私の選んだベスト5



第1位 君がシリーズ

ジャンル:現代学園(恋愛)物

ストーリー: S
キャラクター: S
描写: A
世界設定: ―
流れ: 連続式
視点: 一人称
比率: 7:3
ギャグの種類: シニカル、ズレ
長さ: 長編、本編完結済、只今番外編連載中
総合評価: A+
追記: ストーリーの素晴らしさは勿論のこと、それ以上にキャラが良い。
読み出すと止まらない(自分が)ので注意
主人公の変わっていくさまに注目
第二章から恋愛感情が絡んでくる
番外編に期待大


第2位 Bitter Orange, in the Blaze

ジャンル: 異世界FT
ストーリー: S
キャラクター: A
描写: A−
世界設定: A
流れ: 連続式
視点: 三人称
比率: 7:3
ギャグの種類: シニカル、変、ズレ、バカ、ギャップ、悲劇、現実逃避、
長さ: 長編(完結済)
総合評価: A+
追記: 改行の使い方が上手い。
例えるならばこの小説はフルコースであろう、定食のように一纏めに出すのではなく、
前菜、メイン、デザートと最も美味しく食べられる順番で食べさせてくれる。
さらに、重要なキーワードだけを掲示し、確信は見せないので、直ぐに先が見えてしまうことが無い。
その上、世界設定は徐々に出して行く方なので、説明で飽きる事は比較的少ない上に分かりやすい。
しかし……初めは話が進まないので退屈する――――とは言ってもギャグが有るので実際は
退屈しない―――かもしれないが、中盤からの展開は素晴らしい。


第3位 缶詰ヒーロー

ジャンル: 現代SF
ストーリー: A
キャラクター: A
描写: A−
世界設定: S
流れ: 連続式
視点: 三人称
比率: 5:5
ギャグの種類: アホ、下ネタ、ズレ、バカ、シニカル
長さ: 長編(連載中)
総合評価: A
追記: 一番の見所は設定。缶詰ヒーローというAI玩具
――とは言っても戦車砲ぐらいじゃビクともしない物――のあるチョット未来? の話。
戦闘描写もなかなか
勝手にあらすじ――ある日、ひょんな事から缶詰ヒーロを手に入れた主人公は、ある理由のため、戦いの中心へと向かう
「いくか」
「うむ、我らの未来のために」
(多少、美化されております。御了承下さい)



第4位 Variable Attacker  Another story “Team bullet”

ジャンル: 未来SF
ストーリー: A−
キャラクター: A−
描写: A+
世界設定: S
流れ: 連続式
視点: 一人称
比率: 9:1
ギャグの種類: アホ、シニカル、下ネタ、ズレ、ギャップ、変
長さ: 長編(完結済)
総合評価: A
追記: 設定は濃く、用語も多いが辞書が付いている上に小説中にも
その単語をクリックすると意味が表示されるので「この単語何だっけ?」という事態には陥らない。
行が空いていないので少し読みづらい―――それは作者の書き方の好みだが―――が特に重要視する問題でもない。
少々某ゲームネタが多いが用語辞典に対応しているので問題はない。
ガンダムなどのロボットSFが好きなら必ず読め。
空白の時間があるが未公開なのでストーリーが多少跳んでしまっている。


第5位 

界境楼門

ジャンル: 現代シリアスFT戦記物(SF)
ストーリー: S
キャラクター: A
描写: B+
世界設定: S−
流れ: 連続式
視点: 三人称
比率: 7:3
ギャグの種類: ズレ
長さ: 大長編、現在286話連載中
総合評価: A+
追記: 量質共に申し分なく私の中では君がシリーズとこれのどちらを1位にするかで迷った作品(同着1位でも可)
描写はB+だが独特の空気を持っていて不思議と苦にはならない。
第2章のみSFになる
FTはこれ無しでは語れない




TOP