交通事故
交通事故における行政書士の業務としては、以下の様なものがあります。
〇交通事故全般の相談業務
〇自賠責保険請求手続・仮渡金、内払金の支払い請求手続き
〇損害賠償請求書・損害額計算書の作成
〇後遺障害等級認定の申請書及び後遺障害等級認定結果に対する異議申立書の作成
〇事故原因調査
〇示談交渉の同行・サポート
〇政府保障事業制度の請求手続き
〇示談書・内容証明・告訴状の作成
〇損害保険会社に対する通知書の作成
〇調停・訴訟・交通事故紛争処理センターのサポート
弁護士費用等担保特約加入者は、損害保険会社の同意を得れば、行政書士の相談業務・自賠
責保険の手続きや損害額を挙証する書類、事故発生状況報告書の作成費用の所定限度額の範
囲を損害保険会社が支払う事になっています。
次に、交通事故の損害賠償の具体的な内訳について記述します。
傷害事故の損害賠償
<財産的損害>
積極損害…治療費・付添看護費・入院雑費・交通費・家屋、自動車の改造費・装具・学習費、保育
        費・弁護士費用
消極損害…休業損害・後遺症による逸失利益
<精神的損害>…入通院慰謝料・後遺症慰謝料
死亡事故の損害賠償
<財産的損害>
積極損害…治療費・付添看護費・交通費・葬儀費用・弁護士費用
消極損害…逸失利益
<精神的損害>…死亡慰謝料
物損事故の損害賠償
車両修理費・代車使用料・休車補償・評価損
自動車損害賠償責任保険請求
被害者請求の場合について、必要書類を記述しておきます。
〇保険金(共済金)・損害賠償額・仮渡金支払請求書
〇交通事故証明書(人身事故)
〇事故発生状況報告書
〇医師の診断書又は死体検案書(死亡診断書)
〇診療報酬明細書
〇通院交通費明細書
〇付添看護自認書又は看護料領収書
〇休業損害証明書又は確定申告書(控)など
〇請求者の印鑑証明
〇委任状及び委任者の印鑑証明(第三者に委任する場合)
〇戸籍謄本
〇後遺障害診断書
〇レントゲン写真等