長良天神神社語由緒
長 良 天 神 神 社 御 由 緒
   鎮座地   岐阜市長良天神1972番地1

   御祭神   菅原道真公

   境内地   約5,000坪


   主要建物 本殿・拝殿(享和元年)祭文殿(昭和39年)社務所(昭和41年)神門・参集
        殿(昭和43年) 拝殿翼廊(昭和47年) 本殿解体修理・祝詞殿(昭和59年)

 承久年間(1219〜1221)美濃国の目代に任じられた、北面の武士斎藤帯刀左衛門尉親頼(さいとうたてわきさえもんのじょうちかより)を祖とする、美濃国の斎藤氏が氏神として、当神社を勧請す
 寛正年間(1460〜1466)斎藤帯刀左衛門尉利藤が本殿を造営し、永正年中(1504〜1520)斎藤帯刀左衛門尉利安及長井越中守長弘によって本社を修復し、天正16年(1588)池田三左衛門輝政社壇を構築寄進す
 江戸時代長良が尾張藩の所領となるや、尾張藩も亦当神社を尊崇し、藩主代替わりの都度に代参の派遣を恒例とし、七代宗春侯・九代宗睦侯・十二代齊荏侯は、親しく当社に参拝の事あり。また尾張の支藩高須城主も、本家と同じく篤い崇敬を寄せ、十代藩主義建侯は二度に亘って、心願と報賽の故を以って神額を奉納されている。
 かく武門の篤い尊崇が寄せられたので郷民の崇敬も亦厚く、長良三郷の惣社と仰ぎ、慶長年間(1596〜1614)に社殿の造営、元和年間(1615〜1623)に拝殿の再建、享和元年(1801〜1803)本殿の造営(現存)、嘉永5年(1852)に拝殿の造営(現存)を奉仕する等、古来より神威の高い神社である。
 昭和34年伊勢湾台風により、森厳な森の大木が倒伏、社殿が破損し昭和36年復興造営奉賛会設立、祭文殿新築・社務所新築・神門新築・参集殿新築・祝詞殿新築・翼廊増築・境内整備が行われ昭和61年完結し社頭の尊厳が一新、神威ひときわ高く輝き、現在に至る。
十代高須藩主徳川義建侯自筆
御神号の神額 神額 神額
       嘉永元年三月四日         副 額 嘉永五年三月
菅原道真公と牛と梅
菅公の御神徳
 当神社の御祭神「菅原道真公」は、天資学徳にすぐれ給い、五才の時庭の梅花を見て

     うつくしや紅の色なる梅の花

        あこが顔にもつけたくぞある

 と和歌を詠じ、十一才の時同じく梅の漢詩

   月輝如晴雪 梅花似照星 可憐金競転 庭上玉房馨

  (晴れ渡った空に月が輝いて、梅が星のように無数に咲き匂っているので、可愛そうに贅を尽くして造られている金殿玉楼が色を失っている)

 を作って神童の誉れ高く、十八才にて文章博士となられました。又、書道にも長じ給い、藤原行成、藤原佐理と共に三蹟と称えられ、宇多上皇の御信任厚く、第六十代醍醐天皇の御代右大臣に進まれたが、藤原時平のため強訴されて大宰府に流され、延喜三年二月二十五日薨じ給う。薨去と共に神異が起こり、天満大自在天神として顕現され、大宰府天満宮、北野天満宮に鎮祭されました。

 一条天皇の正暦五年(994)朝廷より、本社北野天満宮に「正一位天満大自在天神」(威徳天に充満し自在に霊驗を現わし給う神)の御神号が贈られ、朝廷崇敬二十二社に列された、学徳守護の篤い信仰が寄せられている神であります。

 爾後、文学守護の御神徳は、全国に広まり、庶民生活の中に天神信仰となって、科学文化の開けた今日では、学問守護はもちろん文化生活の守護神としても広く尊崇されています。
菅公と牛
 菅公のお生まれが丑年の日であって、菅公も牛に御関心が深く、御年十五才の元服の夜、白牛大木に打たれ死すの夢を見られ、それからその牛像を画かれて御拝されたと云うことです。

 寛平五年北山に茸狩のとき、山中で白い小牛を得給い愛育されましたが、其の後配所大宰府に赴かれる途中、河内の「こもやの里」で藤原時平の討手が菅公を殺害せんとするとき、この牛が馳けて来て、角でこの賊を突き殺しお助けしたと云われています。

 又、大宰府で薨じられた時、御棺を牛に引かして葬場に向かう途中、牛が坐して動かなくなった。其の処は丁度菅公が生前に御好みになった景地であったので、神意ならんと其の地に葬った。これが安楽寺であり、今の大宰府天満宮の地であると云うことです。こうした数々の言い伝えから菅公と牛とが信仰的に深く結びついています。

菅公と梅
 菅公は菅原是善卿の御子として、第五十四代仁明天皇の御代承和十二年六月二十五日丑の日に誕生されたと伝へられますが、その御屋敷が紅梅殿と称せられ、母君懐妊の時、梅実懐中に入るの夢を見給い御誕生の時、口中に梅実を含んで居られ、この実を庭に植えたるに一本の白梅となる。

 後世、菅公が大宰府に流され給うた時、筑紫に飛行したのが、この白梅だと云われて居ります。古来、梅の異称を「好文木」と言われて居り、文神である菅公と梅の結びつきも又神秘なものがあります。
  ホーム由緒年中行事挙式天神の森天神さま物語