雲取山


山名(山域) 山行日
コース
雲取山
(2017.1M)
1999/10 1泊2日 三条ノ湯〜雲取山〜雲取山荘(泊)〜小雲取山〜七ツ石山〜鷹ノ巣山〜六ツ石山〜奥多摩駅


雲取山は東京都の最高峰として人気の山です。もちろん日本百名山です。
いくつものコースがありますが、今回は三条ノ湯から登り、雲取山荘に1泊、そして昔ながらの登山道・石尾根コースを下りました。

JR奥多摩駅6時52分の丹波行きのバスでお祭りと言うバス停で7時50分におりました。
はっきり言ってお祭りまで行くバスの本数は少ないです。事前にチェックして下さい。
バスをおりて三条ノ湯までは後山林道を約3時間半歩くことになります。
ナフナフ夫は何度か歩いたことがあるので、『林道歩きは...』と、渋りながら歩いていました。
30分ほど進むと、後からクラクションの音!
数分後には車上の人になっていました。
どうもどうも。車に乗せていただくとは、山を愛する山歩きの方々に申し訳ないです。
車で約30分、林道の終点に到着です。『よ〜し、ここからは歩きだ!?』

車をおりて、紅葉の山道を進むと30分で三条ノ湯に着きます。
ここで一息入れて本格的に山歩きです。
青岩鍾乳洞への道を右に分けて、三条ノ湯から約2時間で見晴らしのいい『三条ダルミ』に着きます。
やはりここで大休憩。とにかくこのあとの登りは急坂ですから。
たっぷり休んでからいざ出発。10歩進んでは小休止!と言うような急坂を一気に登ります。

雲取山の頂上で 改築直後の雲取山荘
KUMOTORI4A
KUMOTORI3A


12時15分、たどり着いたのは、雲取山の頂上です(左上の写真)。
東京都の最高峰らしく素敵な山です。
最後の登りが大変な分、頂上に到着した時の気分は最高です。
左上の写真は山梨県側のピークです。東京都側のピークは別にあるので油断しないように。
富士山もドーンと姿を見せてくれて、ナフナフは持参のビールで乾杯!
ちょっとだけ紅葉の奥秩父の山々の景色を眺めながら、ゆっくり1時間ほどビールを頂きました。

たっぷり休んで体も冷えてきたので、今夜の宿に向かいます。
雲取山から北側にゆっくり20分下ったところにある雲取山荘です。
右上の写真でもわかるとおり、ご存じの人気の山小屋はなんと建て替えたばかり。
おまけに新築祝いまでいただきました。
ナフナフ妻は木の香りの残る小屋が気に入ったと大喜びでした。

翌朝は5時半に朝食をいただき、6時前に出発です。
まず、雲取山の頂上まで登り返します。ゆっくり25分です。
ここでゆっくりしようと思ったのですが、寒かったのですぐに下山を始めました。
小雲取山を過ぎると下の写真のような見事な紅葉、いつまでも見飽きないきれいな景色でした。

KUMOTORI2A


『ブナ坂』から『七ツ石山』を登り、さらに『鷹ノ巣山』方面へと進みます。
『七ツ石山』を過ぎて『千本ツツジ』のあたりから尾根を少し下がったところを歩きます。
そのため『高丸山』や『日陰名栗峰』のピークを巻いてしまいました。残念!
そして『鷹ノ巣山』の手前にある避難小屋までの約1時間は視界も開けず単調な道です。
おまけに道も細くて休憩の場所がほとんどありませんでした。
ナフナフはお腹が空いて、どこかで休みたいと立ち止まってしまったのですが、その先2分で避難小屋のベンチが待っていました。
このあと、25分の登りで鷹ノ巣山(1736.6メートル)へ到着です。
さらに20分で『水根山』(1620メートル)ですが、この間の道は、広々として気持ちがいいですよ。

この先『城山』からいったん急降下して平坦な道に出て、やがて六ツ石山の分岐です。
分岐から数分の登りで『六ツ石山』1478.8メートルの頂上です。
ナフナフの到着後、奥多摩湖畔から登ってきたハイカー達で広い六ツ石山の山頂も超満員になりました。
ナフナフは11時過ぎに到着し、1時間ほどの昼食のあと奥多摩駅に向かいました。
『三ノ木戸山』を過ぎると深いV字の道になります。ぬかるんでいてよく滑る道です。
ナフナフは二人とも転びました...で、V字のぬかるみを避けて横の藪を歩いたのです。
と、遠くから女性の声が...どうやら道に迷っているらしいので、『こっちだヨー!』と誘導してあげました。
V字の道から外れると、本来の道がどこなのかわからなくなるのでご注意を!
事前に聞いてはいたけれど、それにしても大変な道でした。
14時40分無事に羽黒三田神社に到着。長いながい石尾根コースも終点です。
そのあと一下りでJR青梅線奥多摩駅に到着です。もちろんナフナフ夫は酒屋さんを探してビールでした。

<<< ナフナフからの一言 >>>
今回の山行は10月下旬だったので、紅葉も素晴らしかったです。
雲取山から一気に奥多摩駅まで下る石尾根コースは長いですが歩き慣れた方には最高でしょう。
天気と体調のいい日を選んで是非、試して下さいネ。


山アルバムへ戻る

ナフナフの旅アルバム