ツーリングで頭を悩ますのは恐らく天候、宿泊、そして食事ではないだろうか?そのうち天候に
ついては自分の力では如何ともしがたい。こればっかりは運だ。しかしあとの二つ、とりわけ食事に
ついては全て自分次第でどうにでもなる。


 キャンプツーリングをする人の殆どが恐らく炊事道具の一式を持っているとは思う。あとはそれを面倒臭がらずに
道具を使うか、使わないかのどちらかである。確かに荷物は増えるし、時間にも追い立てられてなかなかノンビリと
食事の準備をする余裕は無く、ついつい外食やコンビニ弁当などに頼ってしまうケースが多いのではないだろうか?

 確かに時間的にも労力的にも外食に頼ったほうが楽であることには間違いない。金さえ払えば、それだけで済むか
らである。しかし一人暮らしの経験者ならわかると思うが、外食と言うものも毎日毎食続けていると飽きてしまうものだ。
特にコンビニ弁当は、味は違っても臭いというか、あの独特感は一緒だ。普段ちゃんと自炊している俺でも最初は物珍し
くて楽しみだが、3日間もコンビニ弁当が続くと次第に飽きてくる(別に普段の食事が豪勢というわけではないのであしか
らず)。

 ということでたまには外食ということになるのだが、昼飯ならともかく、朝、晩と続くとこれも参ってしまう。そもそも朝から
営業しているところは全国チェーンの吉○とかしか無く、田舎にいくと探すのが難しい。
晩飯ならどこでも営業している
けど、総じてカロリーが高く、バイクで来ているようならばそのままビールというわけにもいかない。


  俺も最初の頃は余裕も無く、手際もわきまえていなかったのでついつい弁当や外食に頼りがちだったが、次第に自炊
派に変わっていった。勿論要領が良くなったことや、普段食事を作っていることなどもあるが、他にも理由はある。

 まず知らない土地に行ってまで、そこらにあるような飯は食いたくないということ。せっかく知らない土地に行っ
ているのに、食堂に入って「焼肉定食」やら「野菜炒め定食」なんて食おうとは思わない。別に定食に拘らず、洋
食でも同じ。地元で食えるものを敢えて旅先で食うことが馬鹿馬鹿しいのだ。

 勿論、その土地名物の料理があって、そこでしか食えないようものならば、それは店に入って食うしかないから仕方が無
いけど、スーパーで手に入って自分で調理すればなんとかなりそうなものであれば、極力自分で料理して食うことにしてい
る。

 旅先での楽しみの一つに、地元のスーパーに入っての食材探しがある。これは地元の人が普通に使っている
スーパーに入って、俺にとっては珍しいものを探すのだ。地元の人にとってはなんともない普通のものでも、余所
者の俺には「なんだーこりゃぁ!?」というものがある。全国何処でも手には入るが、そこが特産だとしても、店で
食うよりは遥かに安く食材が手に入ることだってある。
実際に俺が全国を旅してきて、こりゃぁ絶対にここでしか手に入ら
ないと思ったものに、次のものがあった。


 天草でキャンプした際に、地元のスーパー(多分生協だったと思うが・・・)に入ったら、生肉売り場で「馬の卵巣(だったかな
ぁ・・・ちょっと部位は忘れたけど、見た瞬間「ええっ!」と思ったのは覚えている)」が売られていた。勿論生のままで血も付い
ていたのは言うまでも無い。興味が湧いて買おうとしたが肝心の食い方が判らなかったので、そこらを歩いていたおっちゃんを
捕まえて聞いたら「一口大に切って、塩で食うんだ」と教えてくれた。早速持ち帰って食ってみると、な、なんという旨さ!確かに
見た目はゲテモノだが、食ってみるとレバ刺しのような食感で実に旨かったのを覚えている。

 これをもう一度食いたいと思って、2003年秋の九州ツーリングでも天草と阿蘇にキャンプを張って地元スーパーへ行ったが、
ついに探すことは出来なかった。今となっては幻の食材なのかもしれないな。どなたか情報を知ってる方がいらっしゃれば、是
非一報くださいませ!

 というわけで、とにかくスーパーで購入すれば普段より安価に入手でき、野外でランタンとヘドラを頼りに炊事するのも楽し
いものある。周りに同じようなキャンパーが居たら是非声を掛け合って、共同で炊事してみてはいかがだろうか。


 最近は余り見かけなくなったが、俺が学生の頃は、キャンプ場に行けば(特に夏の北海道)、どこでも自然と輪が出来て宴会
になり、ツーリング談義やいろんな人生の話などに花が咲いたものだった。
 
おそらく、見知らぬ同士がキャンプ場で一緒に飯を食い、酒を酌み交わすことなど、ライダー同士以外には絶対と
言ってないことだ。俺は山も登るが、山でのキャンプ場(テン場という)でも、これほど親しく一夜を明かすような関係
はまず築けない。逆を言えば、それだけライダー同士の結びつきというものが大きいという証でもある。以上が第2の
理由。


 とりわけ楽しかったキャンプ場での出来事は、何時まで経っても忘れないものだ。いまだに付き合いのある人もいるし。

 お金のことだけど、まず断っておくが買い方によっては外食より高く付く場合も多いということも承知してください。。ビールや
酒なども一緒に買えば、2、000〜3,000円位を使ってしまうかも。まぁ次の日の朝は晩飯の残りでなんとかなるでしょう。

 お米は自宅から持っていくのもいいけど、大きなスーパーならペットボトル入りのお米も売られているし、1kgくらいの小さな
精米を買ってもいいと思います。

 まぁごちゃごちゃ書いてしまったが、焚き火でもしながら炊事をし、旨い酒を飲みながら食う飯は、決して外食では
味わえない旨さであることには間違いないだろう

自炊のススメ