夢想神伝流「流刀」
  
   
 長崎がんばらんば国体 剣道競技平成26年10月19日(日)〜10月21日(火)五島市中央公園市民体育館 

第496回全日本居合道大会(福島大会) 都道府県対抗優勝試合  

長崎県  代表選手決定

 
七段 
 高木 志伸(葉遊会 佐世保)
六段 
 廣瀬 正祐(静心会 長 崎)
五段  三根 博幸(遊道会 長 崎)

七段代表 高木 志伸 居合道教士七段
六段代表 廣瀬 正祐 居合道錬士六段

五段代表 三根 博幸 居合道 五段


全日本居合道都道府県対抗優勝試合要領

試合方法について

1.各連盟の代表3選手を、各段毎、3試合場に分けて抽選し、トーナメント方式により試合を行い、各段毎に第1位、第2位を決める。

2.勝者(不戦勝をも含む)には、勝つごとに1点を与え、各連盟選手3名の得点(勝数)の合計数を以って団体成績を決定する。但し、団体1位が同点の場合には、各々3選手の勝旗数により決定する。勝旗数が同本数の場合は、代表者戦により決定する(段位は、抽選による)。2位以下同点の場合も同じ。不戦勝には、勝旗3本を与える。

3.演技の本数

  • 試合時間は、技5本を6分以内とする。主審の開始の宣告から、正面の礼を終了し、携刀姿勢までとする。
  • 前項の本数のうち先に古流2本を抜き、後に全剣連居合3本を抜くものとする。
  • 全剣連居合の指定技については、大会当日、審判長より発表することとし、準決勝以上については、指定技を変えることもある。
  • 古流2本については、自由(各回戦毎に変える必要はない)。

4.試合者の進退

  • 試合者は、プログラム順により所定の試合場において待機し、呼び出しに応じて遅滞なく所定の位置につき、待機線にて相互の礼をしたのち、開始線の位置につく。主審の「始め」の宣告で試合を行う。
  • 正面(神座)への礼および刀礼は、演武の中に含まれるものとする(刀礼は全剣連居合による)。
  • 試合者は、演武を終えたのち(刀礼および正面(神座)への礼ののち)正面を向いて携刀姿勢で判定の宣告を待つ。
  • 判定の宣告後、試合者は待機線で互いに向きあって礼を行い退場する。
  • 試合者の服装は、剣道着または居合道着・袴を着用すること。
  • 各自、剣道着または居合道着の左胸部に名札をつけること(要項参照)。
  • 試合には大刀(真剣)を用いること。登録証は必ず携行すること。