やくらひめじんじゃ
八倉比売神社
(卑弥呼の陵墓)


卑弥呼の陵墓? 数ある邪馬台国論争の中に、「邪馬台国は阿波だった」という邪馬台国阿波説がある。
その根拠や検証の過程は割愛するが、その説によると、邪馬台国の女王卑弥呼の陵墓は徳島市の矢野神山(気延山)南陵の八倉比売神社にあるという。
八倉比売神社は、正しくは正一位延喜式官幣大社天岩門別八倉比売神社(あまのいわとわけやくらひめじんじゃ)といい、祭神は天照大神。邪馬台国阿波説によると、卑弥呼とは“日の巫女”であり、大日霊女命(おおひるめのみこと)、つまり八倉比売神社の祭神天照大神のことだと説いている。
矢野神山自体をご神体とし、山や岩、木に神が宿るとする古代信仰の形を今に伝えている。
この矢野神山には200基近い古墳があり、江戸時代、神陵(古墳)の一部を削り本殿を造営。この本殿裏の神陵(古墳)が卑弥呼の陵墓だと伝え、神社に伝わる由緒には、塚に“金印”が埋められたことまで記されているという。後円部の直径は約35m、頂上部には五角形の祭壇が築かれ、祭壇の上には永遠の生命を象徴するという鶴亀の石が祭られている。

八倉売神社:徳島県徳島市国府町西矢野 矢野神山





menu