内容証明
内容証明は、主に他人に自己の権利を主張する時や義務を課す場合やクーリングオフ・時
効の中断等に於いてよく使い、ひじょうに有効です。
いきなり裁判に持ち込むより、その前の内容証明で万事解決したという事例も多々あります。
実際、当職も何度もこの内容証明をきっかけに問題を解決することが出来るに至りました。
それより、困った時にはまず内容証明からという事が言えます。
内容証明郵便作成は、是非行政書士に依頼して下さい。
内容証明とは?
内容証明とは、郵便法による「内容証明制度」を利用して発送される特殊な取り扱いをされる郵
便物の事です。
内容証明の意義は?
原本は郵便局に保存してあるので、郵便物が相手に確実に配達された事を証明できます。
普通郵便なら、破棄されても「聞いていない!」という返事が返ってくる事があります。
日付が入っているので、いざ裁判になった時の有力な証拠になります。
文章内容は郵便局にて保管しているので、紛失してももう一度内容を証明して貰えるので安
心です。
文面には、通常「もし…期限内に…をしない場合には、法的手段をとらせて頂きます。」 とい
った内容が多いです。
従って、これが裁判をおこす前の最後の通告であるという事が相手にはっきりわかります。
内容証明のメリット
相手方に、心理的圧力・威嚇し事実上の強制の効果を与えます。、
裁判になった時の証拠を作り、相手方の出方を窺う事ができます。
内容証明のデメリット
出す時期を間違えると、解決する所が逆に敵愾心をおこさせややこしくなります。
親しい間柄・今後も友好関係を保ちたい場合は、心証を害し関係が悪化します。
内容によっては、脅迫罪・恐喝罪・強要罪になる事があります。
差出人にも過失があると、逆に相手側から損害賠償請求がくる事があります。
内容証明は一旦出すと撤回できませんので、慎重に出すようにしましょう。
内容証明の具体的なケース
いろいろな場面が考えられますが、著名なケースを下記に挙げておきます。
貸し金請求 借地借家の契約更新拒絶の申し入れ 債権放棄・クーリングオフ・各種契約解除
敷金返還請求 婚約破棄に伴う慰謝料請求 協議離婚・内縁関係解消申し入れ
売掛金の時効の中断 子供の認知申し入れ 子供の養育費支払の請求・引渡しの要求
債権譲渡通知 債権回収 名誉毀損に於ける慰謝料請求
給料支払請求 婚約破棄に伴う結納金返還請求・慰謝料請求 不倫相手への交際中止・慰謝料請求の申し入れ
迷惑駐車・日照権侵害・騒音・動物被害他の行為中止申し入れ 相続慰留分減殺請求・遺産分割協議申し入れ 交通事故・身の回りの事故に於ける損害賠償請求
セクハラ・ストーカーへの行為中止・損害賠償請求 教師の生徒への暴行に対する本人及び学校長、教育委員会に対する損害賠償請求 不当解雇
内容証明にかかる料金
内容の証明 1枚420円、以降1枚増す毎に250円追加
普通郵便料金 80円
書留料金 420円
配達証明 300円
行政書士に内容証明作成を依頼する利点とは?
行政書士の名前と職印とで、普通の個人名よりも効果は当然増します。
実印は四角形で厳然としていますから、普通の人間であればいきなりそんなものを受け取っ
てしまえば堪ったものではありません。ビビッてしまうでしょう。
行政書士に内容証明を依頼したとあれば当然次の手段が何であるのかはっきりわかります。
その事が、文面から当然わかる筈ですから無視はできない筈です。
この内容証明作成は、従来から行政書士固有のメイン業務になっています。
内容証明依頼の手順
1. お客様から、電話及びメールにて依頼内容を聞きます
(依頼されたら必ず内容証明を作成するとは限りません。他の方法が良い場合もあります。)
面談ご希望の場合は、直接面談致します。
2. 内容証明作成に必要な書類(証拠書類・契約書他)を、FAX或いは持参してもらいます。
3. 事柄の推移、送付先住所・名前・電話番号、お客様の住所・名前・電話番号をメール・FAX或
いは持参してもらいます。
4. 内容証明を作成致します。
5. FAX或いはメール・持参にて、内容証明の文章内容を一度見てもらいます。
6. ご要望により、修正があれば内容を修正します。
7. 内容証明を、郵便局に出します。(配達記録は、必ずつけます。)
8. 内容証明原本及び書留・配達記録 郵便物等受領書を、お客様宛に郵送致します。
9. その後のフォローが必要であれば、適時相談・助言致します。
当事務所では、1個1個の案件毎に打ち合わせの上最適な内容証明を作ります。
当方で書類作成及び提出代行致しますから、面倒な手続きから解放されます。
内容証明作成の行政書士報酬
郵便料金すべて込みで、一律15,000円です。当方で、作成した内容証明を郵便局から郵送致し
ます。個人の方は、料金先払いでお願いしています。
Q.経費としては、どれ位かかるのですか?
経験上、大体の内容証明郵便は長文になり2枚にまたがります。従って、郵便料金が1470円、コ
ピー代金が60円、封筒が2通で20円、内容証明原本郵送料金が80円、内容証明が2枚にまたが
る場合は、依頼者の認め印が必要となります。遠方から依頼の場合、いちいち認め印を郵送し
てもらう訳にもいきませんので、こちらで認め印を購入します。その料金が、105円〜515円です。
.従って、経費合計は1,735円から2,145円位かかります。
Q.内容証明郵便作成の為には、こちらも面倒なのではないですか?
いいえ、今はパソコンメールや携帯メールがありますので、それのやり取りだけで終わらす事
ができます。実際お会いする事なくしてメールのやりとりのみで内容証明を送付する事がかな
り多いです。又、当事務所は作成したすべての内容証明の郵便局への提出代行をしています。
従って、ほとんど煩わしさを感じることなく内容証明を送る事ができます。
Q.内容証明で解決できるのですか?
ケースバイケースです。例えば、会社相手に送るのと個人相手に送るのとでは会社相手の方が
解決出来る確立が高いと思います。何故なら、会社は社会的信頼上に成り立っているからです。
個人相手ですと、無責任な人や既に居直っている人の場合はひじょうに解決しにくいです。
それでも、最終段階である裁判時の有力な証拠には当然なります。
損害賠償請求の場合ですと、内容証明の請求額は社会的相場位の額の方が決まりやすいです。
概して、請求者は相場よりも高い額を請求したがりますが、それでは解決がしにくくなります。
内容証明の目指す所は、訴訟前での示談ですから、一般的な相場位が妥当です。
又、いざ訴訟をおこすとなると、訴状の作成もさる事ながら裁判所に何回も赴かねばなりません。
それは、相手方とて同様です。もし内容証明で解決できれば、煩わしい手続きは不要となります。