中丸ブレーブス 〜Braves〜
-1989年以降の大会記録
個人の記録
主将 勝敗 大会名 結果 コメント
2014年 児玉コダマケン 60勝9敗 新人戦 優勝 団員ダンイン  メイ( ガツ勝率ショウリツ0.869
      春季県南代表決定戦 優勝 期待されスタートをしたチームであったが、まさかの県南大会1回戦敗退。主力数名が怪我をしていたとはいえ、守りのミスが試合の流れを変えてしまった。非常に悔しい思いをしたが、目標を新たに練習をし『必ず県大へ行くんだ』と強い気持ちで挑んだ夏の県南大会を無失策、無失点で決勝進出。決勝は厳しい試合だったが6年ぶりの優勝を果たし、中ブレとしては4年ぶり、私が監督になって初めての秋の県大会出場を決めてくれた。その県大会は厳しい試合ばかりであったが、君たち一人一人が力を出しきり、中ブレ初の『県大会優勝』を掴んでくれた。そこに立ち会えて最高に幸せでした。本当に有難う。君達が憧れている黒澤率いる31期生に劣らぬチームワークの良い素晴らしいチームだったと思う。皆の今後の活躍を期待します。
最後に現役保護者ホゴシャの方々、OB父兄の方々、ご支援等有難う御座いました。選手は勿論ですが、皆様の御協力があっての結果です。中ブレをこれからも宜しくお願い致します。
      県南ブロック大会 初戦敗退
      北本市春季少年野球大会 優勝
      朝日旗少年野球 ジュン優勝
      夏季県南ブロックケン読売ヨミウリ予選ヨセン大会 優勝
      第11回北本交流大会 ジュン優勝
      第28回読売旗県北大会 ジュン優勝
      夏季県南ブロック上尾アゲオ大会 優勝
      北本市秋季少年野球大会 優勝
      第37回埼玉県スポ少交流 優勝
      ポップアスリート大会タイカイ西ニシ埼玉サイタマ地区チク大会タイカイ ジュン優勝
      第16回べに花大会 2回戦敗退
      ダイ18カイ山下ヤマシタハイ親善シンゼン少年ショウネン野球ヤキュウ大会タイカイ 優勝
      熊谷リトルシニア杯 ジュン優勝
      第11回埼北ポニー大会 ジュン優勝
      鴻巣ボーイズ大会 準決勝ジュンケッショウセン辞退ジタイ
      第37回解脱大会 準優勝
2013年 石井 38勝9敗 新人戦 優勝  団員33名(12月)公式戦勝率0.808
H25     春季県南代表決定戦 優勝 昨年度に続き6年生が3人と厳しいチーム構成ではあったが、昨年の経験を活かし、春季及び夏季県南大会出場、春及び秋市民大会優勝、朝日旗優勝は見事だった。最後の解脱大会では、6年連続となる決勝進出を決めた。お見事。間違いなく6年生3人が中心となり、躍動した大会だった。試合後に私自身が「悔しいけど、清々しい」と言う感情を抱いたのも、3人のプレーが素晴らしかったからだろう。大智、翼、悠、良く頑張った。楽しい時間を有難う。そしてお疲れ様。今後の更なる活躍を期待する。
      北本市春季少年野球大会 優勝
      朝日旗少年野球 優勝
      夏季県南ブロックケン読売ヨミウリ予選ヨセン大会 優勝
      第10回北本交流大会 2回戦敗退
      第27回読売旗県北大会 2回戦敗退
      北本市秋季少年野球大会 優勝
      第15回べに花大会 1回戦敗退
      鴻巣ボーイズ大会 準優勝
      第10回埼北ポニー大会 ベスト8
      熊谷リトルシニア杯 2回戦敗退
      第36回解脱大会 準優勝
2012年 室井ムロイ 30勝12 新人戦 2回戦敗退   団員22名(12月)公式戦勝率0.684
H24     春季県南代表決定戦 1回戦敗退  県南大会には出場出来なかったが、6年生4人、5年生3人と言うチーム状況の中、前半は北本春季大会の連覇、朝日旗大会準優勝、北本交流大会4位と健闘した。しかしこのままでは力負けをしてしまうと感じた君達は、4人で下級生を引っ張り、練習をして行くうちにチームをまとめ、我慢強く戦える様になり、最後にはチーム初の解脱大会連覇を成し遂げた。3回戦での逆転勝ち、決勝戦では1対0と言う両チームの選手達が共にミスの無い素晴らしい試合をオコナい、改めて少年野球の素晴らしさを伝えてくれた。優佑、啓太、俊介、陽大。君達のこの1年間の頑張りは来年の中ブレに勇気と力をくれた。本当に有難う。そしてお疲れ様。君達の更なる活躍を期待する。

      北本市春季少年野球大会 優勝
      朝日旗少年野球 ジュン優勝
      夏季県南代表決定戦 1回戦敗退
      第9回北本交流大会 4位
      夏季県南ブロックケン読売ヨミウリ予選ヨセン大会 1回戦敗退
      北本市秋季少年野球大会 3位
      第14回べに花大会 2回戦敗退
      鴻巣コウノスボーイズ大会タイカイ 3位
      第9回埼北ポニー大会 優勝ユウショウ
      熊谷リトルシニア杯 3位
      第35回解脱大会 優勝
2011年 土井(勇) 33勝9敗 新人戦 優勝 団員27名(12月)公式戦勝率0.786
H23     春季県南代表決定戦 2回戦敗退  4年続いた春夏県南出場が春で途切れた事は残念だった。その後、持ち前のチームワークで夏季県南出場を果たし、県大会には出場出来なかったが、2年ぶり北本交流大会優勝、解脱大会優勝は見事だった。ここ数年で一番小柄なチームだった34期生が強豪チーム相手に臆する事なく、向かっていく姿勢は、今後の中ブレに勇気をくれた。皆の更なる活躍に期待する。
      北本市春季少年野球大会 優勝
      朝日旗少年野球 中止 
      夏季県南代表決定戦 優勝
      第8回北本交流大会 優勝 
      第25回読売旗県北大会 ベスト8
      夏季県南ブロック大会 2回戦敗退
      北本市秋季少年野球大会 5位
      第13回べに花大会 3位
      第8回埼北ポニー大会 1回戦敗退
      熊谷リトルシニア杯 2回戦敗退
      第34回解脱大会 優勝
2010年 大西(輝) 39勝9敗 新人戦 優勝 団員35名(12月)公式戦勝率0.813
H22     春季県南代表決定戦 優勝 2年続いた県大会準優勝(31期、 32期)に続き期待された33期であった。攻撃力、守備力も前年、前々年に見劣りしなかったが、スーパーエースがいた31期、右左腕の両輪がいた32期と比較すると33期は飯島一人に頼り投手力が欠けていたと言えよう。また、先行すれば強いが、先行されると弱く、気力と精神力にやや弱点があった。春の県南ブロック大会で出足を挫かれ、秋には県大会に出場するも1回戦敗退は残念な結果であった。公式戦初黒星と公式戦最終戦がサドンデスだったのも象徴的だった。個々の進路先で奮闘を祈りたい。
      県南ブロック大会 初戦敗退
      朝日旗少年野球 2回戦敗退 
      夏季県南代表決定戦 優勝
      第7回北本交流大会 準優勝 
      第24回読売旗県北大会 1回戦敗退
      夏季県南ブロック大会 ベスト8
      秋季リーグAチーム 優勝
      秋季リーグBチーム(5年) 7位
      第35回埼玉県スポ少交流 1回戦敗退
      第12回べに花大会 優勝
      第7回埼北ポニー大会 準優勝
      熊谷リトルシニア杯 ベスト8
      第33回解脱大会 準優勝 
2009年 星川 34勝8敗 新人戦 ベスト4 団員46名(12月)公式戦勝率0.810
H21     春季県南代表決定戦 優勝 前年に比べ成績は多少落ちるものの全体としてはかなりの力量を持ったチームだった。春先加入の深谷が土井と左右の両輪エースとして活躍してくれた事が大きかった。2年連続で夏季県大会準優勝するという素晴らしい結果を残してくれた事は、今後の中ブレにとっては非常に大きな意味を持つと思える。夏季県南ブロック大会ではよもやの初戦敗退と苦杯を味わうが、その後は見事に立ち直り、中ブレ創設32年にして初めて解脱大会優勝を成し遂げた。
      県南ブロック大会 3位
      第28回埼玉県スポ少夏季大会 準優勝  
      朝日旗少年野球 中止 
      夏季県南代表決定戦 準優勝
      第6回北本交流大会 優勝 
      夏季県南ブロック大会 初戦敗退
      秋季リーグAチーム 4位
      秋季リーグBチーム(5年) 9位
      べに花大会 中止
      鴻巣・北本・桶川大会 準優勝
      第6回埼北ポニー大会 優勝
      解脱大会 優勝 
2008年 黒澤 52勝4敗 新人戦 優勝 団員44名(11月)公式戦勝率0.929
H20     春季県南代表決定戦 優勝 公式戦56戦52勝4敗
      県南ブロック大会 優勝 12大会中8タイトルを奪取というとてつもない年になった。スーパーエース黒沢を中心に強肩捕手小川、俊足の大川と何処を取ってもタレントが揃い中ブレ史上最強軍団と言っても過言ではないと誰もが認めるメンバーであった。ただ残念なのは、夏の埼玉県大会決勝でまさかの逆転負けをきっした事が最後まで心に残る出来事であった。
      第27回埼玉県スポ少夏季大会 準優勝
      朝日旗少年野球 優勝
      第5回北本交流大会 準優勝
      夏季県南ブロック大会 優勝
      秋季リーグ 優勝
      第33回埼玉県スポ少交流 3位
      第11回べに花大会 優勝
      第5回埼北ポニー大会 優勝
      解脱大会 準優勝
2007年 高本(育) 15勝11敗1分 新人戦   団員34名(4月)公式戦勝率0.556
H19     春季県南代表決定戦 準優勝 公式戦   15勝11敗1分
      県南ブロック大会 1回戦敗退 練習試合    37勝14敗4分
      朝日旗少年野球 ベスト8 この年に北本市としてスポ少加盟2年目にして初めて県南ブロック出場を果たすも、春夏とも初戦に強豪チームと対戦し惜敗した。上部大会で勝つ事の難しさを知った年でもあった。しかし、来年再来年と確実この経験は中ブレにとって生きてくると思われる。
      夏季県南決定代表 準優勝
      北本交流 ベスト8
      夏季県南ブロック大会 1回戦敗退
      秋季リーグ 準優勝
      べに花大会 1回戦敗退
      第4回埼北ポニー大会 2回戦敗退
      解脱大会 ベスト8
2006年 村上 14勝10敗1分 新人戦 1回戦敗退 団員34名(3月)公式戦勝率0.600                         連盟レンメイ公式戦勝率0.619  
H18     春季県南代表決定戦 2回戦敗退
      春季リーグ 3位 過去最高と思われる投手陣を要していただけに結果が出ず非常に残念だった。前半は伸び悩みもあったが、後半は全員が非常に成長し良いチームになったと思う。5年生以下が多かったので、翌年も楽しみだ。
      北本交流/夏季県南代表 1回戦敗退
      秋季リーグ 3位
      べに花大会 2回戦敗退
      第3回埼北ポニー大会 2回戦敗退
      解脱大会 ベスト8
2005年 板橋(勇) 12勝9敗2分 新人戦   団員30名(10月)公式戦勝率0.571                      戦力的には今一つ駒不足の感もあったが、後半は個々のレベルアップもあり良いチームとなったと思う。竹内、黒澤を中心に解脱大会では素晴らしい試合ができた。惜しくも抽選負けだったが、あれを取っていればと最後まで悔いが残った。
H17     春季リーグ 6位
      南部交流  
      秋季リーグ 4位
      べに花大会  
      解脱大会  
2004年 柳井 6勝20敗2分 新人戦   公式戦勝率0.230                         前年のツケか非常に苦しい年となってしまった。6年生9名と人数は揃っていたが、力を発揮できずそのまま一年間を戦ってしまった感があり、指導者一同が非常に悩んだ一年だった。しかし、選手はどんな時もあきらめず楽しく過ごせた一年でもあった。
H16     春季リーグ  
      市大会 ベスト8
      南部交流  
      秋季リーグ  
      べに花大会  
      解脱大会  
2003年 鳥塚 24勝6敗1分 新人戦 優勝 団員34名(12月)公式戦勝率0.800                     連盟主催公式戦勝率0.794 1位/11チーム             中ブレ史上1、2を争う強豪チーム。特に鳥塚主将を中心としたディフェンスに少年野球の域を越えた素晴らしいチームだった。この年に初めてリーグ戦春夏優勝という快挙を成し遂げ指導者、保護者とも最高の一年であった。
H15     春季リーグ 優勝
      市大会  
      南部交流  
      秋季リーグ 優勝
      べに花大会 ベスト8
      解脱大会  
2002年 多田 17勝14敗2分 新人戦 3位 公式戦勝率0.548                     連盟主催公式戦勝率    ?位/13チーム            6年生5名、5年生10名とややアンバランス的な面もあったが、5年生に有望な選手が多く楽しみな年だった。出だしは経験不足もあり今一つであったが、後半は5年生も成長し、特に最後の解脱大会では多田主将を中心に3位ちという好成績を収めることができた。
H14     春季リーグ  
      市大会 ベスト8
      南部交流  
      秋季リーグ  
      解脱大会 3位
         
2001年 土橋 21勝9敗1分 新人戦 優勝 団員28名(7月)公式戦勝率0.700  
連盟主催公式戦勝率0.724
 3位/13チーム中ブレ史上まれに見る大型チーム。特に打線は4人の4割バッターが揃う強力打線で新人戦優勝と期待がもたれるも後の大会では勝ち運に見放されて惜しくも後一歩のところで優勝出来ず無念の思いを味わいました。
H13     春季リーグ 5位
      市大会 ベスト4
      南部交流 ベスト8
      秋季リーグ 3位
      解脱大会  
         
2000年 吉田(翔) 13勝12敗3分 新人戦 ベスト4 団員26名(10月)公式戦勝率0.520                     連盟主催公式戦勝率0.525 5位/14チーム                       出だし好調も南部交流大会後にエース阿部がひじ痛、主将吉田が病気と不運に見舞われ最後迄春先の好調時のリズムが戻らず苦しい展開になり悔やまれる年だった。
H12     春季リーグ 5位
      市大会 ベスト8
      南部交流 3位
      秋季リーグ 予選リーグ敗退
      解脱大会  
1999年 大西(雄) 18勝12敗 新人戦 準優勝 団員27名(9月)公式戦勝率0.600                     連盟主催公式戦勝率0.607 4位/13チーム                       主力選手は6年生4名と5年生だった。久しぶりに優勝を狙えるチームとなり、選手、コーチ、保護者も盛り上がった。優勝できなかったのが残念! 
H11     春季リーグ 3位
      市大会 ベスト4
      南部交流 準優勝
      秋季リーグ 6位
      解脱大会  
1998年 斎藤 10勝13敗 新人戦   団員19名(4月)公式戦勝率0.434                     連盟主催公式戦勝率0.400 9位/13チーム                      選手不足に加え指導者も減り、中ブレにとって試練の年となった。主力選手は6年生2名、5年生4名、残りは4年、3年生で戦った。戦力に恵まれなかったが、主将斎藤(愛称:ゴリ)が上手くチームをまとめ、秋季リーグ(3勝2敗)で決勝リーグに進出し2勝3敗と健闘。翌年以降につながるチーム作りに貢献してくれた。 
H10     春季リーグ 予選リーグ敗退
      市大会  
      南部交流  
      秋季リーグ 4位
      解脱大会  
         
1997年 小野寺 12勝11敗1分 新人戦   団員18名(4月)公式戦勝率0.521                     連盟主催公式戦勝率0.545 6位/14チーム          前年度からレギュラーを務めた池上、山田、小野寺、沼崎を軸にチーム作りは楽であったが、抜け出す選手がなく、小粒にまとまってしまった感あり。5年生も少なく、層という点でも薄かった。取りこぼしも多く成績は今一つだった。しかし、選手は一生懸命野球に取り組み、指導者として楽しむことができた。ただ、翌年の戦力不足が心配の種だった。
H9     春季リーグ 5位
      市大会  
      南部交流  
      秋季リーグ 予選リーグ敗退
      解脱大会  
         
1996年 内田 13勝10敗1分 新人戦   団員16名(4月)公式戦勝率0.565                     連盟主催公式戦勝率0.591 5位/14チーム            6年生に入部の遅かった選手がいて、急造チームの感はあったが、練習試合を重ねたことで主将内田、上田(投手)、小峰(捕手)を軸として主力がセンターラインを構築し、5年生の成長で何とか開幕に間に合った。試合経験が不足で心配した小峰は素直な性格と大きな返事で重責を担ってくれた。 感謝!感謝!
H8     春季リーグ 5位
      市大会 3位
      南部交流  
      秋季リーグ 予選リーグ敗退
      解脱大会  
         
1995年 高橋 4勝14敗 新人戦   団員14名(4月)公式戦勝率0.222                     連盟主催公式戦勝率0.133 12位/14チーム                      中ブレ史上最も団員が少ない年だった。レギュラー6年4名、5年2名、4年3名。6年生バッテリーの育成ならず、5年4年生バッテリーで何とか最下位は免れた。この年から4年間団員不足に悩み続けた。
H7     春季リーグ 予選リーグ敗退
      市大会  
      南部交流  
      秋季リーグ 予選リーグ敗退
      解脱大会  
1994年 天沼(泰) 4勝9敗1分 新人戦   公式戦勝率0.307                 
H6     春季リーグ 予選リーグ敗退理杯優勝 連盟主催公式戦勝率0.333 9位/14チーム 
      市大会    
      南部交流    
      秋季リーグ 予選リーグ敗退  
      解脱大会    
1993年 渡辺 17勝11敗 新人戦 準優勝 連盟主催公式戦勝率0.583 5位/14チーム
H5     春季リーグ 5位
      市大会  
      ファミリー杯  
      秋季リーグ 5位
      解脱大会 3位
1992年 天沼(光) 8勝9敗1分 新人戦   団員29名(7月) 公式戦勝率.470              連盟主催公式戦勝率0.429 6位/14チーム
H4     春季リーグ 予選リーグ敗退理杯優勝
      市大会 3位
      ファミリー杯  
      秋季リーグ 予選リーグ敗退
      解脱大会 3位
1991年 大平 22勝8敗2分 新人戦 3位 公式戦勝率0.733                  
H3     春季リーグ 決勝リーグ進出  連盟主催公式戦勝率0.741 2位/14チーム
      市大会 3位  
      ファミリー杯 優勝  
      秋季リーグ 準優勝  
      解脱大会    
1990年 中山 7勝6敗1分 新人戦   団員44名(5月)                  
H2     春季リーグ   連盟主催公式戦勝率0.538 6位/14チーム                      各大会の順位不明
      市大会  
      ファミリー杯  
      秋季リーグ  
      解脱大会  
1989年 新井 ?勝?敗?分 新人戦 優勝 団員53名                   
H1     春季リーグ   北本スポ少年団 創立20周年記念誌「躍動」 参照
      市大会 優勝  
      秋季リーグ    
      解脱大会    
1988年以前も中丸ブレーブスは活躍しています。資料の関係で1989年以降となっています。
理事長杯(春秋季リーグ大会で予選リーグを敗退したチームの大会)の勝敗勝率には含んでいません。
2001年より春秋季リーグは1リーグ制へ移行されたため、理事長杯は中止になりました。
2006年より春季県南代表決定戦1、2位のチームは県南大会出場ため春季リーグには不参加です。
last update:12/01/28
&copy2006 tomohisa onishi,All rights reserved.
setstats 1