中野文庫 文化勲章

儀典目次法令目次詔勅目次日本語総目次

概 説

 文化勲章は、日本文化の固有の長所を確立し、時勢の進歩に応じて一層その精華を発揚し、科学、芸術などの文化の発達に関して偉大な貢献をなした男女に与えられる。1種のみである。

 文化勲章の写真は、内閣府ホームページ内にある賞勲局のページ、もしくは造幣局ホームページ内の勲章のページをご参照のこと。文化勲章の受章者一覧は別のページに掲載。


文化勲章 Order of Culture

 制定:昭和12年2月11日、文化勲章令(昭和12年勅令第9号)
 等級:1階級
 図案:章は金橘花で径66ミリ、花弁は白色盛上七宝、重廊間芯は金地濃藍七宝。曲玉は白色七宝、地は赤色七宝。鈕は金橘葉実、葉は緑色七宝、実は淡緑色七宝。環は小型楕円形。綬の幅は37ミリ、織地は淡紫色。

淡紫色

 文化勲章は、文化勲章令(昭和12年勅令第9号)によって設けられた最も新しい勲章である。唯一単級で、順位としては勲一等瑞宝章と勲二等旭日重光章の間に位置する(7番目)。制定以前は、芸術に関しては叙勲の例がなく、科学や学術上では発見、発明については叙勲があったものの、文化価値を判断したものではなかった。

 文化勲章は、綬を首にかけ胸部中央に佩用する(他の三等勲章と同じ佩用法)。裏面には「勲功旌章」と刻印されている。

 賞勲局嘱託であった畑正吉東京美術学校教授のデザインだが、有名な逸話として、もともと文化勲章の図案は日本文化を表すものとして桜の花が予定されていたが、「桜は昔から武を表す意味によく用いられているから、文の方面の勲績を賞するには橘を用いたらどうか」との昭和天皇の思召しにより、橘の花に曲玉を配する図案となったという(『増補皇室事典』(井原頼明著、冨山房、昭和13年)233頁)。昔、垂仁天皇が常世国(とこよのくに)に橘をお求めになったことから、橘は永劫悠久の意味を有しており、散るという印象のある桜よりも適当であるとのことである。なお、曲玉(勾玉)は神宝の一つで、仁徳を表すといわれている。

 昭和12年に第一回の発表があり、その後、15年、18年、19年、21年、23年とまちまちであったが、昭和23年第六回からは毎年の発表となった。選考過程は、まず文部科学大臣が文化審議会の文化功労者選考分科会の意見を聴き、同大臣から推薦された者を内閣府賞勲局で審査のうえ、候補者を閣議決定する。その後、毎年11月3日の文化の日に、皇居宮殿松の間で親授式(旧伝達式)が行われ、配偶者とともに写真撮影を行う。近年では、基本的に前年度までに文化功労者に選ばれた者の中から受章者を決定している。

 ちなみに、文化功労者は文化の向上発達に関して特に功績顕著な者で、文部科学大臣が文化功労者選考分科会に諮って選び顕彰するものである。毎年文化の日の数日後に都内のホテルにおいて顕彰式が開かれている。文化功労者は文化功労者年金法(昭和26年法律第125号)により、終身年金(年350万円)が贈られる。この年金およびノーベル賞等の奨励金は所得税が免除されている。

 文化勲章第一号の受章者は長岡半太郎理学博士。最も若くして受章したのは36歳(昭和18年当時)の湯川秀樹博士であった。文化勲章も他の勲章と同様、外国人にも贈られることがあり、昭和44年10月31日に米国宇宙船アポロ11号の乗組員、N・アームストロング、E・オールドリン・ジュニア、M・コリンズの三氏に、平成20年11月3日に米国コロンビア大名誉教授で日本文学研究のD・キーン氏に贈与された。一方、勲章を返納する例として、第三回(昭和18年)受章者の徳富蘇峰氏が、戦犯指定を受けたため昭和21年4月に文化勲章を返上したことがある。

 ノーベル賞受賞者とフィールズ賞(「数学のノーベル賞」といわれる)受賞者は、必ず文化勲章を拝受するようである。例外は、わが国最高勲章の大勲位菊花章頸飾を授与されている故佐藤栄作内閣総理大臣と、拝辞したと伝えられる大江健三郎氏。森重文教授は文化功労者に選ばれており、文化勲章は原則として文化功労者に授与されるので、将来拝受するのが確実である。ほかは概ねノーベル賞等を受賞したのちに文化勲章が授与されている。平成22年にノーベル賞を受賞した鈴木章、根岸英一両教授は、平成14年の田中耕一氏と同じく、ノーベル賞受賞の年に文化功労者に選ばれると同時に文化勲章を受章している。平成27年の梶田教授も同じ。

 (参考) わが国のノーベル賞(全25名)・フィールズ賞(全3名)受賞者
  ※括弧内は文化勲章受章時の受章分野

文化勲章受章者一覧


中野文庫