NCラジアルソー 組手什の加工  

機械開発とプログラム
ホーム
ジオログ
Yahoo!ジオシティーズ


 組手切りのラジアルソー です。

 機械の操作 は、マウスでパソコンに指示をします。

 加工作業に熟練や慣れは要りません。材をセットしたらパソコンへ向かいます。

 ボタンは6つ。グループを4つ用意しました。24種のプリセットボタンが使えます。
 
 材を確認したら、加工種類ボタンを押して、開始を推す。一連の自動加工を開始します。

 組手什では、2m裏表2種、1m裏表2種、平板欠き2m、1mと2種を登録しています。

  

  


 画面には加工の進捗と、加工開始時間、経過時間が表示されます。
 途中停止、再開、加工取り消し、が選択できます。加工指示の途中からの加工もOK. 

 
 
 自動で加工は進み、組手什ができます。
   

 資質に寄らず、誰にでも容易に、間違いなく組手什が生産できる、という設備を目指しました。

 パソコンと機械は、無線LANで指令を出します。離れた机の上からでも操作できます。

 別のパソコン上で何処で何時作った加工ファイルでも、きちんと加工ができます。


 加工手順作成は、3つの方法で行います。

 1:同じピッチで繰り返し切り欠きは、材寸法、欠き深さ、ピッチを指定して、ボタンで自動作成します。

 2:1箇所づつ、間隔と欠き深さを入力しながら、手順を作っていきます。

 3:既にあるデータを修正します。全てを変更可能で、新しい加工手順を作成できます。

 (加工手順は、絵で表示されます。絵をクリックすると、加工データを確認できます。)
  
  
  
  左: 等ピッチ加工の生成をします。右:生成した手順の表示。絵のクリックでデータを表示します。


 作成したデータは、ファイルとしてパソコンに保存されます。

 ファイル名をプリセットに登録すると、読み出して即時に加工することが出来ます。,
  
  
  
 左: 等ピッチでの加工を連続で生成します。  右:1カ所づつ、加工量を指定して作成します。

 加工記録がファイルに保存されます。加工開始時間、終わり時間、加工ファイル名が保存されます。

 加工量、工数などの資料に使えます。また、サーバーのフォルダに保存も可能です。

   

 機械は、テーブル以外に刃物の前進後退、上下にNCが着いています。コストが上がってるわけで、

 組手什辺りには、NCはテーブルだけで良さそうです。

 価格は、中古機械の改造版で、テーブルだけの制御で、300万くらいになります。

 お問い合わせ等、当社へご連絡ください。