なべこざか
鍋 子 坂


鍋子坂 兵庫県の山間部、揖保郡新宮町に鍋子坂(なべこざか)と呼ばれる峠がある。
戦国の世、この峠(坂)の頂上である武士が首を刎ねられた場所と言い伝え、刎ねられた首が峠の北に転がったため、その地を「篠首(死の首)」と呼ぶようになったと言う。
それゆえか、深夜ここを通ると突然目の前に巨大な人間の首が上から落ちてくるという話があると聞き、現地を訪ねてみる事にした。一部の若者らの間ではここは所謂“心霊スポット”として知られているらしく、焼身自殺の跡が残っているという話などもあった。

小さな集落と集落を結ぶ一本道は車一台分ほどの狭い山道で、山間を縫うように曲がりくねって続jく。暫く走ると小さな峠に出て、車がすれ違えるように広くなっていた。切り通しのようになった峠の山の上には地蔵尊が祀られている。恐らくは村に疫病などが入って来ないようにとの願いから峠などの村の境に建てられたものであろう。
私が訪れた時は日中だったのだが、それでも道中は深い木々が立ち込め昼尚薄暗く、街灯も無いので夜ともなればさぞや無気味だと思われる。
峠を下ったところに地元の人が居られたので尋ねてみたのだが、特に不思議な話などは聞いた事が無いということだった。

突然頭上から巨大な人間の首が落ちてくるという話を聞いて、私は妖怪「釣瓶落とし」(つるべおとし)の事が思い出された。水木しげる氏の著書などでご存知の方も多いのではないだろうか。
釣瓶落としとは、大木の梢などから突然巨大な人間の首が落ちてくる(下がってくる)というもので、近畿、四国、九州などにその伝説がいくつかが残っており、とりわけ京都に多く出没したと言われる。
京都は曾我部村字法貴(現 京都府亀岡市曾我部町法貴)に現れた釣瓶落としは、現れる前に「夜なべすんだか、釣瓶おろそか、ギイギイ」と言って下りてきたと伝え、また道行く人を取って喰らったと伝え、この釣瓶落としが現れると言われる榧(かや)の木の下は夜ともなると通る者が居なかったという。 鍋子坂に現れるという巨大な首は、この釣瓶落としだったのだろうか…

山間部の集落にある小さな峠に立つと車の轟音さえ遠くに聞こえ、周囲は静寂に満たされている。
「或いは此処ならば…」
釣瓶落としは今も人々の心の中に生き続けているのだろう、私はこの峠でそんなことを思った・・・

鍋子坂:兵庫県揖保郡(現 たつの市)新宮町福栖

Special thanks to Black Velvet
鍋子坂には「Unsolved」のBlack Velvet氏と訪れました。その記念としまして、今回、文章をBlack Velvet氏にお願い致しました。





menu