ヴェルタースオリジナルネタ


元ネタを知らない方はこちらからみることをお勧め致します





初めてのスカウター。
それはフリーザオリジナルで、私はサイヤ人の王子でした。
その性能はとてもすごく、こんな素晴らしいスカウターをもらえる私は
きっと誇り高きサイヤ人だと感じました。今では私がサイヤ人の王。
部下、息子にあげるのはフリーザオリジナル。
なぜなら彼らもまた誇り高きサイヤ人だからです。








初めての肉の芽
それはDIOオリジナルで、私は孤独なスタンド使いでした。
その洗脳っぷりは甘くてスゥイートで、こんな素晴らしい肉の芽をもらえる私は
きっと素晴らしきスタンド使いだと感じました。今では私はお祖父さん
ジョルノ、ミスタにあげるのはもちろんDIOオリジナル。
なぜなら彼らもまた素晴らしきスタンド使いだからです








初めてのデスノート
それはリュークオリジナルで、私は高校3年生でした。
その効果はすばらしく眠れない日もあり、こんな素晴らしいデスノートをもらえる私は
きっと新世界の神になれると感じました。今では私は新世界の神
妻、息子にあげるのはもちろんリュークオリジナル。
なぜなら彼らもまた新世界の神となりうる存在だからです。








初めての副隊長推薦。
それは市丸ギンで、私はしがない隊長でした。
その人物は有能で、こんな素晴らしい部下をもらえる私は
きっと憧れの存在だと感じました。今では私は大逆の罪人。
吉良君、雛森君を推薦したのはもちろん憧れの感情。
なぜならそれは理解から最も離れた感情だからです。








初めてのポケモン
それはオーキドオリジナルで、私はマサラタウンの一人の少年でした。
そのポケモンは大変すばらしく、こんな素晴らしいポケモンをもらえる私は
きっとポケモンマスターになれると感じました。今では私はポケモンマスター
息子にあげるのはもちろんオーキドオリジナル。
なぜなら彼らもまたポケモンマスターとなりうる存在だからです。







髪型だけ原型verはこちら

戻る