天之尾羽張(アメノオハバリ)


神・悪魔


日本


日本神話に登場する刀であり、また神の名前である。
神としては、天之尾羽張神という。
別名伊都之尾羽張神。
古事記の神産みの段において、イザナギヒノカグツチを斬ったときに使った十拳剣の名前として登場する。
アメノオハバリに付いたカグツチの血から、タケミカヅチなどの火・雷・刀に関する神が化生している。
葦原中国平定の段では、アメノホヒ、アメノワカヒコに次ぐ三番目に葦原中国に派遣する神を選定する際、オモイカネが、伊都之尾羽張神かその神の子のタケミカヅチを推薦している。
天尾羽張神は天安河の水を逆にせきあげて道をふさいでおり、他の神はそこへいくことができないので、天迦久神が使者として使わされた。
伊都之尾羽張神が、タケミカヅチの方が適任であると応えたため、タケミカヅチが葦原中国に派遣されることになった。
日本書紀の葦原中国平定の段の本文でタケミカヅチが登場する際、天石窟に住む神である稜威雄走神(いつのおはしりのかみ)の4世の孫であると記されている。
稜威雄走神(いつのおはしりのかみ)は天之尾羽張神の別名と見られる。