中野文庫 金鵄勲章

儀典目次法令目次詔勅目次日本語総目次


総 説

 金鵄勲章(きんしくんしょう)は、戦前わが国において軍人軍属で武功ある者に与えられた勲章である。功一級金鵄勲章をはじめ、功一級から功七級まで7種があった。金鵄勲章は、神武天皇が奈良の橿原でご即位されてから、神話時代を含め2550年目に当たる明治23年に、神武東征の故事(金色のとびが神武天皇の御弓にとまり、その輝きに長髄彦の軍勢の目がくらんで降伏したという皇軍勝利の故事)にちなみ、武功卓抜な者に与え、天皇の威烈をあきらかにし、もってその忠勇をご奨励されるために制定されたものである。昭和22年に全部廃止された。

 将官(大将・中将・少将)で功績ある者(殊勲乙)は功三級に、非常な勲功をたてた将官は功二級(殊勲甲)に叙せられた。功一級金鵄勲章は、天皇直隷部隊の将官たる司令官などに対して、特別詮議のうえ授与された。なお、佐官の初叙は功四級で功二級まで、尉官の初叙は功五級で功三級まで、准士官はの初叙は功六級で功四級まで、下士官の初叙も功六級で功五級まで、兵の初叙は功七級で功六級まで陞叙(上位の勲章を更に授けられること)される。

 通常、勲章は前に授与された同種の下級勲章は還納することになっているが、昭和16年から金鵄勲章併佩ニ関スル件(昭和16年勅令第726号)により金鵄勲章は還納せず、併せて佩用することが認められていた。ただし、他の勲章についても戦後になって勲章還納ノ件(明治22年勅令第38号)が廃止され、還納しなくて良いことになった。

 金鵄勲章には年金制度があり、功一級には1500円、功二級1000円、功三級700円、功四級500円、功五級350円、功六級250円、功七級150円であったが、のちに一時金の支払と同時に廃止された。一時金は、20年償還の3分6厘5毛利息付記名公債で、売却や譲渡が許されず、償還前に受章者が死亡したときは政府が買い上げた。恩給法でも特に金鵄勲章受章者には一時金を付している。

 昭和42年1月18日に旧勲章年金受給者に関する特別措置法(昭和42年法律第1号)が公布され、金鵄勲章年金令による年金を受ける権利を有する者、および勲章年金受給者に対して、旧勲章年金受給者には10万円(同3条)、勲等年金受給者には3万円(同附則2項)の一時金を支給した。

 なお、功一級以下金鵄勲章の受章者一覧は別のページに掲載。


功一級金鵄勲章

 制定:明治23年2月11日、金鵄勲章ノ等級製式佩用式(明治23年勅令第11号)
 廃止:昭和22年5月3日、内閣官制の廃止等に関する政令(昭和22年政令第4号)
 図案:正章は金直径2寸5分(76ミリ)、鵄は金地、剣は緑紫白淡藍色七宝、楯は濃藍色七宝、矛は銀地黄紅色七宝、光線は紅色七宝。綬の幅は2寸6分(79ミリ)で、緑色の織地に白色の双線が入っている。副章は金直径3寸(91ミリ)、鵄は金地、剣は緑紫白淡藍色七宝、楯は濃藍色七宝、矛は銀地黄紅色七宝、光線は紅黄色七宝。

 功一級金鵄勲章は、勲一等旭日桐花大綬章や勲一等瑞宝章など他の大綬勲章と異なり、大綬を左肩から右脇に垂れ、副章(功二級金鵄勲章の正章と同じ)を左肋に佩用する。

 金鵄勲章は、有栖川宮熾仁親王が明治28年1月16日に功二級金鵄勲章を受章したのが最初で、つづいて同じく功二級を小松宮彰仁親王が受章した。功一級金鵄勲章は、日露戦争勝利に伴い明治39年4月1日に山県有朋元帥陸軍大将以下17名が受章したのが最初である。終戦まで全部で38名に賜与されたが、当然ながら受章者の中に現存者はいない。


功二級金鵄勲章

 制定:明治23年2月11日、金鵄勲章ノ等級製式佩用式(明治23年勅令第11号)
 廃止:昭和22年5月3日、内閣官制の廃止等に関する政令(昭和22年政令第4号)
 図案:章は金直径3寸(91ミリ)、鵄は金地、剣は緑紫白淡藍色七宝、楯は濃藍色七宝、矛は銀地黄紅色七宝、光線は紅色七宝。


功三級金鵄勲章

 制定:明治23年2月11日、金鵄勲章ノ等級製式佩用式(明治23年勅令第11号)
 廃止:昭和22年5月3日、内閣官制の廃止等に関する政令(昭和22年政令第4号)
 図案:章は金直径1寸8分、鵄は金地、剣は緑紫白淡藍色七宝、楯は濃藍色七宝、矛は銀地黄紅色七宝、光線は紅色七宝。綬の幅は1寸2分で、緑色の織地に白色の双線が入っている。


功四級金鵄勲章

 制定:明治23年2月11日、金鵄勲章ノ等級製式佩用式(明治23年勅令第11号)
 廃止:昭和22年5月3日、内閣官制の廃止等に関する政令(昭和22年政令第4号)
 図案:章は金直径1寸5分、鵄は金地、剣は緑紫白淡藍色七宝、楯は濃藍色七宝、矛は銀地黄紅色七宝、光線は紅色七宝。綬の幅は1寸2分で、緑色の織地に白色の双線が入っており、これに綵花を付す。


功五級金鵄勲章

 制定:明治23年2月11日、金鵄勲章ノ等級製式佩用式(明治23年勅令第11号)
 廃止:昭和22年5月3日、内閣官制の廃止等に関する政令(昭和22年政令第4号)
 図案:章は銀直径1寸5分、鵄は金地、剣は緑紫白淡藍色七宝、楯は濃藍色七宝、矛は銀地黄紅色七宝、光線は紅色七宝。綬の幅は1寸2分で、緑色の織地に白色の双線が入っている。


功六級金鵄勲章

 制定:明治23年2月11日、金鵄勲章ノ等級製式佩用式(明治23年勅令第11号)
 廃止:昭和22年5月3日、内閣官制の廃止等に関する政令(昭和22年政令第4号)
 図案:章は金直径1寸7分、鵄・剣・楯・矛は金地。綬の幅は1寸2分で、緑色の織地に白色の双線が入っている。


功七級金鵄勲章

 制定:明治23年2月11日、金鵄勲章ノ等級製式佩用式(明治23年勅令第11号)
 廃止:昭和22年5月3日、内閣官制の廃止等に関する政令(昭和22年政令第4号)
 図案:章は銀直径1寸7分、鵄・剣・楯・矛は銀地。綬の幅は1寸2分で、緑色の織地に白色の双線が入っている。

 戦歿者叙勲では、船舶司令部付の給仕見習の少年がソロモン島付近で戦死した際に、功七級に叙せられている。


中野文庫