こんにちは上州俳句茶屋へWELCOMEです!
上州俳句茶屋は上州(群馬)の風物を詠い込んだ俳句を紹介しています


<高崎観音> ほほえみは碧空にあり初観音     康弘

<空つ風>  空つ風村は大地にしがみつく      等

<迦葉山>  夏木立迦葉天狗と遊びけり      白兎

<上州>   上州の風ひりひりと野良の梅    たかし

<上州>   上州に入るいきなりの春みぞれ    久栄

<上州>   上州を訪へば茶受けの夏蕨      珪子

<空っ風>  上州の空っ風さへなく晴れて     汀子

<前橋市>  前橋は母の故郷霜夜明け       立子

<榛名山>  種蒔や萬古ゆるがず榛名山      鬼城

<榛名山>  竹秋や布団干し居る榛名駕       元

<赤城榛名> 麥浪や赤城榛名も程近く       春夫

<榛名山>  雲少し榛名を出でぬ秋の空      漱石

<浅間山>  浅間から分かれて来るや小夕立    一茶

<前橋市>  前橋の初市風に明けにけり      蓼穂

<赤城山>  赤城から男体にかけ大根干す      等

<妙義山>  福だるま妙義は雲を飛ばしけり    青児

<浅間山>  上州に友あり親し初浅間      鉄之介

<嬬恋村>  じゃがたらの花裾野まで嬬恋村   伊昔紅

<嬬恋村>  嬬恋に玉菜すすぎの雨いたる     忠男

<赤城榛名> 寒月に雲跳飛ぶ赤城榛名かな    碧梧洞

<榛名富士> 榛名富士雨後のみどりの濃かりけり 喜久子

<赤城榛名> 元旦や赤城榛名の峰明り       鬼城

<赤城>   秋霞赤城をとほき山とせり     秋桜子

<谷川岳>  雪崩して谷川岳はなほ拒む      青畝

<妙義山>  秋風や野に一塊の妙義山       蛇笏

<榛名富士> 榛名富士映る湖畔にキャンプ張り    章

<一の倉沢> 雲飛び去り一の倉沢梅雨月夜     日郎

<荒船山>  柿すだれ荒船山の下に住む      霜舟

<榛名山>  氷解けて桜咲くなり榛名山      子規

<谷川岳>  谷川岳天そそる巌の雪被たる     日郎

<碓氷峠>  火の見高う碓氷峠や冬の山      碧童

<湯桧曽川> 栗咲くや月夜翳濃き湯桧曽川     羊村

<赤城山>  何時とて赤城降ろしや玉子酒     利正

<赤城山>  迅雷や黒檜の肩のうるし雲     うしほ

<赤城山>  一村の吹き流しみな赤城指す     銀葉

<榛名山>  榛名山大霞して真昼かな       鬼城

<上 州>  上州の寒さ半鐘いまも吊り      昭彦

<碓氷峠>  芒咲く車まばらな旧碓氷      きらら

<妙義山>  秋風や妙義の岩に雲はしる      子規

<妙義山>  凩や妙義が嶽にうすづく日      鬼城

<嬬恋>   葛咲くや嬬恋村の字いくつ      波郷