当サイトは当然リンクフリーです



体育会系の不祥事
 
 昔から、体育会系といわれる人種は、不祥事に事欠かない。
 体育会系といわれる人種はレイプしまくりである。→具体例
 はっきり言って、この体育会系という系統の人間達は今後も
 必ず、性犯罪を犯し続けていくと思う。とにかく、いかれてる。
 ああ、書いてるだけでもむかついてきた!

 このほかにも、有名私立の体育会系もご多分にもれず、不祥事
 を起こしているが、
その部は「伝統があるからつぶすべきではない」
 ということを理由に決してつぶされることはない

 有名私立についても、私の知ってる具体的な情報を挙げたいが、
 明確な情報ソースがなければ、名誉毀損で訴えられたときに、
 面倒なので、あえてここは伏せておく。

 このほか、事件として表面化しないものの、↓のようにセクハラ
 じみた行為は日常的に行われている。というか、これは強制わいせつ
 でも、いけるかもしれない。
 
 とにかく、やたら脱ぎたがる。頭がおかしいとしか思えない。
 そういえば、集団強姦を犯したスーパーフリーも、飲み会で
 やたら脱ぎたがる馬鹿どもだった。
 
最近では、女性のいる宴会で全裸になって性器を見せたり、
 部下や後輩を脱がせて、その性器を女性に見せたりする
 ことで、セクハラが成立するということを知らないのだろうか、
 彼らは。

 こういうと、「相手の女だって喜んでるんだから、いいだろ
 別に!」というお決まりの反論が帰ってくる。
 しかし、そうとは限らない。宴会などの盛り上がっている場で
 「そんなもん見せるな!不快だ!」なんて事を言うと、盛り上が
 りに水を差すので、簡単に言えないだろう。何よりも盛り上がり
 が重視される場なのだから。
 結局、不快だろうが、見たくなかろうが、楽しそうに振舞わなけ
 ればならない。そういった事情を考えると、彼らの反論は必ずし
 も妥当しない。

 確かに、セクハラというのは、女性の主観によって左右されるため
 セクハラにあたるかどうかの判断が難しく、「そんなのはセクハラ
 じゃないだろ!」といいたくなるような場合もあるだろう。それは
 認める。しかし、大勢の人の前で性器を見せるという行為は明らか
 に異常な行為であるし、非日常的な行為だ。
 普通、セクハラに当たることくらいわかるはずである。
 下ネタを言ったとか、そのレベルの話ではないだろう!

 そんなに見せたいなら、風俗にいけばいい。

 風俗なら絶対に合意があるといえるので、文句を言うつもりは
 ない。全ての性犯罪者にあてはまることだが、合法的な手段
 と違法な手段の区別ができない。その区別ができないほど、
 頭のいかれた連中だから、性犯罪に走るのだろう。
 男である以上、エロいのは本能だから仕方がないとしても、大抵
 の男性は合法的な手段を選ぶ判断能力がある。そこが大きな差な
 のだろうし、その判断能力がないから再犯率が高いのだろう。
 
 
 さて、某犯罪心理学の本に露出狂の心理について触れられて
 いたので、以下に紹介する。
 
 
露出狂は自分の性器を女性に見せることで、その女性を汚した
 ような快感を覚えるらしい。つまり、擬似的なレイプをした感
 覚を覚えるということだろう。

 全てとは言わないが、宴会でやたら脱ぎたがる人間にもこのような心
 理が働いている人がいるのだろう。もっともそういう人間は、「そんな
 つもりはないよ!ただ盛り上げるために脱いでいるんだよ!」と
 言い訳すると思うが。
 こう考えると、見せられた女性が不快に思うのも、よく理解できる。
 
 とりあえず、
すぐ脱ぎたがる、もしくは脱がせたがる「体育会を
 みたら性犯罪者と思え!」
を標語にして、この頭のおかしい連
 中を社会から根絶することが、これからの日本社会の課題の
 一つといえるだろう。

 私はつくづく思うのだが、今の日本に必要なのは、女性のみなら
 ず、男性に服を脱ぐことに対する性的羞恥心を覚えさせることで
 はないだろうか。
 なぜなら、男性が服を脱ぐことに対して性的羞恥心を覚えるということは、
 女性の「性的羞恥心」という感情を理解することにもつながる。相手
 の苦しみがわかれば、何が女性にとって不快なのかも理解できるし、
 そういう人間は性犯罪に走りにくいだろう。
 結局のところ、そういった相手の心理が全く理解できないほどに、性的な
 羞恥心が完全に欠如している体育会系という人種がやたら性犯罪や
 その他の問題を引き起こすのも、必然なのかもしれない。

  ちなみに、正確に調べたわけではないのでわからないが、アメリカ
 の男性は上半身は裸になるが、下半身はズボンすら脱ごうとしない
 らしい。不正確なソースは、土曜か日曜の夜中にやっていた明石屋さんまが
 司会の番組(外国人の女性がずらりと並んでいた)でアメリカ人の女性
 が日本の男性は平気で女性の前でトランクス姿になるので、ビックリし
 たと言っていたこと。こんなもんソースになるかどうかわからないけど。
 とにかく、当時は意外だなぁと思ったもんである。海外というと、映画や
 ヌーディストビーチなど、何かと「肌を露出する」という部分ばかり強調
 されるが、実態は大きく違うのかもしれない。

  とにかく、男性の性に対する意識が違うのは事実であろう。
 これからは、女性の気持ちを理解し、女性に性的に不快な思いをさせない
 ために、簡単に服を脱ぎ、性器を見せる男性に対し非難の目を 向けること
 も大事かもしれない。
  もちろん、TVやネット上で性器が出てきたら、喜んで画像を保存して、
 ネットでさらそうとする人達にもいえる。とにかく、そういった品の無い風潮を
 作り出す行為は今後、自粛するべきだと思うし、それができないようならば
 もっともっと公然わいせつ等の刑罰を強化して取り締まるべきである。

 もっと、女性の性に対する感覚に理解を示せる社会にしなければならない。
  

  だからこそ、軽視されがちな、
公然わいせつ罪の厳罰化も重要
 だと思う。

 
 以上