新聞の記事

Roswell Daily Record 1947年7月8日

RAAF(ロズウェル陸軍飛行場)、ロズウェル地域の牧場で空飛ぶ円盤を回収
空飛ぶ円盤の詳細は不明
ロズウェルの物体 夫妻の目撃報告

ロズウェル陸軍飛行場に駐屯する第509爆撃航空軍情報部が、本日正午、空飛ぶ円盤を入手したことを発表した。

情報将校J・A・マーセル少佐の承認のもと同部から公表された情報によれば、さる牧場主が、地所内で物体を発見したと地元のジョージ・ウィルコックス保安官に通報。その後、ロズウェル近郊の牧場にて円盤が回収された。

ロズウェル・デイリー・レコード紙

マーセル少佐および同部から派遣された分遣隊は、牧場に向かい、そこで円盤を回収したとのこと。

物体は当地の情報部が調査したのち、「上位の司令部」へと空輸された。

情報部は、円盤の構造や外見についての詳細はまだ判明していないと述べている。

ロズウェルにおいて、空飛ぶ円盤と見なされる物体を目撃したのは、明らかにダン・ウィルモット夫妻だけであった。

夫妻は先週の水曜日の夜10時頃、サウス・ペン105番地の自宅ポーチに座っていたが、そのとき、輝く巨大な物体が南東の空から現れ、高速で北西の方向へ飛んでいった。

ウィルモット氏は夫人に声をかけて、物体をよく見るために一緒に庭に駆け下りた。ウィルモット氏の見積もりによれば、目撃時間は一分足らずで、おそらく40~50秒だったとのこと。

ウィルモット氏は、その物体は高度1500フィートほどの上空を高速で飛んでいたように見えたと語った。速度は、時速400~500マイルだったと彼は推測している。

物体は楕円形で、まるで1枚の皿あるいは旧式の洗面器に、もう一枚を逆さにして重ねたような形をしているように見えた。物体は内部から光が透過しているように全体が輝いており、下からの光で照らされているようには見えなかった。

ウィルモット氏は、彼が立っていた場所からは物体の大きさは5フィートくらいに見えたと語っている。また、物体までの距離を考慮すると、実際の直径は15~20フィートだったと見積もっている。ただし、これは単なる推測に過ぎない。

ウィルモット氏には全く音は聞こえなかったが、夫人は非常に短時間ながらシューッという音が聞こえたと証言している。

物体は、南東から視界に入ってきて、6マイルの丘の近くで木の梢の向こうに消えた。

町で最も尊敬され信頼のおける市民のひとりであるウィルモット氏は、物体の目撃について他の誰かが名乗り出て話してくれることを期待し、自分の目撃体験については黙っていた。しかし、他の目撃者が現れないことから、今日ついに口を開くことを決意したのである。

彼が自分の目撃体験を証言しようと決断したまさに数分後に、RAAF(ロズウェル陸軍飛行場)による物体回収が発表された。

» 原文(英語)

 

The Times 1947年7月8日(イギリス)

タイムズ紙

合衆国陸軍が「空飛ぶ円盤」を調査

特派員より

ワシントン、7月8日

「空飛ぶ円盤」と似た物体がニューメキシコ州ロズウェルで見つかったという郡の発表の後、第8空軍の司令官は、物体は調査のためオハイオ州ライト・フィールドの研究センターに送られたといいました。

 

Roswell Daily Record 1947年7月9日 No.1

レイミー司令官、ロズウェルの円盤を否定
興奮する理由なし
円盤の正体は気象観測用気球、レイミー指令官は語る

テキサス州フォートワース7月9日(AP)

昨晩、軍の調査により、人里離れたニューメキシコ州の牧場で発見された謎の物体の正体は、ただの高高度気象観測用気球であり、墜落した空飛ぶ円盤ではなかったことが明らかにされた。

ロズウェル・デイリー・レコード紙
写真左はジョージ・ウィルコックス氏
右はおそらく、AP通信のジェイソン・ケラヒン氏とR・D・アデア氏

ロジャー・M・レイミー司令官(第8空軍本部指揮官)が謎を解明するまで、本件に関する人々の興味は大いに高まっていた。

昨日、空飛ぶ円盤を回収したという報告書に続いて軍空輸送されてきたのは、アルミホイルの塊、壊れた木製の角材、ゴム製の気球の残骸であった。

司令官によると、物体は、高高度における風向および風速を測定するためのレイウィンド(原文ママ)ターゲットが墜落した残骸であるとのこと。

アーヴィング・ニュートン准尉(陸軍航空隊気象測候所予報官)は、「この種の気球を使うときには、目視できないほどの高高度に飛ばす」と説明している。

この気象観測用気球は、数日前に、ニューメキシコ州中央部において、牧場主であるW・W・ブレーゼル氏によって発見されたものである。氏は、先週の土曜日にニューメキシコ州コロナに出かけて、空飛ぶ円盤に関する報道を耳にするまでは、自分が発見したものについて特に気にしてなかったとのこと。

ニュースを聞いた氏は、ロズウェルの北西85マイルの地点にある自分の牧場に戻り、気球の残骸を回収して、とりあえず藪の中に運び込んだ。その後、氏は急いでロズウェルに戻り、保安官に自分の発見を報告したのである。

保安官はロズウェル航空基地に電話し、第509爆撃隊の情報将校であるジェシー・A・マーセル少佐が、本件の調査を担当することとなった。

ウィリアム・H・ブランチャード大佐(爆撃隊司令官)は、この発見をレイミー司令官に報告し、物体はすぐ陸軍航空基地に空輸された。

レイミーは、昨夜の放送にて、ニューメキシコ州で発見された物体は、空飛ぶ円盤でなかったと発表した。

ニュートンは、測定機器を広げると「形は銀色の六角形で、大気中を凧のように上昇してゆく」ものだと説明している。

ロズウェルでは、この事件は大騒動を引き起こしていた。

ジョージ・ウィルコックス保安官の電話回線はパンクした。彼によると、英国からの問い合わせも3件もあり、しかもその一つはロンドン・デイリー・メール紙からだったという。

広報担当官は、気球は自分の事務所に置いてあるとした上で「たぶん、そのまま放置されることになるでしょうね」と述べている。

物体の調査を行ったニュートンは、米国では約80箇所の気象観測所においてこの種の気球を利用しており、どこから飛んできたものであってもおかしくないと語った。

彼はまた、大戦中の沖縄侵攻作戦において、砲撃の弾道計算に必要な気象情報を得るために、彼自身が同じ気球を飛ばしたことがあると付け加えた。

» 原文(英語)

 

Roswell Daily Record 1947年7月9日 No.2

"円盤"を発見した牧場主、困惑の心中を語る

今日、W・W・ブレーゼル氏(48歳、コロナの南東30マイルに位置するリンカーン郡に居住)は、陸軍が回収した時点では空飛ぶ円盤だとされていた物体を発見した経緯について語った。

彼はこの発見により世間の注目を浴びて困惑しており、この次に何か見つけたとしても、それが爆弾ででもない限りは黙っているつもりだと付け加えた。

昨日遅くブレーゼル氏を連れてきたのは、ラジオ局KGFLのW・E・ホイットモアである。ブレーゼル氏は写真撮影と、本紙およびAP通信アルバカーキ局から取材のため派遣されてきたジェイソン・ケラヒンのインタビューに応じてくれた。

ブレーゼル氏がポーズをとった写真は、本紙編集部に特別に設置されたファクシミリ装置によって電送された。なお、装置を用意したのは、AP通信の通信部長R・D・アデア氏である。彼は、まさにこの写真と、最初にブレーゼル氏が自分の発見を報告した相手であるジョージ・ウィルコックス保安官の写真を送るために、ここに来たのである。

ロズウェル・デイリー・レコード紙

ブレーゼル氏の話によると、6月14日、彼は8歳の息子、ヴァーノンと一緒に、自分が経営しているJ・B・フォスター牧場の自宅から7~8マイル離れた場所で、広範囲に散らばった目立つ残骸を見つけたという。それらの残骸は、ゴムの切れ端、アルミホイル塊、かなり硬い紙、木片だった。(原文ママ)

そのとき彼は牧場の見回りを急いでいたので、残骸のことは特に気にしなかった。しかし、彼はその後、家族に自分が見たもののことを話した。7月4日には、妻、ヴァーノン、14歳の娘ベティ(訳注:正しくはベシー)と共に現場に戻り、かなりの残骸をかき集めた。

翌日、彼ははじめて空飛ぶ円盤の話を耳にし、自分が見つけたものがその残骸かも知れないと考えた。

月曜日に彼は羊毛を売りに町に出て、ジョージ・ウィルコックス保安官に会いに行き、自分が空飛ぶ円盤を見つけたのかも知れないと「秘密を打ち明けるかのように、こっそりささやいた」とのことである。

ウィルコックスは、ロズウェル陸軍航空隊のジェシー・A・マーセル少佐に連絡を取った。少佐は、平服の部下をともなって現場に向かい、「円盤」の残骸のうち残っていた分を回収してからブレーゼル氏の自宅を訪れ、残骸の再構成を試みた。

ブレーゼル氏によれば、再構成の試みは全くの失敗だった。彼らは残骸から凧を組み立てようとしたが、うまく部品を組み合わせる方法がどうしても見つからなかった。

マーセル少佐は、残骸をロズウェルに運んで行った。その後は、「空飛ぶ円盤の残骸を発見」というニュースが流れるまでブレーゼル氏には何の連絡もなかった。

ブレーゼル氏は、物体が空から落ちてくるところを見てないし、また壊れる前の姿も見ていないため、それが元々はどんな形でどのぐらいの大きさであったかは解らないと語った。ただ、テーブルの天板と同じ程度の大きさだっただろうと推測している。

気球を持ち上げてみたとき、その持ち上げられた状態が本来の形態だとして、自分が座っている部屋の大きさとの比較から、おそらく12フィートくらいの大きさだろう、と彼は感じた。ゴム材質は煤けた灰色で、発見されたときは直径200ヤードの範囲に散らばっていた。

回収されたアルミホイル、紙、テープ、木片を集めると、長さ3フィート、厚さ7~8インチの束になった。ゴム片の方は長さ18~20インチ、厚さ8インチの束になり、残骸全体で5ポンドほどの重量だったと彼は見積もっている。

残骸の周辺には、エンジンを構成していたであろう金属類、あるいはプロペラの類は全くなかった。ただ、少なくとも一つ、ヒレのような形の紙が、アルミホイルに糊付けされていた。

残骸のどこにも文章は書かれていなかったが、文字が書かれた部品はいくつかあった。大量のスコッチテープ、それに花柄が印刷されたテープもあった。

紐や針金は全く見つからなかったが、紙には何かを付けるためと思われる穴がいくつか空いていた。

ブレーゼル氏は、以前、牧場で気象観測用気球を見つけたことは2度あるが、今回見つけたものはそれらには全く似てなかったと言っている。

「私は、自分が見つけたものが、気象観測用気球ではなかったと確信してます」と彼は語った。「しかし、この次に何か別の物を見つけたとしても、それが爆弾ででもない限り、他人に教えるのはもうコリゴリですよ」

» 原文(英語)

 

AP通信 1947年7月9日

空飛ぶ円盤についての多くの噂が昨日ついに現実のものとなった。ロズウェル陸軍飛行場に駐屯する第8航空軍第509爆撃航空群の情報将校が幸運にも、一人の地元牧場主とチャベス群保安官事務所の協力を得て空飛ぶ円盤を入手したのである。

飛行物体は先週のうちにロズウェル近郊の牧場に着陸した。電話がなかったために、牧場主は、保安官事務所と連絡がとれるまで円盤をしまっておいたが、通報を受けた保安官事務所が第509爆撃航空群情報部のジェシー・A・マーセル少佐に連絡をいれたのである。

すぐさま行動が開始され、円盤は牧場主の家から回収された。ロズウェル陸軍飛行場で調査のあと、円盤はマーセル少佐から上位の司令部へと貸し出された。

THE LAS VEGAS REVIEW-JOURNAL 1947年7月9日

陸軍と海軍の取り締まりによって、空飛ぶ円盤の物語は傾きます。

(UP電)軍隊と海軍が噂を収めるキャンペーンを始めるとともに、空飛ぶ円盤の報告は急激に減少しました。

本物の空飛ぶ円盤を見つけて3,000ドルを手にいれようとした人は、何も手に入れられないことが分かりました。

テキサス州フォートワースの第8陸軍本部は、ニューメキシコ州の牧場で見つけられたスズ箔に覆われた残骸が、ただの気象観測気球の残骸であると発表しました。伝えられるところによれば、ワシントンのAAF本部は「空飛ぶ円盤」だと発表したニューメキシコ州ロズウェル基地の仕官に「猛烈な」非難をしたとのことです。

ルイジアナ州シュリーブポートの商業地帯でF. G. Harstonにより発見された、2つのラジオコンデンサ、蛍光灯スイッチ、および銅管を備えた物体は、「明らかにいたずら者のしわざ」であったと、警察は発表しました。警察は、いたずら者がそれをサインボードに投げつけ、Harstonの足元に落ちたのだと考えています。それは、バークスデール陸軍空港の職員に引き渡されました。

真珠湾の米国海軍情報将校は、昨晩遅くにホノルルの上空を素早く飛び去った「銀でアルミニウムのような色をした、翼も尾翼もない」ミステリアスな物体についての100人の海軍人の主張を調査しました。その記述は気象観測気球に合いましたが、気象観測装置に詳しい5人の男性は、それが気球ではなかったと誓いました。

「しばらくの間非常に速く動き、減速するように思えましたが、高空で見えなくなりました。」とマサチューセッツ州ニューベッドフォードの庶務係下士官 1/C Douglas Kacherleは言いました。彼の話は、インディアナポリスの水兵 1/C Donald Ferguson、ウィスコンシン州ラ・クロスの庶務係下士官 3/C Morris Kzamme、ウェストバージニア州セレムの水兵 1/C Albert Delancey、テキサス州マックレインの庶務係下士官 2/C Ted Pardueによって確証されました。

William H. Blandy海軍大将(大西洋艦隊の最高司令官)は、他の人と同じように報告された空飛ぶ円盤に関して好奇心が強いが「しかし、私はそれらが存在するとは信じていません。」と言いました。

アイオワ州OelweinのセールスマンLloyd Bennettは、彼が昨日見た光る6.5インチのスチールの円盤について頑固でした。当局はそれが「空飛ぶ円盤」でないと言いましたが、Bennettはミステリアスな円盤の報告に対しての懸賞金を勝ちとると言いました。

他の問題もあります。ニューメキシコ州の牧場で発見された残骸が気象観測気球のものであったという発表で、すべての問題が解決されたというわけではありません。

興奮は以下の経過をたどりました:

  • ロズウェル基地の広報官Warren Haught中尉(原文ママ:正しくはWalter Haut)は、基地司令官William Blanchard大佐の名のもとでプレスリリースを発表しました。それは、三週間前にフォスター牧場近くで、W.W.Brazelによって「空飛ぶ円盤」と言われる物体が、見つけられ、調査のために「上位の司令部」へ送られたというものでした。
  • 第8空軍司令官のRoger B. Ramey准将はフォートワースにて、物体は「気象観測用気球とレーダー・リフレクターの残骸」であると信じており、「何も興奮する必要はない」といいました。彼はカメラマンに物体の写真を撮影することを許可しました。物体はオハイオ州デイトンのライトフィールドに送られると発表されました。
  • その後、フォートワースの気象測候所予報官であるウィスコンシン州StetsonvilleのIrving Newton准尉は物体を調べ、それが単なる高高度での風の方向および速度を測定するために使用される、酷く壊れたターゲットであるとはっきり言いました。
  • 伝えられるところ、Haught中尉(原文ママ:正しくはHaut)は、「ワシントンからのふたつの猛烈な電話で黙らせられた」と記者に語ったとの事です。
  • Blanchard大佐と連絡をとるよう努力しましたが、「彼は今休暇中である」とのことでした。
  • 伝えられるところによれば、第509爆撃隊のJesse A. Marcel少佐は、物体を発見したBrazelに「私が知る限りでは、それは陸軍とも海軍とも関係がない」と言いました。
  • Brazelは、記者に対し、彼は以前、気象観測用気球の機器を見つけたことがあるけれども、今回見つけたものと似たものはみたことがないと語りました。
  • その物体をみた人々が言うには、それには"D.P."というイニシャルがあり、花柄のテープがまかれていたということです。

Dernieres Nouvelles d'Alsace 1947年7月9日(フランス)

フランスの新聞

合衆国陸軍「空飛ぶ円盤」を発見

ロズウェル - ニューメキシコ(AP)- 合衆国陸軍は「空飛ぶ円盤」がロズウェル近くの農場で見つかり、現在のところ軍が所有していると発表しました。

この発見は「先週中」でした。

円盤は地元の警察によってロズウェル陸軍基地飛行場当局に引き渡されました。

陸軍は、この驚くべき発見に関して、それ以上の詳細を発表していません。

The Wyoming Eagle 1947年7月9日

見つかったのは空飛ぶ円盤の些細な部品だけでした
ニューメキシコ州で発見された凧状の装置は陸軍によって調査されました

by William F. McMenamin

ワシントン、7月8日(UP) -- ニューメキシコ州で陸軍航空隊が回収した奇妙な物体は、検査のためオハイオ州デイトンのライトフィールドへ輸送されています。「空飛ぶ円盤」のミステリーは今晩の発表によって、新たな混乱にさらされました。

物体発見の最初の知らせは、「円盤」が3週間前に見つかった場所の近く、ニューメキシコ州ロズウェル陸軍航空基地からきました。

AAF本部は、発見の概要以外の全ては秘密にされたということを明らかにしました。

AAFスポークスマンは、「円盤」が直径が約25フィートで、銀紙に似ている材料で覆われた、貧弱な凧状の物体だったと言うだけです。

テキサス州フォートワース、第8空軍の司令官、ロジャー・B・レイミー准将の電話報告では、話題の「円盤」は、ニューメキシコ州ロズウェルの北西75マイルで牧場主によって発見された時には、酷く壊れた状態でした。レイミーは、物体がここ数週間に見つけられたとされている超音速に達するかもしれない「空飛ぶ円盤」である可能性を笑い飛ばしました。

彼は、その物体は人間を運ぶにはあまりに軽く作られており、どんな動力も持っていなかったと報告しました。

レイミーは、それには識別番号がなく、誰も飛行中の状態を見ていないことを強調しました。

AAF筋は、物体が軍用のウェザーカイトである可能性を除外しました。ヘリウム気球は過去8年間、気象の記録に利用されました。彼らは物体が、デイトンのAAF実験センターへの積み替えのため、スーパーフォートレスによってフォートワースに送られたといいました。

ロズウェルの発表は、ロズウェル陸軍航空基地の司令官ウィリアム・H・ブランチャード大佐からでした。彼は、この発見を明確に「空飛ぶ円盤」と呼びました。彼は、円盤が上位の司令部へ送られたと言います。おそらく、テキサス州フォートワースの第8空軍の司令官でしょう。

ブランチャードはそれ以上の詳細を明らかにしないでしょう。

ロズウェルのジョージ・ウィルコックス保安官は、円盤は約3週間前、ロズウェル北西75マイル、コロナのフォスター牧場でW・W・ブレーゼルによって見つけられたと言いました。

ウィルコックスは、ブレーゼルは電話を持っておらず、一昨日まで円盤を見つけたことを報告しなかったと言いました。

ブレーゼルは、円盤が何なのか分からなかったが、最初、気象計測装置に見えたと保安官に語りました。

保安官のオフィスは軍に連絡し、軍は物体を回収するために情報将校を派遣しました。今日、軍隊は円盤を入手したことを発表しました。

保安官によると、ブレーゼルは物体のことを「多かれ少なかれ銀紙のように見えた」と言っていたとのことです。牧場主は、円盤の大きさが保安官事務所の金庫とほぼ同じぐらいだと言います。金庫は約3.5×4フィートです。

Fort Worth Star-Telegram 1947年7月9日

陸軍航空隊によって特定
ニューメキシコ州の牧場主の「空飛ぶ円盤」は気象観測用気球であると判明

円盤に関心の高い国民を数時間震撼させた、ニューメキシコ州の牧場主の火曜日の発見は、空飛ぶ円盤が遂に捕らえられたという大きな噂になりましたが、火曜日の夜にフォートワース陸軍航空基地によって気象観測用気球であると特定されました。

アルミホイル、細長い木の針、および合成ゴムからなる奇妙な装置(高高度での風向きと風速を測定するために使われる陸軍航空隊のレーウィン装置)は、木曜日の朝にニューメキシコ州ロズウェル飛行場から、FWAAFにB-29で空輸されました。

第8空軍司令官のロジャー・M・レイミー准将と、彼の首席補佐官トーマス・J・デュボーズ大佐の両名は、発見されたのはAAFによって使用される「気象観測用装置」であると確認しました。FWAAF測候所の予報官、ミシシッピー州メドフォード(訳注:正しくはウィスコンシン州)のアーヴィング・ニュートン准尉は、物体がレイ・ウィンド・ターゲット(訳注:正しくはレーウィン・ターゲット)だと、はっきり識別しました。

星型に見えます

装置が装備されるとき、6角形で星型に見えるとニュートンは言いました。彼は、それがアルミホイルのために銀色に見え、100グラムの気球で、空気中を凧のように上昇するといいます。

気球は高高度に上昇すると共に膨らみます。通常、破裂して凧と共に落ちる前に、60,000フィートの高度に達するとニュートンは言います。

「それらは、目視できないほどの高高度に上がるため、私たちはそれを使用します」とニュートンは説明しました。レーダー・セットは、装置を追跡(アルミホイルがレーダーを反射することによる)するために用いられると、彼は付け加えました。上層の風は、三角測量の要領で図に落とし込まれます。 ニュートンは、アメリカの約80の観測所がこの種の装置を使用しており、どこから飛んで来てもおかしくないといいました。

気象観測官は、重砲の弾道情報を得るために、沖縄侵略の間、これと同じ軍事観測用係留気球を上げたといいました。

デュボーズ大佐は、凧に使用されるタイプのアルミホイル状の物が、ドイツのレーダーを撹乱するために、爆撃任務の間、ヨーロッパで使用されたといいました。彼は、アルミホイルがレーダースクリーンに巨大な「光点(ブリップ)」を作ると付け加えました。

同じ装置は、太平洋での航空海上救難作業を容易にするために、救命筏で使用されました。

気象観測装置の残骸は、W・W・ブレーゼルが、ロズウェルの北西約85マイルの彼の牧場で発見、及び、ロズウェル陸軍飛行場当局の事件発表の後、司令官レイミー将軍へ空輸されました。 ブレーゼルは(彼の農場は最も近い電話から30マイルで、ラジオも持っていなかった)、3週間前に所有地の1平方マイルの範囲に点在する気象観測用装置の残骸を見つけたとき、空飛ぶ円盤に関しては何も知りませんでした。

第509爆撃隊情報将校、ルイジアナ州ホーマのジェシー・A・マーセル少佐(彼は装置をFWAAFに運んだ)によれば、彼は、アルミホイルの大きな山と、厚さ1/4インチほどで半インチ幅の壊れた木製のビーム、気球の裂けた合成ゴムの塊を束ね、藪の下に置いていました。

ブレーゼルは、土曜の夜、ニューメキシコ州コロナにいき、初めて「銀色の空飛ぶ円盤」について聞いたのだと、マーセル少佐はここレイミー将軍の本部で話しました。

「その後、ブレーゼルは急いで家へ帰り、日曜の早朝に軍事観測用係留気球(kite balloon)の残りを掘り起こしました」「そして、月曜日に発見したものを保安官に報告するために、ロズウェルに向かいました」とマーセルは続けます。

保安官はロズウェル陸軍飛行場へ電話し、マーセルがこの件に割り当てられました。マーセルとブレーゼルは牧場に戻り、少佐は物体を陸軍の管理下に置きました。

「牧場は全くへんぴな所です」「我々は気象観測装置の他の部品を探して、月曜日の午後2時間を過ごしました。我々はアルミホイルとゴムの切れ端を少し見つけました。」とマーセルは言いました。

マーセルは火曜日の早朝にロズウェル陸軍飛行場に戻り、午前8時に彼の司令官である、第509爆撃隊チーフのウィリアム・H・ブランチャード大佐に発見したものを報告しました。ブランチャードは次に、レイミー将軍に報告しレイミー将軍は発見を直ちにフォートワースに空輸するよう命令しました。

その頃、空飛ぶ円盤が遂に見つけられたという話がロズウェルから報道されました。ものの数分で全国のニュース通信社は発見に関するニュースで沸き立ち、放送はその話でもちきりでした。

「円盤」がレイミー将軍のオフィスに運ばれると、彼とデュボーズ大佐はすぐに、気象観測用装置とタブを付けました。その時職務中だった気象予報間ニュートン准尉は、単に識別を肯定しただけでした。

オハイオ州ライトフィールドの補給本部とレイミー将軍の電話の前、「円盤」は直ちにライトフィールドへ空輸するよう命令されていました。それが、レーウィン装置であると識別されると、ライトフィールドへの空輸は中止されました。

Alamogordo News 1947年7月10日

地方の「空飛ぶ円盤」(もしかしたら国中のそれらも)の話題は、アラモゴード陸軍航空基地や国の関連基地から飛ばされたレーダー追尾気球で説明が付くかもしれません。

アラモゴードニュース
アラモゴート・ニュースの記者が撮影した写真

オテーロ郡で観測されたそれらは、地方の空軍基地の北から、ロングレンジレーダー探知のため、ワトソン研究所AMC実験部隊のプリチャード少佐の指示、またはホワイトサンズ実験場に関連したグループから発射されました。

アラモゴート・ニュースの記者は、プリチャード少佐の招待で、7月9日水曜日午後1時に打ち上げるために準備されていた、気球と気球に繋がっているホイルで作られた角ばったリフレクターの写真を撮りました。

同グループは、1つの気球がアラモゴードの南東、サクラメント山脈の山麓の丘の上で破裂し、アラモゴード南東にあるハイウェイ70からおよそ300フィートの位置に落ちるまでのおよそ1時間の間、気球とリフレクタ(噂では「空飛ぶ円盤」として知られています)の飛行を観測しました。

正午の熱い空気の中を上昇していった気球とリフレクタは、時々振動し、反射器は本来の形を失って、様々な形に見えました。

しかしながら、気球は7~10マイルの飛行を通してモーター駆動のトラッキングサイト、双眼鏡、リフレクタに反射されたレーダーで確認されていました。

広く話題が盛り上がったリフレクタ装置を見るために記者を招待してくれたプリチャード少佐は、軍の将校や下士官が、飛行機より遅い物体の目視とレーダーでの追跡・観測の勉強・訓練のために、その物体が使われていると説明しました。

リフレクタはこのような目的のため、ニュージャージーのレッドバンクに本部を置く、ワトソン研究所グループのAMCの地方支部から15ヶ月間に渡って定期的に飛ばされていたと、彼は説明しました。

プリチャード少佐と同僚のC.M.Mangum少佐、L.H.Dyvad大尉とS.W.Seigel中尉は、「木曜日に(ママ)ニュースを読むまで、私たちの気球と実験用レーダーリフレクタが、話題になっている「空飛ぶ円盤」と関係しているものだということに気付いていませんでした」と説明しました。

「回収されたもの(私たちのリフレクターのひとつか、別の基地の同等のもの)の詳しい説明を読んだあとに、我々は突然気付いたわけです。」と少佐は言いました。「私たちは気象観測にはこのような装置は使いません。」「実験やトレーニングがなければ」と少佐は言います。そして、さらに基地のレーダー装置の一般的な用途はホワイトサンズ実験場の小さな基地から発射されるロケットの追跡であると説明しました。

水曜にアラモゴードニュースの代表者が見せてもらったタイプの気球のいくつかは、レーダー装置の範囲から外れるため回収グループが必要でした。B-17その他の航空機で追跡されました。司令官は、レーダーが正しければ気球は最大40マイル、コロラドまでと同じぐらいの距離を飛んだと説明しました。

オテーロ郡駐在のいくつかのグループは、先週1~4つの「空飛ぶ円盤」を観測しました。観測高度、飛行速度、リフレクタのゆれ具合に加えて大気中の全ての変化が見た目を変化させます。リフレクタは48インチの完全な三角形です。

気球はこの三角形の中心と紐でつながれており、木片で支持され、ホイルに覆われた6つの三角形に繋がっています。そのため、どの角度でもどこか一面はレーダーと観測グループから見えるようになっています。

それはとても軽く、対候性と寿命を延ばすために使用の1時間前につくられたネオプレン製の合成ゴム気球で飛ばされます。

あるときは、気球とリフレクタは上昇した後すぐに破裂し地面に落ちました。またあるときは、気流によって気球が落ちました。

気球の直径はおよそ4フィートで明るい色をしています。

最近コロナ近くで回収された物体の話と、ここ数ヶ月間に他の場所で拾われたものは、トレーニング用リフレクタ装置と驚くほど似ています。

実験場の実験グループが言うには、早朝5:00~6:00に見せたものは、3万~4万フィートの高度を得るために最も成功した実験だとのことです。また、彼らは、基地から北の山脈を通ってアラモゴードの北のサクラメント山脈へいく飛行コースは、これらの実験では普通のものだったと説明しました。また、他のものが、東のロズウェル、ペコスバレー方面、西の山脈で少しさまよってからアリゾナの方へ行ったといいます。

瞬間的なフォトグラフィック・レーダー追跡を実現する効率と、より広いレンジを実現する目的で、これらの実験と、他の多くの実験が地方の基地で続くでしょうと、彼らは述べました。

» 原文(英語)

Corriere della Sera 1947年7月10日(イタリア)

イタリアの新聞

ロズウェルの「空飛ぶ円盤」は気象観測気球でした

シカゴ、7月9日 夜

フォートワース空軍基地の気象観測官アーヴィング・ニュートン軍曹は、今日、ニューメキシコ州ロズウェルの農場の近くに落ちた「空飛ぶ円盤」のミステリーを解決しました。

職員は、それを合衆国陸軍で使用されている高高度での気象観測用装置の箱と合成ゴムの気球で構成された、高高度気象観測用気球であると、直ちに識別しました。

 

UP(United Press)電 1947年7月11日

最近ロッキー山脈地方の上空で見られた、沢山の「空飛ぶ円盤」に関する説明が、本日、アラモゴード陸軍飛行場から届きました。

飛行場の広報担当である、ジェームス・R・プリチャード少佐は、過去15ヶ月間に渡って、付属機器のある気球が飛行場から放出されていて、最近は特に多い、といいました。

彼は、太平洋岸北西部で報告されている空飛ぶ円盤が、その地域の海軍の実験的な計画であるかもしれないという意見を述べました。(海軍は昨日、海軍の飛行機が空飛ぶ円盤の原因であることを、きっぱり否定しました。)ただ、彼は、ロッキー山脈地方で見られたものが、おそらく陸軍飛行場から来たものだと言いました。

彼は、その気球がV-2ロケット他の実験の観測・追跡に関する人員の訓練に使われているといいました。また、大規模なプログラムが、この方向に沿って計画されているといいました。

プリチャード少佐は、水曜日に空港で記者のためのデモンストレーションが行ないました。

レーダーセットは、ホイルで覆われた六角形の反射板を付けた気球を追跡するために用います。反射板は時々「property of A. M. C. Watson Laboratories, Alamogordo Airfield.」と書かれたタグの付いた器具を運びます。

地上設備と同様に、航空機は気球を追跡するのに用いられます。それらの滞空状況は、気象条件に影響されると説明されました。

プリチャードは、そのひとつが、テキサス州アマリロ付近で見つかり、いくつかはコロラドで回収されたと言いました。プリチャードは、いくつかは単独で飛ばされ、他のものはグループで飛ばされたと言いました。

» 原文(英語)

Roswell Daily Record 1947年7月17日(El Paso Times 1947年7月11日)

アラモゴード飛行場の気象観測用気球が空飛ぶ円盤のヒステリーを盛り上げたかもしれません。(「空飛ぶ円盤」はおそらく航空基地の気球)

ロズウェル・デイリー・レコード紙 0717

ニューメキシコ州アラモゴード。水曜日にこの辺りで沢山報告された「空飛ぶ円盤」は、おそらくアラモゴード陸軍航空基地から来たものでした。

ワトソン研究所から派遣されホワイトサンズ実験場で働くW.D.プリチャード少佐は、彼と彼の部下が付属施設で気球を飛ばしたといいました。彼は(気球の)装備が壊れた場合には、「saucer」か「disc」に似たものになるかもしれないと言いました。

これらの気球は過去15ヶ月間に渡って限られた数が上げられ、ここ数週間ははっきりと数が増加していますと、プリチャード少佐は言いました。

「航空機よりもゆっくりで、容易に観測と追跡ができるので、私たちは実験で気球を用います」と彼は言います。「それは目視できる高さよりより高くなるため、レーダー装置はコースをたどるために使用されます。」

装置は小さなスラブによって適当な位置に保持され、ホイルで覆われた六角形の反射板です。時に、それらは「Property of A.M.C. (Aircraft Materials Corps[注意:正しくはAir Material Command]) Watson Laboratories Alamogordo Air Field」と書かれたタグの付いた器具をつけています。通常、気球は高高度の圧力で破裂します。張力を上げるため、使用する前にまる1時間程煮立てられます。

プリチャード少佐は、円盤が最初に報告された太平洋岸北西部まで、気球が到達できるか疑問に思いましたが、ロッキー山脈を簡単に超えることができたと、言いました。

実験の目的は、V-2ロケット他の実験的な計画の、観測と追跡を訓練することです。装置の追跡のためのレーダー訓練では、なんらかの気象データを得ることができますが、気象観測を主目的としたものではありません。

ニュージャージー州レッドバンクに本部をもつワトソン研究所の、およそ35人の男性が、レーダー探知のためにここで働いています。水曜日のデモンストレーションでプリチャード少佐の手伝いをしていたのは、C.M.Mangum少佐、L.H.Dyvad大尉とS.W.Seigel中尉でした。

アラモゴード航空基地は、すべての誘導ミサイルプロジェクトのための実験場になる予定です。名前はまもなくアラモゴード誘導ミサイル実験場になります。

» 原文(英語)

Google検索

分析

年表

人物

 

証言

MJ-12

宇宙人解剖フィルム

資料

 
Counter
 
rss RSS 1.0