中野文庫 勅語(昭和20年)

法令目次法令総索引詔勅目次詔書勅語日本語総目次


戦災者救恤振作ノ勅語(昭和20年4月17日)

戦局愈々危急ニシテ敵ノ我カ国土ヲ侵襲スル漸ク苛烈ヲ加フ朕カ赤子ニシテ或ハ非命ニ殪レ傷痍ニ苦ミ或ハ家財ヲ失ヒ職業ヲ離レ其ノ生ヲ聊セサル者アルヲ見ルハ朕ノ軫念措ク能ハサル所ナリ茲ニ内帑ノ金ヲ出シ之カ救恤振作ノ資ニ充テシム汝有司其レ克ク朕カ意ヲ体シ普ク衆庶ヲシテ頼ル所アラシメムコトヲ期セヨ


第八十七臨時議会開院式ノ勅語(昭和20年6月9日)

朕茲ニ帝国議会開院ノ式ヲ行ヒ貴族院及衆議院ノ各員ニ告ク
朕カ忠良ナル陸海将兵ハ心ヲ協セ力ヲ一ニシテ勁敵ヲ撃摧シ朕カ忠良ナル一億臣民ハ戦塵ヲ冒シ劫火ニ耐ヘ善ク銃後ノ責務ニ励精セリ而シテ友邦トノ締盟益々固キヲ加フ朕深ク之ヲ欣フ
曩ニ世界ノ大局急変シ敵ノ侵寇亦倍々猖獗ヲ極ム正ニ敵国ノ非望ヲ粉砕シテ征戦ノ目的ヲ達成シ以テ国体ノ精華ヲ発揮スヘキノ秋ナリ朕ハ爾有衆ノ忠誠勇武ニ信倚シ共ニ艱苦ヲ分チ以テ祖宗ノ遺業ヲ恢弘セムコトヲ庶幾フ
朕ハ国務大臣ニ命シテ特ニ時局ニ関シ緊急ナル議案ヲ帝国議会ニ提出セシム卿等克ク朕カ意ヲ体シ和衷審議以テ協賛ノ任ヲ竭セヨ


陸海軍人へ勅語(昭和20年8月17日)

朕曩ニ米英ニ戦ヲ宣シテヨリ三年有八ケ月ヲ閲ス此間朕カ親愛ナル陸海軍人ハ瘴癘不毛ノ野ニ或ハ炎熱狂濤ノ海ニ身命ヲ挺シテ勇戦奮闘セリ朕深ク之ヲ嘉ス
今ヤ新ニ蘇国ノ参戦ヲ見ルニ至リ内外諸般ノ状勢上今後ニ於ケル戦争ノ継続ハ徒ニ禍害ヲ累加シ遂ニ帝国存立ノ根基ヲ失フノ虞ナキニシモアラサルヲ察シ帝国陸海軍ノ闘魂尚烈々タルモノアルニ拘ラス光栄アル我国体護持ノ為朕ハ爰ニ米英蘇並ニ重慶ト和ヲ媾セントス
若シ夫レ鉾鏑ニ斃レ疫癘ニ死シタル幾多忠勇ナル将兵ニ対シテハ衷心ヨリ之ヲ悼ムト共ニ汝等軍人ノ誠忠遺烈ハ万古国民ノ精髓タルヲ信ス
汝等軍人克ク朕カ意ヲ体シ鞏固ナル団結ヲ堅持シ出処進止ヲ厳明ニシ千辛万苦ニ克チ忍ヒ難キヲ忍ヒテ国家永年ノ礎ヲ遺サムコトヲ期セヨ


陸海軍人へ勅諭(昭和20年8月25日)

朕帝国陸海軍ヲ復員スルニ方リ朕カ股肱タル陸海軍人ニ告ク
朕深ク時運ニ稽へ干戈ヲ*メ兵備ヲ撤セムトス 皇祖考ノ遺訓ヲ念ヒ汝等軍人多年ノ忠誠ヲ顧レハ切切トシテ胸次ヲ刺ス特ニ戦ニ殪レ病ニ死シタル幾多ノ将兵ニ対シテハ**怛ニ勝ヘス
茲ニ兵ヲ解クニ方リ一絲紊レサル統制ノ下整斉迅速ナル復員ヲ実施シ以テ皇軍有終ノ美ヲ済スハ朕ノ深ク庶幾スル所ナリ
汝等軍人其レ克ク朕カ意ヲ体シ忠良ナル臣民トシテ各民業ニ就キ艱苦ニ耐へ荊棘ヲ拓キ以テ戦後復興ニ力ヲ致サムコトヲ期セヨ

*:「揖」の「てへん」を除いたものに「力」。おさめる。**:「りっしんべん」に「中」。ちゅうだつ。


第八十八臨時議会開院式ノ勅語(昭和20年9月4日)

朕茲ニ帝国議会開院ノ式ヲ行ヒ貴族院及衆議院ノ各員ニ告ク
朕已ニ戦争終結ノ詔命ヲ下シ更ニ使臣ヲ派シテ関係文書ニ調印セシメタリ
朕ハ終戦ニ伴フ幾多ノ艱苦ヲ克服シ国体ノ精華ヲ発揮シテ信義ヲ世界ニ布キ平和国家ヲ確立シテ人類ノ文化ニ寄与セムコトヲ冀ヒ日夜軫念措カス此ノ大業ヲ成就セムト欲セハ冷静沈著隠忍自重外ハ盟約ヲ守リ和親ヲ敦クシ内ハ力ヲ各般ノ建設ニ傾ケ挙国一心自彊息マス以テ国本ヲ培養セサルヘカラス軍人遺族ノ扶助傷病者ノ保護及新ニ軍籍ヲ離レタル者ノ厚生戦災ヲ蒙レル者ノ救済ニ至リテハ固ヨリ万全ヲ期スヘシ
朕ハ国務大臣ニ命シテ国家内外ノ情勢ト非常措置ノ径路トヲ説明セシム卿等克ク朕カ意ヲ体シ道義立国ノ皇謨ニ則リ政府ト協力シテ朕カ事ヲ奨順シ億兆一致愈々奉公ノ誠ヲ竭サムコトヲ期セヨ


第八十九臨時議会開院式ノ勅語(昭和20年11月27日)

朕茲ニ帝国議会開院ノ式ヲ行ヒ貴族院及衆議院ノ各員ニ告ク
朕ハ国務大臣ニ命シテ衆議院議員選挙法ノ改正其ノ他緊急ナル議案ヲ帝国議会ニ提出セシム卿等克ク朕カ意ヲ体シ和衷審議以テ協賛ノ任ヲ竭サムコトヲ望ム


中野文庫