そのまま名神、東名と走り抜け、浜名湖SAで最後の休憩。自宅まで30分も掛からないけど、俺は
ツーリングの終わりに、自宅に帰る直前に必ず最後の休憩を入れることにしているのだ。別に何をするわ
けでもないけど。夜中だというのにSAは混雑していた。そこには、自分が明日から戻る世界を少しだけ
垣間見た気がした。


 0:30分、無事に自宅に到着。また来年北海道へ行こう!


 今日の走行距離・・・239km
 今回の全走行距離・・・3、326km

 養老SAまで一気に走って休憩していると、
同じ船に乗っていて、ここまで抜かしたり抜か
されたりしていた、名古屋ナンバーのZZR−
1100のおじさんライダーに話しかけられた。
 なんとステップが折れた状態で俺より早く走
っていてびっくり。さぞかし辛いだろうに。


 しばらく話し込んでいた。どこのルートを走っ
たとか、どこのラーメン屋が旨かったとか。さっき
まで赤の他人だったのに、急に親しみが沸いて
きて分かれるのが寂しく思えた。相手も同じこ
とを感じてくれているのだろうか?
 ふと、バイク乗りってほんとうにいいもんだな、
と思わざるを得なかった。

 南下するに連れて蒸し暑くなる船内で所在無く過ごし、夕方になって綺麗な夕陽を見ることができた。
本州上陸までもうすぐ。


 予定通り、20時過ぎに敦賀港に到着。しかし下船まで20分以上待たされて、21時前にようやく下船
を許される。もうあとは帰るだけなんだと思うと急に寂しくなって、フェリーから下りたら脇目もふらずに一気に
北陸道まで走ってしまった。

敦賀行きのフェリーから見た夕陽

 9:30分頃起床する。特に何もやることがないので、船内でダラダラ過ごすだけだ。ライダーもかなり
いるが、北海道からの帰りということもあり、情報交換をするわけでもない。明日から現実の世界に
引き戻されることを考えると憂鬱だ。


 歳をとったせいか、自分から他のライダーに話しかけるということもめっきり減ってしまったな。自分より
若いライダーさんには話しかけることが億劫になっている自分がいる。本当は一人で寂しいくせに、変な
意地を張ってしまって、他人との接点を遠ざけている自分が最近いることに気がついたり。
 いろんな雑多なことを考えながらボーっと過ごした。