那珂湊町並みハイキング
+ 町並みマップ(コース)
+ 水戸八景
+ 平成20年6月1日
+ 幻の彫物師・後藤梅輔
+ mail
+ ひたちなか海浜鉄道
+ 古建築研究会
+ 茅葺き情報ネット
那珂湊の古い町並みを歩きながら町並みの歴史を発見しよう

平成20年3月2日の町並みハイキングで
お魚市場の町として知られている那珂湊ですが古い町並みがまだ残っています。バスや車の中からでは見つけられない那珂湊の町並み風景を歩きながら発見していきます。もともと、水戸藩の外港として発展し、東廻り海運の拠点として発展してきました。水戸黄門(徳川光圀公)の時代には浜御殿も造られました。その浜御殿も幕末の元冶甲子の乱によって焼失してしまいました。明治に入り、タバコ産業により発展し、タバコ産業が国有化されてからも各種の産業の勃興、近海漁業の活況により人口も増え、鉄道の誘致運動が起き、それまで駅のなかった勝田に新規に勝田駅を作り、那珂湊まで湊線(現ひたちなか海浜鉄道)が敷かれました。

Counter

カウンター設置 2008-04-30