干潟八万石物語
干潟八万石物語

千葉県の九十九里浜の北東、東総台地の下には広大な平野が広がっている。これが昔から「干潟八万石」と呼ばれている大穀倉地帯である。

干潟八万石の歴史は比較的新しく、寛文年間「椿海」と称せられた湖を干拓して出来た田園地帯である。

しかし、九十九里平野の隆起により「椿海」が誕生し、これが干拓され現在に到るまでには、多くの伝説や記録が御座います。それをこのページに纏めてみました。

干潟八万石物語ごゆっくりとご覧下さい!

注意!キッズgooリサーチ学校のページではページが開きません。
yahoo等、ほかのリサーチで御訪問してください!

 

干潟八万石物語

写真 新川 五間川と七間川の合流点(昭和30年頃)

干潟八万石物語

2008年 6月21日新 公 開

201
年10月25日最終更新

資 料
旭 市 史

匝瑳郡史

メールは 干潟八万石物語 こちらまで

 





目   次

干潟八万石物語

干潟八万石物語

干潟八万石物語

干潟八万石物語

干潟八万石物語

干潟八万石物語

干潟八万石物語

干潟八万石物語

干潟八万石物語

干潟八万石物語

干潟八万石物語