■ ライノート - Ryenote ■

・竜族
・男
・301歳(見た目:15)
・153cm(仕事時:181cm,正装に変わる)
・族長(剣)

誕生日:12月25日

ドラビットの長を200年以上務めている。
異性ではない婚約者がいる。実子ではない娘もいる。
本人は全力で否定しているが天然でかなりの鈍感。
竜化姿は一族の中で最大。完全なる人化は苦手。練習はしている模様。

困ったときに笑顔に逃げる癖をもつ。
父親は死亡しており母親とは確執がある。

■普段/仕事時
一人称:僕/私
二人称:君、役職+さん/あなた(年下には坊ちゃん、嬢ちゃん)
「皆様初めまして、ドラビット族長のライノートです。………今ので大丈夫?よかったぁ」

■関係者
アスタ・インベルト:観察されている。困ったときに助けてくれるいい人だなあと思っている。

*『まぁいっか+よくないっ=つまりこういうこと。』の主人公。

*** ドラビット ***



紹介ページ

うさぎに似た竜であるためそう名付けられた。
三度の飯より人参が好き。里の半分はにんじん畑となっている。
赤紫と青紫の毛色があり、そのルーツは始祖竜にあるとされている。


■ エフベランカ - Efvelanca ■

・男
・197歳(見た目:15)
・157cm
・次期長(風属性魔法)

誕生日:3月15日

ライノートの従弟で次の長になる少年。
眼鏡はダテで二つ結びは母親の好み。
人間の彼女がいるが家事は全て彼が自主的に行っている。
夜間は寝ずに警備をする。

親からは「エフちゃん」と呼ばれ周りからは「フー」と呼ばれることが多く、
「この人たちは俺の名前を覚えてるのか?」と疑問を抱いている。
小説を書くことと刺繍が趣味。夢は世界譚を書くこと。

一人称:俺
二人称:お前
「隣人の人参、人参の辞任。……駄目だ。人参ギャグが一本でも人参しか思いつかない…。」


■ シェトラ - Shetra ■

・女
・94歳(見た目:13)
・130cm
・実母から貰った槍を使いこなす

誕生日:11月19日

ライノートをお母様と呼ぶドラビットの幼女。血縁的には従妹にあたる。
その実母は重罪を犯したため洞窟に幽閉されている。ちなみに実母はお母さんと呼ぶ。
とても強い魔力とそれを使いこなす能力が既に身についている。
現在は愛について勉強している。

一人称:シェトラ、わたし
二人称:あなた、〜くん、〜ちゃん(年上にも)
おかしな敬語を使用する(例:こんにちはなの!/〜、です!)
「わたしシェトラ!みんなと仲良くしたいから、よろしくね、です!」


■ ジルハ - Zirha ■

・女
・800歳(見た目:30)
・167cm
・前族長(メイス)

ライノートの母親で前族長。三姉妹の長女。
家族を亡くした悲しみから立ち直れずに引きこもっていた時期がある。
またその時に長を息子へ引き継いだ。
人間が嫌いで屋敷内に居候されてどう接すればいいのか悩んでいる。
最近は(あれでも)かなり友好的になった方。

一人称:私
二人称:あなた
「人間風情が……どうせ短い命なのですからもう少し大事にしては?」


■ デミナ - Demina ■

・女
・704歳(見た目:28)
・165cm
・槍

ジルハの妹でシェトラの実母。三姉妹の次女。
自分以外に存在している全てを憎んでいる。
姉のジルハが死ぬほど大嫌い。息子のライノートも大嫌い。
利用できるものは何でも利用する主義。 現在は魔力を制限された状態で洞窟に幽閉されている。

一人称:私
二人称:お前
「うるさいうるさいうるさいうるさい!!黙れ!!この私に指図をするな!!!」

*『井の中にすら居れず』でまさかの主役に。


■ トスカ - Tosca ■

・女
・613歳(見た目:25)
・162cm
・司書

ジルハの妹でエフベランカの実母。三姉妹の三女。
ジルハを姉さんと呼びに憧れに似た感情を抱いている。デミナはくたばればいいと思っている。
喋ることが大好きで何時間でも話し続けることができる。
常に世話を焼くためにジルハの側にいる。

一人称:私
二人称:あなた、(前2文字)+ちゃん(例:ライちゃん、エフちゃん、シェトちゃん)
口癖:「やだぁーっ!」「んもーっ!」
「それでねそれでね…ってやだぁーっ!もーこんな時間じゃない!ごはんうちで食べていくでしょーっ?」








蒼空かんづめ以外からいらっしゃった方はよろしければコチラ
(同窓でサイトTOPへいきます)