俺もネットオークションで買ったけど、確かに持っている感じがしないほど、軽いな。普通の鉄のコッヘルもオークションで買って持っているので重さを比べると歴然としてるもん。

 やっぱりチタンは高級だけあって、直接火に掛けられない(単なる貧乏症?)。おこげとか作ってガリガリしたらどうなるのかな?とか考えると、ちょっと勇気が居る。

 と言うことで調理には鉄のコッヘルセットを、食うにはチタンを使用している。

 パッキングで体積が張る?いえいえ、そのあたりはちゃんと考えて、チタンのコッヘルセットは、鉄の鍋にスッポリ入る大きさなんですよ。だから鉄の一番大きいコッヘルにチタンコッヘルセットを入れて置けばいいでしょ?

 あと、意外に欲しいものが大鍋。と言っても鉄のコッヘルが入る大きさで底が深い奴でいいんだけど、これが重宝するんだ。特に飯炊きや小人数で集まったときなど。ソロのときでも俺は深鍋を持っていってる。少々がさばるけど、パッキングを上手くやれば問題なし。


 食器のことです。昔林間学校に行ったときに使った、飯盒とはちょっと違うよ。

 でも、コッヘルでもちゃんと米が炊けるんだ!って知ってましたか?蓋さえあれば、何だっていいのですよ!米を炊くには。また別の機会にコラムを書くことにします。今はコッヘル。

 一番軽いのがチタン製ですね。丈夫で熱にも強く、軽量という利点はあるが欠点は高価なこと。まぁ、当然だけど。でも出始めた頃より大分安くなったのかな。

 ランタンは要はランプのこと。部屋で言う灯りですな。
 本来の目的以外にも、テントの中での寒さ対策とか、あとキャンプしているときの雰囲気作りに一役買っている感じがする。

 俺は最初からEPIの何とか(6,000円くらいで買えるポピュラーな奴)を使っている(現在が2代目)が、変に明るすぎず、大きすぎず、ストーブと同じでイワタニとガスカートリッジを共有できるのが気に入っている。
 つまり、ストーブとランタンは同じEPIを使っているのさ。カートリッジも夏場用なら450円くらい、冬用の、気化しやすい奴でも500円くらいで売っていて、調理するだけなら1つのカートリッジで2日は持つから、重宝するんだ。

 ただEPIのランタンは、ホヤが曇りガラスになっていて、イマイチ明るくないので、これもイワタニの透明ガラスのホヤを注文してランタンに付けている。大分明るさが違ってGOOD!

 焚き火とランタンがあれば酒も旨いというもんさ。

コッヘル

ランタン