会社設立
株式会社設立のメリットとは?
事業主さんの中には、個人事業から会社組織にしようかな?と考えている方が多いと思います。
まずは、法人化のメリットについてお話します。
1.社会的な信用度が増大する。
法人化しますと、定款を作成していますし、登記簿で会社概要が明確にわかる為、取引先からの
信用が増し、融資も受けやすくなります。
2.無限責任と有限責任との違い
個人事業の場合は、倒産すると借金返済の為、自己所有の土地や建物まで処分しなければなら
なくなります。
しかし、会社組織の場合は個人と会社の財産が区分されている為、個人所有の財産は処分する
必要がなく出資金以上の責任を追及される事はありません。
3,赤字経営でも、給料が貰える。
個人事業では、給料は黒字経営の場合だけに発生します。
しかし、会社組織の場合は赤字でも給料は貰えますし、課目は役員報酬なので経費処理となりま
す。
さらに、一定の賞与や退職金も経費処理が出来ます。
4.生命保険他の控除が受けられる。
会社が契約者、被保険者を経営者とする事で一定のものは経費処理とする事が出来ます。
個人事業では、経費処理出来ません。
5.ある一定の課税所得を超えると、会社化した方が税金が安くなる。
法人税の税率が定率課税であるのに対し、個人事業の所得税が累進課税である為生じます。
法人の課税所得を、役員報酬に転嫁出来れば給与所得控除が生じる為、税負担が少なくなります。
6.相続税の問題
個人事業の場合は、事業用財産でも相続税がかかりますが、会社組織では会社財産に相続税
はかかりません。
7.必要経費が認められる幅が多い。
個人事業では、認められない経費が会社組織では認められる場合があります。
8.厚生年金や健康保険に加入できる
事業主や従業員が厚生年金や健康保険に加入できる事は個人事業に比べ大きなメリットです。
他にも、いろいろとメリットはありますが主なものを挙げてみました。
株式会社設立の手順
参考までに、会社設立の一連の流れを記述しておきます。
1. 発起人の決定
2 類似商号の調査・会社の目的・本店の住所を決める。
3 会社実印の作成(丸印でも角印でも可一辺が1センチ以上3センチ未満・代表取締役の印鑑証
明書の取得)
4 定款を作成し、公証人役場で認証してもらう。
(定款3通・発起人印鑑証明書1通ずつ・代理人を立てる場合は発起人委任状・身分証明書要)
5 発起人による出資の履行(発起人が定めた銀行等の口座に払込
6 代表取締役が、法務局に赴き設立登記の申請をする。(申請後、3日乃至4日で成立)
印鑑(改印)届出書
登記すべき事項
株式会社設立登記申請書(代表取締役が作成)
(添付書類)
定款
発起人の同意書(定款に記載ある場合は定款定款の記載を援用すると記載)
設立時取締役の就任承諾書(人数分)
印鑑証明書(人数分)
設立時取締役及び設立時監査役の調査報告書及びその付属書類(現物出資の場合)
払込みがあったことを証する書面(預金通帳のコピー)
資本金の額の計上に関する設立時代表取締役の証明書
株式会社設立後の手順
税務署・社会保険事務所に届け出をし、会社名義の銀行口座を開設する。
(税務署)
個人事業の開廃業等届出手続
内国普通法人等の設立の届出
源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請
青色申告書の承認の申請
希望により行政官庁(許可変更届他)への届出を代行致します。
株式会社設立にかかる費用の合計は?
●公証人役場に支払う費用(収入印紙代4万円・定款認証手数料5万円・謄本手数料250円×枚
  数)
●法務局に支払う登録免許税(出資金の1,000分の7但し最低株式会社の場合は15万円)
会社設立は、当事務所に相談下さい。