2007年3月、大学生を対象にしたフリーペーパーやSNSを提供している「ラフデッサン」から、クイズ企画参加のオファーを受け、参加しました。内容は5月末まで毎日1問出題されるクイズに答え続ける、というものでした。この企画に東京大学、名古屋大学のクイズ研究会、それに各地の大学の巨大サークルも参加しており、間違えた時点で脱落、最後まで残ったチームが優勝となります。

 クイズは始めは「『ロミオとジュリエット』を書いた作家は?」(1問目)などの易しい問題から「ハリーポッターシリーズに出てくる杖メーカー「オリバンダー」の創業年は?」といった調べるのも大変なするような問題まで出され、会員で協力して調べながら答えを出していきました。

 最終的に東京大学との一騎討ちとなりました。しばらく両者正解の日が続き、運営側からついに最終日がスタートから70日目と設定され、最終日まで両者正解の場合はその日の解答が早い方を優勝にすると言うものでした。そろそろ最終日の対策も考えようかと言っていた59日目、「スターバックスで「チャイフラペチーノ」を「エクストラホイップ」「キャラメルソース」追加でトールで頼むと値段はいくら?」という問題が。これを調べるために会員が実際にスターバックスへ行って注文し、確かめて「490円」と解答。東京大学がこの問題を間違えた(単純に3つを合計したときの金額「590円」と解答。実際はチャイフラペチーノを注文した場合、残り2つのトッピングはサービスされる)ため、見事に優勝となり、賞金10万円を手にしました!

 この賞金の新しい早押し機を購入することができ、現在も使っています。

文:山田

戻 る