Windows エクスプローラのコマンドライン オプション
(Explorer のオプションスイッチ)


適用機種:Win95/98/2000/NT

ツリー形式で,ディレクトリやファイルの場所を表示したい場合には,Explorerのオプションスイッチを用いると 便利です.そのため,まずオプションスイッチの設定法を示します.
  1. Windows ディレクトリにある explorer.exe のショートカットを作ります.
    (explorer.exeを選択し,マウスの右ボタンを押しながらデスクトップにドラッグし,右ボタンをはずすと ”移動”,”コピー”,”ショートカット作成”,”キャンセル”の選択枝が現れるので,ここで ”ショートカット作成”を選べば,デスクトップにexplorerのショートカットが作成されます)

  2. explorer.exe のショートカットを選択し,マウス右クリックでプロパティを表示させます.

  3. プロパティのコマンドラインにC:\windows\explorer.exeと書かれているので,このexplorer.exeに続いて, 下で説明するコマンドラインオプションを記入します.

  4. そのオプションスイッチを記入後,適用を押して,プロパティのウインドウを閉じます.

・以下に Windows エクスプローラ (Explorer.exe) のコマンドライン スイッチを示します.

Explorer.exe [/n],[/e] [(,)/root,[object]] [/select,[object]]

<例>


Explorer.exe のアイコン