上州俳句茶屋 
                 
     

根白草
根芹
田芹
芹摘む


水嵩の増しくる如く芹洗ふ   柱郎
根白草けさ晴れわたる水の上  輝代



白萩
萩の花
こぼれ萩
小萩
野萩
萩原


一つ屋に遊女もねたり萩と月   芭蕉
白萩のしきりに露をこぼしけり  子規
白萩のつめたく夕日こぼしけり  占魚
萩の影映る障子を開けて萩    鮎太

ぺんぺん草
花薺
三味線草
 


昨日より今日新しき薺花    綾子
首塚に入鹿贔屓のぺんぺん草  清子
薺咲く道は土橋を渡りけり   照敏


(すすき)


芒見に来て只芒見て帰る  晴子



御行
ごぎょう
母子草
ははこ
おぎょう


石仏の嘆き聞く日ぞ母子草   不死男
風雪に耐えてなぞへの母子草   初枝



真葛
葛の葉
葛の花
  


あなたなる夜雨の葛のあなたかな 不器男
道伸びて追分宿の真葛かな    麥丘人
葛かけて黒部の端山そゝり立つ   普羅
葛咲くや嬬恋村の字いくつ     波郷
はこべ 
はこべら


はこべらの雨に散りしくほどのこと  杏子
ななくさのはこべのみ萌え葛飾野  登四郎


撫子
大和撫子
川原撫子


かさねとは八重撫子の名なるべし  曽良
撫子や大和の国は徒歩ゆかむ    雄大


仏の座


遠来のもののごとくに仏の座   狩行



女郎花
(オミナエシ) 


旅にをるおもいに折るや女郎花  澄雄




すずな

かぶらな
赤蕪


蕪洗ふ鞍馬の水の早さかな  五行
赤蕪は峠越えくる風の色   喜八



藤袴
 


みずからをすこし咎めて藤袴  子郷
雁坂の方は雲なり藤袴     夏風


すずしろ
大根
だいこ
おほね
大根畑


流れ行く大根の葉の早さかな  虚子
大根の花も月照るもののうち  予志
大学の庭の大根花咲けり    欣一

桔梗
(キキョウ)
きちかう


かたまりて咲きて桔梗の淋しさよ  万太郎
桔梗の花の中よりくもの糸      素十
光秀を祀る杜の白桔梗        皐月