中野文庫 国 葬

儀典目次法令目次詔勅目次日本語総目次


概 説

 国葬は、国家の行事として行われる葬儀であり、経費は国が負担するものである。天皇、皇后および皇太后の葬儀を特に「大喪儀」という(現在では「大喪の礼」と呼ばれている)。皇太子、皇太子妃、皇太孫、皇太孫妃(皇太子、皇太孫が7歳未満で夭折された場合を除く)および摂政たる皇族の葬儀はすべて国葬である。また、国家に功績ある臣下が死去したときは、特旨により国葬を賜った。

 戦前の場合、葬儀の当日は廃朝(はいちょう=天子が御政務に臨まれないこと)を仰せ出され、全国民が喪に服することになっていた。葬儀の式次第は内閣総理大臣が勅裁を経て定め、葬儀委員長および葬儀委員が置かれる。儀式は神道の式によった。

 また、皇族、親任官(天皇陛下が御自ら任命される親任式を経る官)、親補職(天皇陛下が御自ら補職される親補式を経る職:例えば参謀総長や師団長)以上の者で、特に功績のあった者(現職の国務大臣、前官礼遇を賜った者など)の死去に際しては、弔問使と呼ばれる御使が差遣される。重臣の場合は弔問使のほか、神道式の場合は霊前に奠榊(いわゆる玉串奉奠)、仏式の場合は焼香のための勅使または御使、さらには葬儀場へ勅使または御使が差遣されることがあった。勅任官の場合は幣帛を下賜された。

 戦後、国葬について定めていた国葬令(大正15年勅令第324号)が廃止された。昭和42年の吉田茂元内閣総理大臣の国葬は閣議決定によるもので、宗教色を排した形式により日本武道館で行われた。


国葬の栄誉を賜った者

(参考) 国葬以外の葬儀の例


神道碑拝受者

 戦前には、亡くなった功績ある人物の勲功をたたえられるため、特旨をもって文を撰んで、墓畔に建てる銅製の碑を下賜されることがあった。以下は下賜の年月順(同月のときは五十音順)。


賜誄・御沙汰書

 国葬に限らず、勲功ある者の葬儀に際しては、故人の生前の功績をたたえるために、(るい)または御沙汰書と呼ばれるご弔辞を天皇陛下より賜ることがある。

誄を賜った者

御沙汰書を賜った者


中野文庫