HOME >名城大ワンゲル「部歌」


交流会の時に発覚した幻の「部歌」です。

名城大学ワンダーフォーゲル部「部歌」

作詞・作曲 横田勝明(昭和43年)

1.鈴鹿の山々抜きいでて
 我等が行く手にゆるぎなき
 秀峰そびゆる鈴鹿峰
 理想の巨歌を胸に秘め
 明日に仰ぎ夕べ見る

2.栄枯常なる人の世に
 千古変わらぬ水清し
 木曽の大河に影そえて
 我がワンゲルの芽は青し
 古今の歴史 香をはなつ

3.竜ヶ岳の杉むらに
 相方歌を興ずれば
 銀杏の紅葉むしらとり
 多感の夢は 広がりて
 山峰遠く かけぬべし

4.山鳥鳴きて 日は沈み
 山の谷間に 夕くれば
 月がまばたく 宮妻に
 神の栄火を 囲みては
 あゝ名城の 歌聞こゆ
 あゝ名城の 歌聞こゆ




※ただいま音声データがないのでもしあったら下さい。