夢想神伝流「流刀」

平成25年度 長崎県剣道連盟秋季居合道昇段審査会

 

 平成25年10月6日(日)長崎県立武道館(佐世保市)において、恒例の春季長崎県下
居合道講習会および初段より五段までの昇段審査会が開催されました。

【昇段審査】

今回の昇段審査は午後13:00より初段から五段まで実施されました。全日本剣道連盟制
定居合解説書に定める審判・審査上の着眼点をもとに厳選な審査が行われました。

審査結果は初段2名(100%)、二段5名(83%)、三段4名(100%)、四段5名(83%)

五段1名(33%)、合計受審者21名合格17名合格率81%でした。

審査会後に実技と学科合格者の発表が行なわれ、審査結果について加藤忠清審査委員
長より、説明がありました。今回の昇段審査は二週間前に開催された居合道伝達講習会並
びに午前中に開催された講習会で指導されたことが確実に身についていることが感じられま
した。 

【居合道講習会】

午前中の講習会は教士七段宮崎友彦居合道副部長より、全日本剣道連盟居合(制定居合
)説明があり、その後、居合道教士七段 月見一博 講習会・研修企画担当より全日本剣道連
盟居合の要義・審査上の着眼点の説明がありました。その後は段外から六段まで各段ごとに
別れ、七段の先生方が指導にあたりました。講習生はそれぞれが目的を持って先生方の指導
を受けていました。

 
午前中の講習会では全日本剣道連盟居合を真剣に取り組みました。
 
講習会では七段の先生方が全日本剣道連盟居合を詳しく指導しました。
 
女性剣士もたくさん参加しました。
 
控えの席でも緊張が伝わってきます。
 
立ち技だけの受験で見事、三段合格になるほど稽古されていました。
 
審査員も真剣そのものです。
 
全日本剣道連盟居合 7本目(三方斬り)抜きつけ
 
全日本剣道連盟居合11本目(総切り)切りつけ
 
全日本剣道連盟居合 6本目(諸手突き)抜きつけ
 
学科試験は覚えるのが大変です。
 
 居合道審査委員は紋付き袴の正装です
 
 恒例の居合道部集合写真です。平成25年10月6日(日)長崎県立武道館(佐世保市)にて

 

     平成25年秋季居合道昇段審査段別受験者名
受審段位 氏名 所属
初段 @ 吉武 美熙/ヨシタケ サトミ 友剣会
A 内嶋善之助/ウチジマ ゼンノスケ 友剣会
二段 @ 飛永 翼/トビナガ ツバサ 口之津健武館
A 岡村 拓郎/オカムラ タクロウ 対馬剣協
B 川谷 利夫/カワタニ トシオ 遊道会
C 平山 順寿/ヒラヤマ ジュンジュ 対馬剣協
D 石橋 善幸/イシバシ ヨシユキ 口之津健武館
三段 @ 畑中 舞/ハタナカ マイ 諫早市剣協
A 下田 宗慶/シモダ ムネヨシ 友剣会
B 山領伊都子/ヤマリョウ イツコ 葉遊会
C 東山喜久男/ヒガシヤマ キクオ 諫早神伝会
四段 @ 岩本 賢吾/イワモト ケンゴ 遊道会
A 吉井 芳子/ヨシイ フサコ 友剣会
B 中村 香織/ナカムラ カオリ 静心会
C 高崎 幸樹/タカサキ コウキ 対馬剣協
D 樋渡 彰/ヒワタシ アキラ 修道塾
五段 @ 立野信太郎/タテノ シンタロウ 静心会

 

(広報委員 高木志伸 取材:編集)