ずーーっと続いていた長雨が9月30日、ようやく上がった。そして明日の天気予報も「快晴」の二文字・・・。
こりゃ、行くしかないでしょ!ということで、予め上司の了解を得て、夕方からの飲み会に間に合うように、とい
う条件でツーリングへ。まだ走ったことの無い茶臼山を目指しながら、そのあたりをぶらつくことにした。


 10月1日 朝。快晴。予報どおりの素晴らしい青空。はやる気持ちを抑えていそいそと支度をし、9:45分
出発! 国道257号をひたすら走ることにする。


 10:15分、引佐町の引佐高校前のコンビニで休憩。今日の飲み会の人数確認の電話をする。みんなが働い
ている日にこうやって一人のツーリングも楽しいもんだ。ちょっと休んで出発。


 奥へ走ると第二東名の現場が近いせいか、やたらとダンプが多い。第二東名の取付道路の橋梁をくぐってトン
ネルを越えると愛知県。
 ツーリングマップでは「峠部分狭い 交通量多い」と書いてあるが、愛知県側の道路整備も進んでいて、その先
にある「道の駅 三河三石」までは快適な2車線道路になっている。いつもツーリングでは寄る場所だが、帰りにし
ようっと。先を急ぐ。


  鳳来を抜けてから、国道257号と分かれて県道32号を北上する。国道のバイパスって書いてるとおり、確かに
走りやすい。 暫く走ると「千枚田」の案内標識。前々から気になっていたので、ちょっと寄り道してみることに。

こんどは田植えの直後あたりに来てみたい千枚田の景色

 分岐したから他の県道かと思いきや、そのまま県道32号。
さっきとはえらい違う、くねくねした細い道を5分ほど走ると、
目の前に→のような風景が飛び込んできた!


 うーむ、なかなかの千枚田だなー。どれどれ、ちゃんと案内
看板
があるのも嬉しいではないか。スゴイ数の田んぼだな。
ちょっと前に来れば、もっと綺麗な景色がみれたんだろうな、
と残念。
 また来年の田植えの頃と、稲刈り前にも来ようっと。カメラ
マンが、2人くらいいました。ちゃんと撮るときはマナーを守っ
って撮りましょう。

 


  千枚田見学の後は仏坂峠を越えて、設楽中心部を通って再び国道257号へ戻る。
 先に茶臼山を攻めようかな、とも思ったが、腹が減ったから、先に岩村を目指して走ることにする。なんで岩村
を目指したかって?後で分かります。
 でも茶臼山の上り口を超えた辺りでもう限界。沿道にあった軽食屋さんに入って、一番高い「鹿刺定食(1,50
0円)」を注文する。

稲武と設楽の町境付近の国道沿いの軽食屋で食った鹿刺定食

 鹿は冷凍だったが、枚数が多くてとってもお得なもの。味は
馬刺しより癖が無く、あっさりした感じかな。しょうゆ+にんにく
でいただきました。
 この店、あてずっぽうで入ってみたが、まずまずの繁盛ぶり。
場所は稲武に入るか入らないかくらいの、左手にある軽食屋
さんです。1軒しかないからすぐに分かると思いますよ。


 これから岩村に行ってまだ食うのに・・・これだから太り気味
なんだろうなぁ、とちょっと反省。しかし相変わらずいい天気!


 13:05分、岩村の街から少しはずれにある「およねさんの
店」に到着。そうです!「寒天ラーメン」に惹かれてここまで
走ってきたのでした。


 マップにも乗っているこの「およねさん」の店は、ライダーではかなり有名な店らしく、店内にも「ライダーさん
の間で大流行!寒天ラーメン」と張り紙が・・・。どんな味なのかまったく想像できないが、せっかくいなのでやっ
ぱり「寒天ラーメン定食(700円)」を注文。

岩村で食った「寒天ラーメン定食」700円
ところてんがそのままラーメンになった感じ

 定食はラーメン・ライス・漬物に何故かところてん。さすが寒天を売りにしているだけあって、正規の寒天の味も味
わって欲しいという心遣いか。これで700円は安い。
 肝心の味だが、ちょっとしょっぱいかな?濃い味好きの俺がしょっぱいと思ったくらいだから、薄味好みの人は合
わないのでは・・・。
 別にまずくはないです。しょっぱいだけ。感触は不思議な感じ。まぁところてんが熱いスープの中に入っている、と
思っていただければ結構ではないでしょうか・・・?ところてんはさすが!に旨かった。


 その後岩村の城下町をスルーして岩村城址へ。石垣が6段積んである、なかなか立派な城址。

岩村城址の駐車場での城址と愛車
小ぶりだが立派な石垣だった岩村城

 最上段が本丸跡。広場になっていて、景色良し。城下町が遥か彼方って感じ。日本3大山城のうちの一つだっ
て!暫く散策したあと、いよいよ茶臼山へ!


 国道257号を戻って、茶臼の分岐から一気に高度を稼ぐ。勾配10%以上の急な坂道をドンドン登る。バイクは
ともかく、車だって殆ど居ない快適なロード。休んでよかったー!とつくづく思う。


 でも肝心の俺の調子が悪いからか、カーブに差し掛かるとちょっとタイヤが滑る感覚。なのでどうしても慎重にな
ってしまったのが残念。
 暫く走ると料金所。茶臼山高原まで走ると1,000円近くする。高すぎるので途中でUターンして折本峠で降りる
ことにした。

茶臼山高原道路のコーナー
舗装面はコンクリート舗装っぽくて走りづらい

 料金所を過ぎると舗装が変わり、普通のアスファルト舗装から、だいぶ目の粗いコンクリート舗装みたいな
道路に。
普通に走っていても路面のゴツゴツした感じがタイヤを通じて伝わってくる。この舗装は直してもらいた
いもんだ。走りづらくて仕方が無い!



 ブツブツ文句を言いながら茶臼山をあとにして浜松に向かった。県道10号、通称伊那街道はまぁまぁ走りやす
いが所々狭い道。それに交通量が多い(トレーラーばっかりに遭遇してしまった)。
 温泉の1つでも入りたかったが、飲み会の時間を考えると休憩も許されないほどに切迫していたため、大急ぎで
帰ることに。

 途中、道の駅三河三石だけにはトイレ休憩で寄った。そのとき前輪タイヤを良く見たら・・・。ひどい状態!こんな
んで良く走っていたもんだ。雨でも降られたらひとたまりもない。

 渋滞前の市街を抜けて16:55分、無事に到着したのだった。お疲れさま。