Oct,27/2000

日本人が大好きなトルコ人の友達

私が通っている英語の学校(といっても先生はボランティアで、授業の参加も自由。)には本当にたくさんの国の人が来ている。

トルコ人って、私は今まで会ったことのない人種だったが、NYには意外とたくさんのトルコ人が働いている。最近はヨーロッパにも移民のトルコ人が多いようだけど。

アメリカでは、今、寿司職人とコンピューター関係の職業だと、ビザが簡単に下りるらしい。

私の友人のそのトルコ人もコンピューター関係の仕事をしている。
名前は「アジメ」。35歳位だとおもう。トルコでは英語は義務教育ではないそうで、かなり辛そうである。もともと気の優しい彼が、一生懸命話そうとしているのを見ると、頑張れ!という気持ちになる。
「仕事の時にも、仕事はわかっているのに、英語で伝えられないから、馬鹿だと思われるのが口惜しい。」と言っていた彼の言葉には、私もかなりの共感を覚える。

そんな彼が学校で話をしているのは、いつも日本人や中国人、韓国人等のアジア人の女の子ばかりだ。


アメリカ人の男の子の中には「エイジアン フェティッシュ」(アジア人フェチ)と呼ばれるマニアな人たちがいる。

なぜ?
そんなマニアなアメリカ人男性の一人に聞くと、多分日本のHなサイトやアニメの質の高さによるものだろうということだ。

本当に日本人の気質や容姿が好きで、という人も中にはいるかもしれないが、 マニアになる程というのは、おおむねねじれた欲望があることの方が多いだろう。考えたくはないが、深層にある差別的な意識も関わっていると思う。

日本人というだけで寄ってくるアメリカ人男性には気をつけたほうが良い。


こんな背景もあって、最初アジメが「日本人の女の子が好き」といった時、私は思わずひいた。(注:私が結婚している事は彼もすでに知っていたので、私に対しての言葉ではないことはわかっていた。)

「どうして?日本人は顔のつくりもシンプルだし、欧米人の方が綺麗じゃない?」
すると、アジメは「アメリカとかヨーロッパの女の子は強すぎる。日本人の女の子は、同じアジア人として、親近感を感じる。優しいし、話をちゃんと聞いてくれるし、男の人を立ててくれる。トルコの女の子と同じだ。」アジア人の中でも特に日本人の女の子は優しいのだとアジメは言う。(アジア人の中でも、特に日本人のあたりのやわらかさについては、確かにアメリカに来て、私も感じる事ではある。)

「ほーー。」私はちょっと驚いた。まずトルコ人の彼が、日本人に対して「同じアジア人として」親近感を持っているという。
日本人の中で、トルコ人を「同じアジア人」と感じている人が何人いるだろうか。私の中ではこれまでトルコというと、中東に近いヨーロッパという位置付けだった。

それから、日本人が”美”としている日本人の気質に、トルコ人の彼が親近感を覚えているということ。

なんだか私の世界観を覆された会話だった。
遠かった世界が近づいてくるかんじ。
やっぱり、いろんな国の人と話をするのは面白い!
NYは、おもしろい。


彼は会えば「日本語でI love youはなんていうの?」とか「I like sushiはなんというの?」と私に聞いては、一生懸命、メモって練習している。

まさか、彼は、エイジアンフェティッシュではないと思う・・・。

こんな、アジメに興味を持った方はどうぞ私までご連絡ください。

彼のプロフィールとしては・・・チェスの大会で優勝した事があるそうです。




home&map | restaurants | trends | lucky!| diary | about me | flea market | link | message | mail me!