沖縄上陸初の食事はソーキソバ

一度は見ておきたい資料館

喜屋武岬の「平和の塔」

喜屋武岬からの眺め

具志川城付近の風景

名城ビーチはプライベートビーチだった

 沖縄に入った初日は、レンタカーを借りて本島南部を回った。

 沖縄って東京と同じくらい狭いとは知っていたが、車で走ると距離は近いのに郊外に出るまで、市街地にたどり着くまでがとにかく遠かった!まぁそんなことはよしとして、沖縄で遊ぶには最初にしておかなければならないことが、過去の大戦で尊い命を無くした、戦没者の皆さんへの慰霊だった。ここから始めないと、何にも出来ないような気がしていたんだ。

 まずはひめゆりの塔へ。入口で献花を購入して入ると、真正面に防空壕が大きな口を開いているのが見える。この中で悲劇が起こったと思うとなんだかやるせない気分になる。左手には「ひめゆり平和祈念資料館」。是非一度は見てください。胸が痛くなってきます。2度とこんな悲劇を起こしてはいけない。

 たっぷりと資料館を見学した後は近くの食堂で沖縄そばを食い、喜屋武岬へ向かった。断崖上に平和の塔があった。ここで大事件発生!

 なんと車の後部座席に置いてあった俺の財布から、現金10万円が抜き取られてしまった・・・。
 もう大ショック!それも気がついたのはそれから1時間くらい経った、摩文仁の丘近くの平和祈念公園でレンタカーを降りて、財布を手に取ったとき。
 喜屋武岬では確かにロックをしないで車を離れたがものの1分くらいしか離れて居なかったのに・・・。初日からなんとついていないことか!と悔しがったがどうにもならず、その日はヤケ酒?を飲みまくった。皆さんも注意しましょうね。

 おかげでその後行った平和祈念公園の資料館も全然見る気が起こらず、かと言って沈んでいるわけにもいかないので気分転換で、名城ビーチへ行った。

 夕方18:00近かったので遊泳時間が少なかったが、殆どプライベートビーチだったから充分満喫して気分転換ができた。

 その後は那覇に戻って、国際通り沿いの居酒屋に入って、「久米島の久米仙」をしこたま飲んで、ベロベロに酔った。

本島南部の旅行記