出張封印代行 京都
出張封印とは?
出張封印制度とはナンバープレートが変わる際に自動車をいちいち陸運局に持ち込まなくても、
行政書士がご自宅や自動車の置かれた指定の場所等まで出張し、古いナンバーを回収し、新し
いナンバーと封印を取り付けるという制度です。
どういう時に使うの?
自動車の名義変更や住所変更の際にナンバープレートの管轄が変わる場合に使います。
その場合には、ナンバープレートに封印をしてもらう必要があるため、新たな管轄の陸運局にいち
いち自動車を持ち込まなければなりません。
そして、その為に、業者にその手続きを依頼するのであれば陸送料が大きくかかります。
自動車が移動する陸送料金に比べると、行政書士だけの移動である出張料金は割安です。
又、平日に休みがとれない人や多忙である人は、行政書士に依頼すれば本人が休暇をとらずと
も、又いちいち陸運局に行かなくてもよく、且つガソリン代も不要である為メリットがあります。
出張封印の条件
この様に便利な出張封印でありますが、現状では制約があります。
個人間の譲渡であること(会社も可)
他府県から京都府への持ち込みであること
業として自動車の売買に関わる自動車(車検証所有者が自動車販売業者の場合)でない事
必要な際は、是非行政書士にご依頼下さい。