154コックピット for GTFP (Ver.5.0)

イレクター(またはスペーシア)で自作する、折りたたみができるコックピット(ステアリングコントローラ設置台)です。

GTFP、DFGT以外にも、G29シリーズやT-GT、T300RS、T150、T80等にも使用可能です。(T500RSはペダルがデカくて無理。)

 154コックピット for GTFP (Ver.5.0)の組み立て方

154コックピット for GTFPの組み立て方です。

 

 

 

 

154コックピット for G25 (Ver.3.1)

イレクターで自作する、折りたたみができるコクピです。

G25、G27、G29、G920専用です。ペダルを吊り下げ式で使用するので、ペダルの改造が必要です。

154コックピット for G25 (Ver.3.1)の組み立て方

154コックピット for G25の組み立て方です。

 

 

 

 

154コックピット リジッドタイプ

イレクターで自作するCockPitです。

折りたたみできない代わりに、高い剛性と、ローコストを実現しました。

ほぼ全てのハンコンが取り付け可能です。

 

 

 

 

154コックピットシート台

154コックピットで使用するためのシート台です。

 

 

 

 

各種ハンコンボルト穴寸法 (PDF)

取り付け用のボルト穴があるハンコンの穴位置寸法を、わかる範囲でまとめてみました。

 

 

 

 

剛性不足の原因とその対策について

コックピットで一番重要になるのは”剛性”だと思います。特に気になるのがハンドル台の横揺れではないでしょうか。

せっかくハンコン取り付け台を作っても、それがグラグラでは思うように操作できません。

ここでは、154コックピットの設計から得た経験をもとに、剛性不足の原因とその対策についてまとめてみました。

コクピを自分で設計/製作しようとする人のお役に立てれば幸いです。

 

  

 

 

読み物いろいろ

154コックピットの組立てに役立つかもしれない情報など。

 

 

 

 

154コックピット (旧バージョン)

旧バージョンの154CockPit。参考までに。

各モデル(タイプ、バージョン)の特徴などについてのコメント付き。

 

 

 

 

 

 

<HOMEへ>