JE1DNG 池田OMの製作記(DDS編)

KN-Q7Aのシンプルな設計・再現性の高さには感服していたのですが、
自分自身が市販 機器に慣れてしまったせいか、周波数が表示されて
且つ安定な状態にするためにDDS化 できないかと完成直後から思っておりました。
そのため、貴田電子(@愛媛県今治 市)のKEM-DDS-BASICを入手し、
これだったら何とか組み込めるのではと考え始めました。

KEM-DDS-BASICは、カットオフ27MHzのローパスフィルタに、カプリングコンデンサまで
付いた出力端子がありますので、これをKN-Q7AのVXOが接続されているNE602Aの
6ピ ンに直接入力し、7ピンはオープン状態にすれば動作することを、
仮組み状態で確認しました。


このため、NE602Aの6ピンに接続されたクリスタル、7ピンに接続された47pF×2個、
及 びフロントパネルのTUNE用VRを外して、
添付の写真(「内側の様子」、「DDS出力繋ぎ 込みポイント」参照)のように
繋ぎ込みました。DDS繋ぎ込みポイントは、着脱出来る ように、
CRK-10の水晶差替用と同型のピンソケット(基板側)と細径のピンヘッダ
(同軸ケーブル側)を使いしました。 また、VRの代わりにロータリーエンコーダを
取り付けました。

表面には、DDS操作用にプッシュスイッチ3個取り付けました。黒スイッチが
各々カー ソルの横・縦移動用で、赤スイッチがRIT用です。(添付写真「外観」参照。
プッシュ スイッチ3個あれば、DDSの諸設定が可能なので、その場合は内部で
接続変更して対応 することにしました。後述しますが、このRIT用スイッチは、
本来のRIT用としては機 能しないことになりました。)また、マイクコネクタから
PTTも一旦は繋ぎ込んだのですが、後述する送信状態持切りのトラブルが発生したため、
取止めました。


実装するに当っては、下記3点について、結構な手間がかかりました。

ー汰のための位置決めやコネクタの出し方など
DDS基板を低い高さで取り付けるため、L型ピンヘッダを採用したり、
LCDの幅がケース 内径ギリギリだったので、スペーサの位置がやや内側になり、
LCDのネジ用の切り込み をヤスリで内側に削ったりしました。

14ピン対応フラットケーブルの収め方
同じサイズの紙で、折り紙風にシミュレーションしたり、フラットケーブルを
カッ ターナイフで14本バラバラにする試みをして失敗したりと、
種々試みて辿りつたの が、写真のグルグル巻き方式でした。決して自棄を
起こしたわけではありません。

LCDの穴あけ
2ミリくらいの厚みのあるアルミダイキャスト(?)なので、
手持ちのハンドドリル・ 金鋸・ヤスリで四角い穴あけをするのに
結構時間がかかりました。作業中は、中学校 の技術家庭科の時間に「文鎮」を
削りだして製作したことを思い出していました。

QRPの精神には反しますが、LCDは視認性のいい青のバックライトとしました。
このた め、受信時のDC電源の電流値が103mAと元の約30mAから70mAも増加して
しまいました。 (送信状態で無音声時は、約603mAでした。また、当然ながら、
送信出力は以前と変わ らずピークで10W弱でした。)

また、DDSの電源ON時の設定は、下記としました。
・発振周波数:15.567MHz
・表示用のオフセット:-8.467MHz(←送信出力をIC-756PROIIIのバンドスコープで見 ると、
+1.5kHzしたほうが良さそうでした。)
その結果、電源ON時の表示周波数は、7.100MHzとなります。
(上記修正をすると、 7.1015MHzになります。)

受信は全く問題なし、送信はダミーロードで確認した後、実アンテナを繋ぎ込んで
他 のトランシーバで音を聞いても問題無しだったのですが、一旦送信状態にすると
PTTス イッチの押下を解除しても、リレーが反応せず、送信状態になりっぱなしという
「想定外」の致命的問題が発生しました。ケース上部を開いて引き離して置いて
動作させ ても同じ事象なので、異常発振とかではなく、リレーが動作不良を起こしていると、
その時点では考えていました(2012年12月31日)。


年も改まり、すこし間を置いて入浴中に気づいたのですが、PTTスイッチをDDS基板の
PTTポートに繋ぎ込んだので、動作がおかしいのではないかと思うに至りました。
回路図を見比べると、KN-Q7AのリレーはDC8Vで動作させており、貴田電子のDDS基板の
PTT ポートはDC3.3Vで動作するPICマイコンに直結されていました。この2倍以上の電圧差 が、
リレーを一旦ONにさせるとPTTスイッチを解除してもリレーが持切りになる原因
なのではと、切り離したところ、送受切替の動作は正常になりました。

ということで、(解決案ではなく)回避案の採用で、DDS基板のRIT機能は使えない
状態になりましたが、SSBだから「まっ、いいか!」ということで、一旦問題を
クローズ することにしました。

PTT制御をコンパクトにアイソレーションが出来る方法を思いつけば、RIT機能復活に トライしようと思っています。

-------------------------------------------------------------------

以上、同じような計画をお持ちの方のご参考になればと思い、
ご報告させていただき ました。

JE1DNG