日本の歴史公園100選

斐太・歴史の里

新潟県妙高市斐太地区は弥生・奈良・戦国時代を語る史跡の宝庫です、
2006年には日本の歴史公園100選に選ばれました

そんな斐太史跡公園管理棟からの四季の移ろいを発信しています

3つの時代がここにある!

斐太遺跡 弥生時代後期〜古墳時代(国指定史跡
3つの竪穴住居群
 
   今から約1700年前、弥生時代の終わりから古墳時代の初めにかけて、
人々が暮らしを営んでいた斐太遺跡。ここには小さな谷を挟んで南北に細長い
丘陵が、2つ並びそれぞれ中央の平らな土地に住居跡が残されています。
浅い円形のくぼみとなった竪穴住居跡は
矢代山・上ノ平・百両山の3地区に
分かれて計130基発見され、推定によれば200〜300基を越える日本最大級の
大集落が存在したとか。
当時の暮らしを物語る土器や鉄器、ヒスイの勾玉なども発見されています。
環壕跡
斐太遺跡には住居跡と同様に、土に埋まりきらない状態で発見された珍しい
環壕跡も残されています。
環壕とは外部からの敵の侵入を防ぐため、また雨が降ったときの排水の役目
として作られた堀のことで、ムラの形成と武装化に密接なかかわりを持っていると
いわれています。
斐太遺跡では住居跡を囲むようにコの字状、あるいは平行してめぐらされており、
総延長はなんと665m。幅も一番広いところで10mもあり、日本有数の大規模な
環壕跡として注目を集めています
斐太神社 奈良時代後期〜平安時代初め
全国の名社を集めた「延喜式」にも名を残す斐太神社は、平安時代初めの大同2年創建
と伝えられる北陸地方の名刹。
古くは病気の神様として信仰を集め、中世には上杉氏の厚い尊信もあって、斐太地区の
産土神として発展。
その後高田藩主榊原家も代々参詣したと伝えられ、寄進された三本槍と一本槍・薙刀は、
今も社宝として安置されています。
鮫ヶ尾城跡 鎌倉時代後期〜安土桃山時代初め(戦国時代)(国指定史跡
鮫ヶ尾城築城
戦国時代、上杉謙信が武田信玄の進出に対し、信濃方面への備えとして築いた山城
が鮫ヶ尾城。春日山城の前衛として重きをなしたもので、標高186mの山頂からは
高田平野を眼下に日本海・米山・東頸城の山々を一望する大絶景。山頂一帯及び本丸から
南北へ延びる尾根に沿って、大小数十の曲輪跡や空堀・土塁・井戸などが残されています。
御館の乱
謙信の死後相続をめぐって繰り広げられたのが御館の乱(天正6〜8年)でした。
謙信の2人の養子三郎景虎(北条氏康の7男)と景勝(長尾政景の嫡子)の後継者争いは、
越後中の武士が両派に分かれての戦にまで発展。鮫ヶ尾城は景勝の猛攻を受けた景虎が
自決した場としても伝えられています。遺跡からはこのときの戦火によって焼けた陶磁器や
炭化したおにぎりが多数出土しています


炭化おにぎり
おにぎりは表面が握られたことによりつぶれ、その表面には布に包まれていたことを示す布目の
圧痕が付着しています




  • 斐太史跡公園のお勧め所
  • 公園の四季
  • 公園周辺のお出かけスポット
   神の宮温泉 かわら亭 公式 HP

 ※ 平成20年7月28日に鮫ヶ尾城跡が「国史跡」指定されました

妙高市HPの公共施設に斐太歴史の里の発掘調査の記事も
   合わせてごらんください  妙高市HP 斐太歴史の里



斐太・歴史の里アルバム 
このHPに掲載の写真はこちらで大きな写真で見ることが出来ます

※掲載写真以外の斐太の写真も見れます!

kouennsyuuhenn.htmlへのリンク

kouennsyuuhennsupot.hイメージキャラクター景虎くんのリンク