2010年12月に関西テレビの方から取材したいとの連絡が会員の一人に入りました。チュートリアルとブラックマヨネーズの4人が、2011年も躍進できる(天下を取れる)ように、京都(4人の地元)にいる日本一の人たちを取材し、挑戦しようという番組でした。Mutiusには高校生クイズ優勝者とabc優勝者がいるのでぴったりと言うわけです。

 最初は教室に4人が入ってくると、私たちがクイズをしていてるシーン。その後の挑戦はもちろん早押し対決でした。放送でも言われていましたが、まともに勝負するとあっさり終わってしまうので4人の得意ジャンルがふんだんに出ることが宣言されていました。

 応援として関西の様々な大学でミスキャンパスを獲得した女性が5人ほどチュート・ブラマヨの応援に呼ばれていて、吉田さんが瞬時に「僕らが勝ったら一生付き合ってもらっていいですか?」と無茶を言い出し小杉さんに突っ込まれるのはさすがだと思いました。付き合うは無理なので勝った場合は「ほっぺにキス」ということに。

 4人対4人で誰が答えてもチームに1ポイント形式だったのですが、こちらのメンバーは、前述の優勝者として中村と隅田。河出さんはもちろんで、残りはなぜか年長者と言うことで私になりました(私より上の方もいたんですけど)。

 チュート・ブラマヨの得意問題が連発でしたが、私たちが勝つことができまして、そこで思わぬ事態が。先述の「ほっぺにキス」が私たちにも有効な雰囲気が醸し出され、小杉さんが「大学生同士とか生々しすぎるやろ」と言っていたのですが、スタッフの方も特に止める気配もありませんでした。中村、隅田、河出、私の順に画面上の中央から端に並んでおり、私がキスされやすいポジションでした。勿論断らせていただきましたが、そのあと福田さんが「じゃあ、徳井がキスしたれや」と言いまして、紅一点の河出さんではなく、私が徳井さんにキスされるというまさかの結末を迎えました。男同士とか放送するメリットがなかったのか残念ながらカットされましたが、貴重な体験でした。

文:坂木

戻 る