大束 晋(おおつかすすむ) プロフィール



 旧浦和市生まれ。上智大物理科より哲学科編入・卒業。大学では聖歌隊に所属、子供の頃よりクラシックギターに親しみ演奏家を目指すも無理な練
習がたたり指を痛め断念、その頃ザンフィルの演奏を通してパンフルートと出会い、この楽器の奏者となることを決意する。卒業後ルーマニアをしばしば
訪れこの楽器の奏法および楽器製作を学ぶ。 

 今までの演奏会として1995,1996年奏楽堂、1998,1999年川口リリアホール、和光市サンアゼリアホール・ブリリアントコンサート、2000年文京
シビックホール、2002年横浜市フィリアホール、2005年埼玉芸術劇場、また毎年のようにルーテル東京教会での演奏会など数多くの演奏会を行う。
ルーマニアにおいても2000年クルージュ市のクルージュ音楽大学においてコンサート、2001年ブカレストにおいて友好コンサート出演。2004年10月
クルージュ市・民族オーケストラのメンバーとして演奏会出演、その模様はルーマニア全国に放映された。 
 2005年9月名古屋博においてルーマニア館で演奏、同12月ルーマニア大使館でコンサートを行うなどルーマニア音楽の紹介にも力を注いでいる。 

 2007年9月ルーマニアのパンフルートの第一人者コルネル・パナ氏の来日公演では日本各地で歓迎演奏を行った。 

 本来羊飼いの笛、また祈りの笛であったパンフルートの音色を生かし、各地で林の中のコンサートや教会でのチャペルコンサート、サロンコンサートや
病院コンサート、フォークダンス の伴奏なども行っている。演奏活動と平行して楽器製作にも力をいれ、高品位な楽器を提供している。 

 音楽芸術家協会会員、日本ルーマニア交流協会会員、読売日本テレビ文化センター浦和講師。

戻る