ゼロ
からの
スタート


明治安田生命硬式野球部
ファンサイト
2018年シーズン版


都市対抗野球大会ならびに日本選手権大会のW出場に向けて、予選や地方大会などの速報結果を中心にリポートします。
  • 01
  • スタッフ紹介

監督 成島広男#33
(早稲田実業高ー早稲田大)

1957年生まれ。埼玉県出身。早稲田実業から早稲田大学を経て、明治生命へ入社。1982年の都市対抗野球大会では初出場でベスト4に進出。5年間の現役生活の後、社業に専念。2014年に助監督としてチームに復帰。選手採用も担当し、2017年の日本選手権ではベスト8と強固な土台を築いた。

助監督 本田将章#71
(智辯和歌山高ー早稲田大)

1985年生まれ。奈良県出身。智辯和歌山高校時代は投手として甲子園に4度出場。高校2年の夏の甲子園で準優勝。早稲田大学では野手に転向し、大学4年時に全日本大学選手権で日本一に。2008年に明治安田生命に入社。9年間現役でプレーし、主将も経験。2017年~コーチ兼任に、2018年より助監督に就任した。

  • 02
  • 選手紹介

主将 外野手
井村滋#4
(横浜創学館高ー国学院大)

1993年生まれ。神奈川県出身。横浜創学館高時代、高校3年生春の関東大会にベスト8。甲子園出場なし。国学院大学を経て2015年に明治安田生命に入社。入社時は内野手だったが、2017年からは外野手に転向。2015年に明治安田生命で、2017年にはセガサミーの補強選手として都市対抗野球に出場。2018年より主将になり、チームを積極的に引っ張る。

 
 
 
 
  • 03
  • スケジュール
2018年6月スケジュール
          1 2
             
3 4 5 6 7 8 9
             
10 11 12 13 14 15 16
             
17 18 19 20 21 22 23
     

 
 
 
24 25 26 27 28 29  30 
       関東リーグ
MHPS
(浦安市民)
9時

関東リーグ
NTT東日本
(浦安市民)
10時

 


  • 04
  • 球場アクセス
 
グランド 〒192-0001 東京都八王子市戸吹町150
 
明治安田生命グリーンランド内
 
JR中央線「八王子駅」より西東京バス「戸吹」下車徒歩5分
  • 05
  • NEWS&SNS


都市対抗野球大会の東京都の補強選手として、大久保匠投手、宮川翔太選手が鷺宮製作所に、新城拓選手、吉田大成選手、大野大樹選手がセガサミーに、古田康浩投手、三宮舜投手が東京ガスに、玉熊将一投手がJR東日本に補強されました。

2018.6.18



今後のオープン戦日程などは7月に入ってから発表します。

2018.6.18



都市対抗東京都二次予選は第三代表決定戦、第四代表決定戦ともに惜敗し、今年の都市対抗野球大会には出場なりませんでした。

2018.5.31



明治安田生命硬式野球部ファンサイト、リニューアルしました。

2018.3.26

 
  • 06
  • PLAYBACK PHOTO

2017年

都市対抗野球には出場出来ませんでしたが、秋の日本選手権大会には出場し、1回戦は和歌山箕島球友会に5対3、2回戦はJR東日本東北に5対1で勝利しチーム初のベスト8進出を果たす。準々決勝はNTT東日本に1対7で敗れる。

2016年

都市対抗、日本選手権ともに出場を逃す。

2015年

東京第2代表として都市対抗野球大会に出場。1回戦で三菱重工広島に0対4で敗れ初戦敗退。秋は日本選手権出場を逃す。

2014年

元日本石油の林裕幸監督を招聘し臨んだ、この年の都市対抗野球東京第四代表決定戦も東京ガスに0対5で敗れ出場を逃す。秋の日本選手権予選ではJX-ENEOSに延長戦で勝利し、選手権出場。1回戦のホンダ鈴鹿に5対4で勝利。2回戦では大阪ガス4対11で敗れる。

2013年

この年は都市対抗予選では本選出場を逃すものの、日本選手権予選では住友金属鹿島に逆転勝ちし、秋の日本選手権大会には出場。1回戦で日本新薬と対戦し、1対6で初戦敗退。

2012年

藤光尚文監督の指揮の元、都市対抗野球大会には8年ぶり4回目の出場を果たす。1回戦は伯和ビクトリーズに試合巧者で攻める続けるもののなかなか得点が奪えず1対2の惜敗。秋からは佐伯有一郎監督が采配を取り日本選手権予選に臨むものの本大会出場ならず。