つきまとい・ストーカー
つきまとい・ストーカー
「ストーカー行為等の規制に関する法律(ストーカー規制法)」があります。
この法律により「つきまとい」や「ストーカー」行為をする者は処罰され、被害者は援助され、被害
者はストーカー行為者の被害から守られることになります。
つきまとい行為の種類
つきまとい・待ち伏せ・立ちふさがり・見張り・押しかけ
監視していると告げる行為又は類似の行為
面会・交際・義務のない事の要求
粗野または乱暴な行動
無言電話・連続した電話・連続したファクシミリ
汚物・著しく不快または嫌悪な物の送付
名誉を傷つける事項を告げる
性的羞恥心の侵害またはその文面、図面の送付
ストーカー行為とは、同一人に対して前述の「つきまとい等」を反復して行なうことです。
対処法
事件を公にしたくない場合や被害者だけでは対処が難しい場合は、行政書士が援助致します。
内容証明郵便の作成による行為の中止
告訴状の作成(つきまとい・ストーカーを告訴により処罰を求める。)
(加害者は、「6月以下の懲役又は50万円以下の罰金」に課せられる。)
加害者特定の為の援助・被害者の保護
警察権介入の場合の対処法
警察に申し出て、「警告申出書」を提出すると、警察署長からの「つきまとい・ストーカーに対する
警告」があります。(場合により仮の禁止命令が出されることもあります。)
それでも行為がなくならない場合は、公安委員会から禁止命令があります。
(加害者には、聴聞手続きを行なって弁明の機会が与えられます。)
それでも行為がなくならない場合は、「1年以下の懲役又は100万円以下の罰金」が課される。
つまり、禁止命令を無視すれば公訴よりも罪は重いです。
被害者の心構え
加害者を特定する。
被害の証拠となるものはすべて録音・保管しておく。
セクハラ
セクシュアル・ハラスメントには、環境型と対価型とがあります。
性的な言動により職場の就業環境が破壊されるもの
性的関係を持つことを条件に待遇改善他を約束し、断ると不利益を生じさせるもの
セクハラの対処法
雇用主に相談する。(会社にはセクハラにより不利益を受け就業環境が害されることがない様
に雇用管理上配慮する義務があります。
行政書士に内容証明で、行為の中止・損害賠償・慰謝料・治療費・休業補償他を請求する。
美人局(つつもたせ)
美人局(つつもたせ)とは
1 女性が性交に応じる振りをして予め男性幾人かと打ち合わせをしておき、密会男性をラブホ
テル等孤立した環境に誘い込みここに待ち伏せした男性がこれを脅して金銭を恐喝する。
2 夫婦で共謀し女が男性と密通し、それを以って男が事後に密通相手に金銭を恐喝する。
対処法
よくできていますが、考えてみるといろいろな疑問点が浮かびます。
脅した男性と女性とは本当に夫婦であるのか?
貴方自身は、その女性が既婚者であると知っていたのか?
既婚者であるとしたら、何故密通がわかったのか?
何故、男性が予め待ち伏せしているのか?
最終的には、美人局であるとわかったら恐喝容疑にて警察に被害届を提出することになります。