夢想神伝流「流刀」
  第48回全日本居合道大会(大分大会) 
都道府県対抗優勝試合        
(編集・取材:広報委員 高木 志伸)
 長崎県団体戦20位

個人の部 
七段  1回戦敗退 宮崎 友彦(長崎)
六段  4回戦敗退 平  禮道(長崎)
ベスト8
五段  2回戦敗退 三根 博幸(長崎)


第48回全日本居合道大会(大分大会) 都道府県対抗優勝試合が平成25年10月12日(土)大分県別府アリーナにて行われました。五段、六段、七段の都道府県代表選手がトーナメント方式で古流2本(自由技)、全日本剣道連盟居合3本(指定技)の計5本の技で対戦し、各段の個人のポイント合計が団体の総合成績となります。

本県からは監督として小林保彦居合道教士七段、選手として宮崎友彦(七段の部)、平  禮道(六段の部)、三根 博幸(五段の部)の3名が参加しました。また、審判員として宮崎賢太郎範士八段が参加しました。全日本居合道大会団体戦の結果は長崎県は47都道府県中、団体20位でした。優勝は地元大分県、2位神奈川県、3位が福島県でした。個人は七段の部  宮崎 友彦1回戦敗退 、六段の部 平  禮道4回戦敗退 、五段の部 三根 博幸2回戦敗退 でした。

 七段の部  宮崎 友彦選手
 
 六段の部  平  禮道選手
 
 七段の部優勝 小坂 隆一郎選手(大分)
六段の部優勝 原田  渡選手(神奈川)
模範演武 宮崎賢太郎範士八段(長崎)
 公開演武 高木 志伸 教士七段(長崎)