徳島県徳島市にある長崎鍼灸整骨院のホームページです。骨折・脱臼・捻挫・打撲・交通事故の施術・スポーツ外傷・ 鍼灸治療(肩凝り・腰痛など)ご相談ください。
長崎鍼灸整骨院

長崎鍼灸整骨院交通事故
長崎鍼灸整骨院
長崎鍼灸整骨院
交通事故でケガをしてしまった時、大半は病院で診察を受けます。出血している場合は止血をし、重篤な症状の場合は手術を行います。しかし、交通事故で一番多いのは、むち打ちや腰痛といった目に見えない症状を伴うケースです。病院(整形外科など)ではこの様な症状に対しどのような治療をするのかというと、まず、レントゲンやMRI・CTを撮り画像診断をし、そして、痛みのある箇所に電気を当てたり牽引をしたり痛み止めの薬やシップを処方してもらう……というのが大半だと思います。しかしこのむち打ちは、特徴として頭痛・肩凝り・めまい・耳鳴り・眠気・吐き気・手足のしびれ、などといった症状が長く続くことがあります。
長崎鍼灸整骨院
これらは「不定愁訴」と呼ばれ、他の人には言ってもわからない、患者様が一人で悩んでしまうという交通事故独特の症状です。これらは病院に行っても原因ははっきりしません。なぜなら、捻挫や筋肉のこわばりはレントゲンやCTでは解らないからです。医学的な問題のない、つまり症状が出る原因がわからないのであれば整形外科では根本的な治療はできません。そのため、頭痛には痛み止めの頭痛薬、肩こりには筋肉を柔らかくする筋肉弛緩剤といった風に症状に対しての対処療法が中心になってしまいます。薬を処方されれば一時的には楽にはなりますが、根本治療ではないため薬の効き目がなくなると、また症状に悩まされるといったことを繰り返します。それに対し、整骨院は東洋医学による治療を行うところです。東洋医学とは人間が本来もっている自然治癒力を高める目的で行う施術のことで症状の根本を治療していきます。症状をしっかりと問診し、患部を観察します。
手を使って触診しながら患部の状態を把握し適切な処置を行っていきます。治療法としては、柔道整復術・鍼灸・あんまなどがあります。薬を使わず治療に関する副作用も無いので短期間の手厚い治療ができるのが特徴です。交通事故の症状は約3ヶ月で症状が固定されるといわれていて、固定されると、症状の回復はほとんど見込めません。ようは受傷後の3ヶ月にどれだけ治療するかで、その後の経過が変わってくるので初めの3ヵ月は非常に重要になってきます。
皆さんが交通事故にあって身体の治療をしようと思ったら、まず病院(整形外科)に行ってレントゲンやCTで骨の異常や内蔵の損傷がないかを診察(画像診断)してもらってください。その後、何もなければそれで良いのですが前に述べたように「不定愁訴」の症状が現れた場合は、早急に東洋医学の施術を受けることをお勧めします。
当院では交通事故による不定愁訴について、しっかりとした知識のあるスタッフが適切な東洋医学の医療を提供しますので安心して一度お問い合わせください。
最後に、交通事故の治療には基本的に自賠責保険を取り扱いますので患者様の費用は一切かかりません。来院される前に保険会社に当院の名前と電話番号を伝えておいていただければ、後の手続きは当院で行います。
Copyright (C) 長崎鍼灸整骨院. All Rights Reserved.