役又ハ三千円以下ノ罰金ニ処ス
2 前項ノ図書物件ヲ公ニシ又ハ外国若ハ外国ノ為ニ行動スル者ニ交付シタル者ハ十年以下ノ懲役又ハ三千円以下ノ罰金ニ処ス

第十二条 陸軍大臣又ハ海軍大臣ハ防空其ノ他国土防衛ノ為軍事上ノ秘密保護ノ必要アルトキハ命令ヲ以テ空域、土地又ハ水面ニ付区域ヲ定メ左ニ掲グル行為ヲ禁止シ又ハ制限スルコトヲ得
 一 其ノ区域ニ於ケル航空
 二 其ノ区域内ノ気象ノ観測又ハ其ノ区域内ノ水陸ノ形状若ハ施設物ノ状況ノ測量若ハ空中、高所ヨリノ撮影若ハ模写又ハ其ノ複写若ハ複製
2 前項第一号ノ規定ニ依ル禁止又ハ制限ニ違反シタル者ハ五年以下ノ懲役ニ処シ同項第二号ノ規定ニ依ル禁止又ハ制限ニ違反シタル者ハ三年以下ノ懲役又ハ千円以下ノ罰金ニ処ス
3 第一項第二号ノ規定ニ依ル禁止又ハ制限ニ違反スル行為ヨリ生ジタル図書ヲ他人ニ交付シタル者ハ五年以下ノ懲役又ハ二千円以下ノ罰金ニ処ス
4 前項ノ図書ヲ公ニシ又ハ外国若ハ外国ノ為ニ行動スル者ニ交付シタル者ハ七年以下ノ懲役又ハ三千円以下ノ罰金ニ処ス

第十三条 陸軍大臣又ハ海軍大臣ハ演習又ハ兵器実験等ニ際シ軍事上ノ秘密保護ノ必要アルトキハ命令ヲ以テ演習又ハ実験等ヲ行フ空域、土地又ハ水面及其ノ周囲ノ地域ニ付区域及期間ヲ定メ之ニ出入スルコトヲ一時禁止シ又ハ制限スルコトヲ得
2 前項ノ規定ニ依ル禁止又ハ制限ニ違反シタル者ハ二年以下ノ懲役又ハ千円以下ノ罰金ニ処ス

第十四条 陸軍大臣又ハ海軍大臣ハ軍事上ノ秘密保護ノ為必要アルトキハ命令ヲ以テ開港場以外ノ水面ニ付区域ヲ定メ外国船舶ノ之ニ出入スルコトヲ禁止シ又ハ制限スルコトヲ得
2 前項ノ規定ニ依ル禁止又ハ制限ニ違反シタル船舶ノ長又ハ其ノ職務ヲ執ル者ハ五年以下ノ懲役又ハ三百円以上二千円以下ノ罰金ニ処ス
3 前項ノ場合ニ於テ情状重キトキハ其ノ船舶ヲ没収ス

第十五条 第二条乃至第六条、第八条第二項、第九条第二項、第十条、第十一条、第十二条第二項乃至第四項及第十三条第二項ノ未遂罪ハ之ヲ罰ス

第十六条 第二条乃至第五条ノ罪ヲ犯ス目的ヲ以テ其ノ予備又ハ陰謀ヲ為シタル者ハ三月以上七年以下ノ懲役ニ処ス
2 第二条乃至第五条ノ罪ヲ犯サシムル為他人ヲ誘惑シ又ハ煽動シタル者亦前項ニ同ジ

第十七条 第六条、第八条第二項、第九条第二項、第十条、第十一条、第十二条第二項乃至第四項又ハ第十三条第二項ノ罪ヲ犯サシムル為他人ヲ誘惑シ又ハ煽動シタル者ハ一年以下ノ懲役又ハ五百円以下ノ罰金ニ処ス

第十八条 本法ノ罪ヲ犯シ因テ得タル財物ハ犯人以外ノ者ニ属セザルトキニ限リ之ヲ没収ス其ノ財物ガ犯人以外ノ者ニ属シ又ハ消費其ノ他ノ事由ニ因リ其ノ全部又ハ一部ヲ没収スルコト能ハザルトキハ其ノ価額ヲ追徴ス

第十九条 第二条乃至第五条、第七条、第八条第二項、第九条第二項、第十一条又ハ第十二条第二項乃至第四項ニ規定スル犯罪行為(未遂罪ノ場合ヲ含ム)ヲ組成シタル物又ハ其ノ犯罪行為ヨリ生ジタル物ハ裁判ニ依リ没収スル場合ヲ除クノ外何人ノ所有ヲ問ハズ行政ノ処分ヲ以テ之ヲ没収スルコトヲ得
2 前項ノ没収ニ関スル手続ハ命令ヲ以テ之ヲ定ム

第二十条 第二条、第六条、第八条第二項、第九条第二項、第十二条第二項、第十五条又ハ第十六条第一項ノ罪ヲ犯シタル者未ダ官ニ発覚セザル前自首シタルトキハ其ノ刑ヲ減軽シ又ハ免除ス

第二十一条  第二条乃至第七条、第八条第二項、第九条第二項、第十一条、第十二条第二項乃至第四項及第十五条乃至前条ノ規定ハ何人ヲ問ハズ本法施行地外ニ於テ其ノ罪ヲ犯シタル者ニ亦之ヲ適用ス

  附 則 (抄)

1 本法施行ノ期日ハ勅令ヲ以テ之ヲ定ム


制作者註


中野文庫